アロマと深呼吸で便秘解消

便秘をアロマによって解消する

便秘に悩まされる女性は多いと思います。
便秘は不快ですし、ストレスも溜まります。
ひどくなってくると腹痛や腰痛や吐き気などもし始めます。

腸に便が溜るので、体内から毒素がまき散らされます。
体内から汚染されるので、肌にも影響がでてきます。
ニキビや肌荒れは化粧水などだけでは改善することはむずかしいです。

腸内から根本的に改善する必要があります。
つまり、便秘を解消しなくては、肌荒れやニキビを改善するのはむずかしいです。
便秘を改善するにはいくつか方法があります。

水をこまめに飲む。
食物繊維を多めにとる。
運動をする。
お腹を冷やさないようにする。
発酵食品をとる。
オリゴ糖をとる。
便意を我慢しない。

など、さまざまあります。
今回紹介させていただくのは、「匂い」によって便秘解消するアロマの効果です。

【スポンサーリンク】

自律神経の乱れが便秘を助長させる

便秘の原因として自律神経の乱れがあります。
自律神経には交感神経と副交感神経があります。
便を排出する腸の動きをコントロールしているのは副交感神経です。

しかし、ストレスや緊張などで自律神経が乱れてくると、交感神経が優位になってしまいます。
すると、腸の動きが過敏になったり、鈍感になったりします。
結果として便秘や下痢としてあらわれるようになります。

その自律神経の乱れを治す方法として効果的とされるのが、アロマの香りです。
特に深呼吸を一緒に行うと、自律神経のバランスを整える効果があります。
また深呼吸はストレス解消や緊張緩和にもつながりますので、本当におすすめです。

【スポンサーリンク】

深呼吸の大切さとやり方

ストレスは時には私たちに力をあたえ、創造的な考えを生んだり、集中力を増したりします。
しかし、ストレスも度が過ぎてしまうと、健康と精神に害を及ぼし、自律神経の乱れにもつながります。
そこで助けになるのが、深呼吸です。

深呼吸だけでストレスを緩和できるの? 解消できるの?
そう疑う人もいるかもしれませんが、深呼吸の効果はかなりのものです。
リラックス効果がもちろんありますし、自律神経を整える力もあります。

では、実際の深呼吸のやり方を順序的に説明します。
①まず肺にある空気をぜんぶ出し切りましょう。
②次に鼻から5秒くらいかけてゆっくりと吸いましょう。
③2秒ほど息を止めましょう
④10秒かけて口から息を吐きましょう。
⑤この①~④を繰り返し行いましょう。

深呼吸を行うと体がリラックスします。心もリラックスします。
これだけでも便秘解消につながる効果があります。

アロマはリラックス系のアロマを使おう

腸の動きを良好にする副交感神経を良くしたい場合は、リラックス系のアロマがおすすめです。
おすすめなのはラベンダーやオレンジなどの柑橘系はリラックス効果があります。
アロマテラピーで匂いをかいだり、アロマオイルをお風呂に垂らしてリラックスするのも自由です。

アロマの香りをかぎながら、先ほどの深呼吸をすれば、すばらしいリラックス効果があります。
一度、試していただければと思います。

便秘解消でもう一つおすすめなのが、便秘茶です。
最近の便秘茶は香りも良く、味も美味しく、便秘にもかなり効果があります。
私がおすすめの便秘茶は下記記事に書いていますので、興味があればどうぞご覧ください。

→便秘茶おすすめランキングBEST3

【スポンサーリンク】