ストレス性の便秘。原因を解消するにはある音楽が効く

便秘にはストレス性のものがあります

日食物繊維をとり、発酵食品をとり、水を豊富に飲んでいても、便秘になってしまうことはありませんか?
普段は便秘体質ではないのに、ふと便秘になってしまう。
ひょっとしたら、それはストレスが原因かもしれません。

ストレスと現代社会は切っても切れない関係にあります。
仕事のストレス、人間関係のストレス、金銭面でのストレス、他にもこまごまとしたストレスがあります。
自覚していなくても、普段から私たちはストレスを感じています。

会議が発表しなければならない。
大好きな人と大切なデートがある。
重要な人物に会わなくてはいけない。
もうすぐ大切なテストがある。

あらゆるものが負荷となり、私たちの心を襲います。
心に襲いってきます。そして、それは体にも影響を与えるものとなります。
そんな時、腸の動きはおかしくなり、便秘になったり、下痢になったりします。

【スポンサーリンク】



ストレスで便秘になるのは自律神経が狂うからです。

自立神経には2種類あります。
交感神経と副交感神経です。
大腸のぜん動運動をコントロールしているのは副交感神経です。

人はストレスを感じると、それが重くなると、自律神経が狂わされます。
ストレスは交感神経を強めてにしてしまい、大腸の動きを制御する副交感神経を弱めてしまいます。
つまり、ストレスを受けると、大腸のコントロールができなくなるということです。

すると、

大腸は動きを弱めて排便をしづらくなったり、逆にけいれんしてしまいけいれん性便秘になってしまったりします。
この場合、下痢になってしまう人がいたり、便秘になってしまう人がいたり、下痢と便秘を繰り返してしまう人がいたりします。
男性の場合は下痢型が多く、女性の場合は便秘型が多いといわれますが、個々の性質によります。

自律神経失調になると、あらゆる症状がでる。

自律神経失調症になると、あらゆる症状がでてきます。

体のだるい、疲れがとれない、体が重い、
熟睡できない、眠れない、早く目覚めてしまう
頭痛がする、たちくらみがする、息切れがする、めまいがする、
下痢、便秘

などなど、さまざまです。

ストレスによる便秘は今ストレスを感じている、体が狂ってきている、自律神経がおかしくなっているという信号です。
一番、良いのは休息をすることですが、休息がなかなか難しいのが社会の困難なところです。
しかし、放っておくと便秘だけではなく、うつ病などになったりする可能性もあります。
しっかりとストレスを解消する方法を普段からみつけておくことが大切です。

私が実施している、あるいは他の人がしているストレス解消法50をかき出しました。
参考になれば、幸いです。
中には少しふざけているように見えるものもあるかもしれませんが、少しふざけるくらいでちょうどいいんです。
→ストレスで便秘? 50個のストレス解消法教えます

【スポンサーリンク】



ストレス性便秘にはある音楽が効きます!

音楽がストレス性便秘に効くという話を聞きました。
特に効くものが、以下の3曲です。

モーツアルトの「メヌエット」
ショパンの「マズルカ舞曲」
シュトラウスの「ウィーンの森物語」

特にモーツアルトの音楽は全般的にストレスを軽減させ、便秘に効果があると分かっているそうです。
モーツラルトの音楽はリラックスにさせる効果があり、副交感神経に作用します。
副交感神経は大腸の動きをコントロールしますので、便秘、あるいは下痢にも効果があるということです。

他に私が便秘でおすすめしているのは、便秘茶です。
おいしく、気軽に、便秘を解消できます。
下の記事で書いていますので、ご興味がある方はどうぞ、ご覧下さいませ。
→便秘茶おすすめランキングBEST3

【スポンサーリンク】