便秘でたまるガス(おなら)を解決する10の方法

便秘でガスがお腹にたまり、おならがいっぱい出る

便秘でこまったことの一つとして、お腹にガスがたまることですね。

お腹が張って苦しいというのもありますが、おならが出ちゃうのが非常に恥ずかしい。

これは、すかしっ屁で逃げるしかありません。

いや、嘘です。きちんとトイレでしてきます。本当ですよ?

でも、私はまだガスがたまりづらい方なのですが、本当ひどい人はガスが凄いたまっちゃうらしいのです。

おならで困ってしまう。便秘女子、便秘男子も多いでしょう。

ではそのおなら、どうやって解消すべきでしょうか?

 
【スポンサーリンク】




 

マッサージでガス抜きをしよう

この動画は便秘解消のマッサージなのですが、単にガス抜きでも十分使えます。

便秘解消マッサージについての詳しい記事は下記リンクからご覧ください。

便秘マッサージで今すぐドドドッと快便

 

便秘解消をして、ガスがたまりにくくしよう

便秘解消をすれば当然ガスもたまりにくくなります。

なぜなら腸内環境がよくなるからです。

腸内環境が良好になれば、当然ガスも便もたまりにくくなります。

 

1.便意が来たら、我慢せずに行く

便意が来ても我慢してしまうことがあります。

なんとなくトイレは面倒くさい、あまりトイレに行くと恥ずかしいなど。

特に小学生はトイレを恥ずかしいと感じてトイレに行きづらいことが多いです。

男子の場合は、小便と大便ではするところが分かれていますので、みんなにばれてしまうからです。

しかし、我慢をしていると、身体が「排便しなくてもいいんだね」と勘違いするようになります。

そうすると便秘につながり、ガスもたまりやすくなります。

和式便所なども敬遠されがちな理由の一つですが、できる限り便意を催したらいくようにしましょう。

逆にトイレが近い人は少し我慢する癖をつけると、トイレの回数を減らすことができます。

 

2.食物繊維をたくさんとりましょう

食物繊維をとると、便通がスムーズにいくことは知られています。

特に肉類中心の食生活を送っている人は、野菜、果物などを多めにとるようにしましょう。

おすすめは朝にりんごやバナナを摂ることです。

この二つはオリゴ糖も含まれ、ビフィズス菌を増やし、腸内の善玉菌を増やします。

同時にヨーグルトをとると、便秘朝食としては最高です。

 

3.発酵食品をたくさんとりましょう

ヨーグルト、チーズ、味噌、キムチなど発酵食品をとりましょう。

発酵食品には乳酸菌が豊富に含まれており、腸にとても良いです。

 

4.オリゴ糖をとりましょう

オリゴ糖をとると、腸内のビフィズス菌が増えます。このビフィズス菌は善玉菌であり、腸内の環境を良好にさせます。またオリゴ糖は体にやさしく吸収率も良いので、便秘対策にはおすすめです。

特におすすめなのが「カイテキオリゴ」です。

私も愛用しておりその効果を知っているというのもそうですが、日本で一番売れているオリゴ糖というのが客観的にもおすすめできる点です。

日本一の売り上げということは新規の人だけではなく、リピーターの人も多いということです。

100万個以上売れてる「カイテキオリゴ」

 

5.プルーンを食べましょう

プルーンは食物繊維が豊富です。しかも、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のバランスが良いのです。

どういうことか?

と思われた方。簡単にいうと、素晴らしい食物繊維ということです(*’▽’)

しかも、「ソルビトール」と呼ばれる糖質も豊富に含んでいます。

このソルビトールは緩下作用と呼ばれる便秘改善効果があります。

ただし、プルーンは取り過ぎると下痢になってしまいますので、そこは気を付けましょう。

プルーンはドライプルーンが良いといわれています。

またサプリメントとしてもプルーンはありますので、気軽にとりたいという方はどうぞ(コラーゲン入りです!!)

プルーン やずやの美容ゼリー【7本無料プレゼント付】

 

6.スポーツをして運動不足を解消しましょう

スポーツをして運動することは便秘解消には大切なことです。

まず排便するにも筋肉が必要です。この筋肉が衰えると、排便にも力まなくてはいけなくなってきます。

これは便秘の原因になるだけではなく、痔の原因にもなります。

またスポーツをすることで、腸も活発に動くようになり、ガスがたまりづらくなります。

運動は体にもいいことですので、しっかりしましょう。

特に便秘になると体臭までくさくなるのですが、運動で発汗することによってニオイの毒素も排出することができます。

 

7.水は軟水ではなく、硬水をとりましょう

水は軟水ではなく、硬水の方が便秘解消には良いです。

硬水とはマグネシウムやカルシウムなどのミネラルを豊富にふくんだお水のことです。

マグネシウムは胃腸の働きを活発にし、排便する力をくれます。

硬水の代表的な商品と言えば、「コントレックス」「ヴィッテル」「エビアン」などです

 

8.お腹を冷やさないようにしましょう

お腹を冷やすと、当然ながら腸も冷えます。

腸が冷えると、腸の動きは悪くなり、便秘になったり、ガスがたまるようになります。

夜寝る時にお腹を出しっぱなしにしないで、あたためるようにしましょう。

私はよく腹巻をしています。

夏は少し蒸れますが、いたるところでエアコンが効いているため、お腹を冷やさないように腹巻は手放せません。

 

9.朝食もきちんと食べましょう

特に女性が多いのですが、朝食を抜くという人がいます。ダイエットなどを期待してですね。

しかし、この朝食を抜くという行為が便秘に導いたり、ガスを貯めたりする原因になります。

腸は口から食べ物が入ると、それを消化・運搬しようと胃腸を動かすようになります。

朝食を抜いてしまうと、この胃腸の働きをなくしてしまいます。朝から活発に動かないまま、昼までずっと胃腸はあまり動かないので便がたまったり、ガスがたまったりするようになります。

腸内環境が悪くなると美容にも悪いです。できる限り、朝食は抜かないようにしましょう。

 

10.ストレスをためないようにする

あまり知られていないかもしれませんが、ストレスでも腸の動きは鈍くなります。

あまりストレスをためないようにする、というのは難しい問題かもしれません。

しかし、便秘やおならに悩んでいるのなら、ストレスを解消するように運動したり、趣味の時間を設けたり、睡眠時間をきちんと確保したり、休憩の時間をきちんとしましょう。

 

ガス(おなら)が女性でも男性でも悩みます

腸内環境を快適にして、ガス(おなら)のあまりない生活を手に入れましょう。

そのためには本日紹介した10の方法が重要になってきます。

一緒に快適な腸内環境良好ライフを送りましょう(*’▽’)

 
【スポンサーリンク】




2015年7月14日 便秘でたまるガス(おなら)を解決する10の方法 はコメントを受け付けていません。 便秘解消の秘訣