便秘が健康や妊娠に与える悪影響は?

便秘は体にさまざまな悪影響を与える

便秘が体に与える悪影響は大きなものです。
便秘は単に便が溜まり、排便がしづらくなる。
そんな不快感だけが問題だと思っていませんか?

それは違います。
便秘は軽いものでも、さまざまな症状がでます。
また重度になると、非常に重い症状がでます。
では、実際、どんな症状がでてくるのか紹介しましょう。

【スポンサーリンク】

便秘が健康に与える悪影響の例

便秘が健康に与える悪影響は人それぞれで、多岐にわたります。
ここでは便秘が健康に与える悪影響の代表的なものをあげます。
便秘とは別の症状だと思っていたあの症状が、便秘原因かもしれませんよ?

イライラや不快感などのストレス

便秘で排便がスムーズにいかないと、当然ながらストレスになります。
しかも、ストレスは便秘を悪化させる原因にもなりますので、問題です。
ストレス社会の中でさらにストレスがかかるのですから、つらいですよね。

肌荒れ、吹き出物、ニキビなどの肌トラブル

顔にぶつぶつができてしまうのはとても不快ですし、美容的にも問題があります。
見た目的にも不潔ですよね。
なぜ、肌トラブルが発生するかというと?
腸に便がたまり、その便が毒素を出し、血流を巡り、肌に表れてしまうのです。

肩こりや背中こりなどのこり

かちかちの便が腸にたまり、腸や血流を圧迫すると、もちろん血のめぐりが悪くなります。
血のめぐりが悪くなると、肩こりや背中こりなどのこりにつながるのです。

腰痛や腹痛

腸に便がたまり、圧迫感が増し、腹痛や腰痛がすることがあります。
便秘で重い腹痛、重い腰痛になった場合は少し重症化が進んでいると思われます。
はやめに便秘解消をするようにしましょう。

吐き気、腸閉塞

腸に便がたまり、それ以上消化物が入らなくなってくる状態です。
下手したら逆流し、嘔吐してしまう可能性があります。
非常に危険な状態であり、実際吐きたくなったら、吐いた方が良いです。
あまりに続くようであれば、病院に行った方が良いです。

だるさ、疲労感

便秘になると、体全体に毒素がまわり、血流が悪くなるので、だるさや疲労感がでてきます。
便秘を治せば、その疲労感も治るかもしれませんよ。

食欲が低下する

体調が悪くなり、気持ちもストレスで不安定になるので、食欲も低下します。

痔になる

便がかたくなるので、きばりすぎて、切れ痔になる可能性があります。

大腸ポリープ、大腸がんになる可能性がある

腸内環境が悪くなることから、大腸ポリープや大腸がんになる可能性があります。

便秘は早期解決が大事です。
放っておくと重症化し、腸閉塞や大腸がんなどの大病につながる可能性があります。
気軽に便秘解消をできる手段としておすすめなのが、便秘茶です。
私がおすすめの便秘茶を紹介していますので、よろしければ下記記事をどうぞ。
→便秘茶おすすめランキングBEST3

【スポンサーリンク】

便秘が妊娠に与える悪影響

妊娠中に便秘になると、お腹が圧迫されます。
ただでさえ赤ちゃんがいるのに、そこにさらにかちかちの便で圧迫されるのです。
妊婦にとってはすごいストレスになります。

他にも先ほどあげたストレスやこりや腰痛や腹痛、腸閉塞などの症状がでてきます。
妊娠中はそれだけでストレスをかかえているのに、さらに便秘のストレスを抱えてはキツイものです。

また赤ちゃんにも悪影響があります。
生まれてくる赤ちゃんは出産時の母親の腸内環境を引き継ぐといわれています。
便秘が続いている母親の腸内環境はとても悪い状態です。
その悪い状態を、赤ちゃんが引き継ぐのですから、大問題です。
赤ちゃんは便秘や下痢になりやすかったり、免疫力が弱かったりします。

赤ちゃんを産む前から腸内環境を整える必要があります。
それにはまず便秘を解消する必要があります。
気軽に便秘解消をできる手段としておすすめなのが、便秘茶です。
香り良く、美味しく、便秘解消効果も高いです。
私がおすすめの便秘茶を紹介していますので、よろしければ下記記事をどうぞ。
→便秘茶おすすめランキングBEST3

【スポンサーリンク】