りんごが便秘に効果ある理由、おすすめの食べ方

便秘は苦しく、辛いです

腸に便がたまり、老廃物や毒素が蓄積されていく便秘。

女性に多い悩みですが、男性も悩んでいる人は増えていると聞きます。

腹痛や腰痛や頭痛などにもつながり、肌がぼろぼろになり、痔になる可能性もでてきます。

大病としては大腸がんにつながる可能性もあり、便秘はぜひ解消したいものです。

そこにでもってこいなのが、誰でも大好き(?)りんごです。

りんごには便秘を解消する効果があります。

 
【スポンサーリンク】




 

りんごはなぜ便秘に効果があるのか?

このサイトでもりんごは便秘に効きますよ、と何度か記事にしました。

なぜりんごはそこまで便秘におすすめなのか? なぜ効果あるのでしょうか?

まず初めにりんごは食物繊維が豊富です。しかも、水溶性食物繊維、不溶性食物繊維がバランスよく含まれており、便秘に効果的です。特に水溶性食物繊維であるペクチンが、便を柔らかくさせる効果があるのです。

次にりんごは水分が豊富です。便に水分を与えて柔らかくするので、硬い便が溜る便秘に効きます。

りんごは火を通すと、オリゴ糖が増えます。オリゴ糖は摂取すると、腸内の善玉菌が増殖します。腸内の善玉菌が増えると、腸内環境がよくなりますので、これもまた便秘に効果があります。

また火を通すことで、水溶食物繊維も増えますので、より効果が高くなります。

 

りんごを食べる時は皮ごと食べましょう

りんごの皮には中身よりも多くの食物繊維やビタミンなどが含まれています。

だから、りんごを皮ごと食べることが大切です。

私ははじめは皮ごと食べることが苦手でしたが、食べ続けてると気にならなくなりました。

魚の皮みたいなもんでしょうか?(違う?)

私のおすすめは焼きりんごをすり潰して、ヨーグルトに混ぜる食べ方です。

ヨーグルトで乳酸菌も摂取できて、より素晴らしい便秘食になります。

面倒な場合は、角切りりんごヨーグルトってヨーグルトを買うのも良いと思います。

朝リンゴヨーグルトを毎朝食べると、便秘解消間違いないですよ。

しかも、栄養も満点です。

りんごが苦手だなぁという人はバナナヨーグルトを食べるという手もあります。

バナナも便秘解消にはとても良い食材ですので、単体で食べても効果がありますよ。

 

まとめ

・りんごには食物繊維が含まれており、便秘に効く。

・りんごの食物繊維の中のペクチンが、便を柔らかくさせる。

・りんごを加熱させるとペクチンとオリゴ糖が増え、便秘に効く。

・りんごは皮ごと食べた方が栄養が高い。

・りんごヨーグルトを朝から食べるのがおすすめ。

・りんごが苦手な人はバナナで代用しても便秘には良い。

 ・

【スポンサーリンク】