便秘で吐き気がする場合は危険信号!

吐き気は危険信号、警戒すべし!

便秘が悪化すると、すさまじい吐き気をともなうことがあります。
こんな経験がひょっとしてあなたにもないでしょうか?

「今はデート中なのに、お腹が張って、気持ち悪い」

「この後、大事な会議があるのに、吐き気がする」

「友だちと遊ぶ約束をしているのに、急な腹痛がして、冷や汗が止まらない」

「むしゃくしゃする! イライラがとまらない!」

便秘はそれだけでストレスがたまり、精神的に不安定になります。
疲労がたまり、身体がだるく、頭痛や腹痛(胃痛)、貧血がしたり、肩が凝ったりします。
他にも不眠症に悩まされ眠れない、胸やけがする、食欲がおちる、悪寒がする。

いつもこんな苦しみを感じながらも、日々を堪え続けていませんか?

軽度な便秘ならまだしも、重度でがんこな便秘になっているとなかなか改善できません。
便秘も慢性的になり、うつ病のような症状がでる人もいます。

そこに「吐き気」が伴うと、本当にもう最悪ですよね。

さらに症状が悪化すると熱が出てくることもありますが、ここまでくればお医者さんにいくようにしましょう。
重症化したら、恥ずかしがらずにお医者さんへ行くことです。

【スポンサーリンク】



吐き気をともなう便秘は危険!

便やガスが腸にたまり、肛門から排便するのがきつくなってきます。
それにもかかわらず毎日食事をするのですから、便はさらに溜まっていきます。
それが排便もできずも、積み重なっていくのですから、腸がゴミ屋敷のようになります。
大腸にたまり、小腸にたまり、胃にたまり、便が固くなっていくのです。

想像してみてください。

首から肛門までに石のように固められたセメントがつまっているようなものです(大げさですが)。
ここまで来ると完全に糞便性腸閉塞ですね。
肛門から排出はできない。だから、今度は口から排出しようとするのです。

これが「便秘による吐き気」です。

「もう限界、口から出してやるーーーー」というような状況で、かなりの危険な状態。
便秘による吐き気は「危険信号」であることはお分かりにいただけるかと思います。

では、吐きたくなったらどうすれば良いか?

「吐くこと」が大切です。
吐くのを我慢したら、危険です。
腸内はただでさえ限界なのですから、腸が破裂する可能性もあります。

 

吐くのは防衛反応、我慢をしてはいけない

先ほど、のべた通り、吐くという行為は排便ができずに緊急避難するようなものです。
体が、もうこれ以上は無理だから、口から出させてくれ! と命令を出しているのです。
にもかかわらず、吐かないでおくと、身体の負担はさらに大きくなります。

無理をさせている体をいたわる意味でも、吐きたくなったら吐くことが大切です。
胃から腸までぱんぱんなのですから、逃がしてあげることが大事なのですね。

嘔吐したけけりゃ、嘔吐をする!

身体がそれを求めているのですから、身体の信号に従いましょう。

我慢し続けるとどうなるのか?

あまりに我慢し続けて、「気絶(失神)してしまった」という人を私は知っています。
また胃や腸が破裂する可能性もあるかもしれません、ただただ危険です。

便秘になりやすい体質の人ももちろんいますが、我慢が強すぎて便秘になっている人もそれなりにいます。
あまり我慢せずに、私の知人のように「気絶(失神)」はしないようにしましょう。

便秘は他にも様々な症状がでてきます。
便は毒素をはなつものなので、便がたまればたまるほど、身体の中は毒素だらけになってしまいます。

 

胃と腸が綺麗になるまで、食事も控えめにする

何度も言いますが「吐き気が起こる便秘はかなり危険な状態」です。
体は便だらけなのですから、これ以上食事をするのは難しい状態です。
腸は「消化」と「排泄」を同時に行うことができません。

まずは腸に「消化」の仕事をさせましょう。
排泄ができたら、食事をするようにすれば、循環は保てます。
この時、こまめに水分補給をしたり、消化の良い果物などを取ることをおすすめします。

 

便秘を慢性化させる癖

☆ストレスをためやすい

☆トイレを我慢しやすい

☆おならを我慢しやすい

☆水分をあまりとらない

☆肉ばかりたべている

いろいろな癖で便秘は慢性化しやすいです。
同じように腸マッサージを習慣化すれば便秘も改善の方向へ向かいます。
便秘マッサージで今すぐドドドッと快便

 

吐き気がするくらいの便秘の解消方法

1.普段から猫背にならないようにする

立ち仕事の時もそうですが、デスクワークの時はさらに猫背になりませんか?
猫背になると、腸が狭まるため、便秘になりやすくなります。
頭から糸をつったようなイメージをして、背筋を伸ばし、猫背を治しましょう。
そうすると、姿勢が良くなり、腸の動きがよくなります。

2.生野菜をたくさんとりましょう

生野菜には食物繊維がとてもふくまれていますので、便秘解消にはおすすめです。
食物繊維は腸をとても綺麗にするので、便秘の解消には効果は抜群です。
加熱した野菜だと水分量が減ってしまい、便が固くなり、便秘にはあまり向いていません。

3.お風呂にゆったりつかる

体が冷えていると、腸の動きも悪くなり、便秘が慢性化します。
またリラックスは腸の動きをスムーズにしてくれますから、便秘には向いています。
どんなことがあってもシャワーで済まさず、お風呂にゆったりつかる。
便秘の時は特にこれを心がけた方がいいです。

4.ヨーグルトを食べる(飲む)

成人の腸内には約1%の乳酸菌と約10%のビフィズス菌を含む善玉菌、中間菌、悪玉菌がいます。
善玉菌を増やすと腸内環境はよくなり、便秘解消に効果があります。
ヨーグルトを食べることによって、腸内環境を良好にし、頑固な便秘を解消しましょう。

5.水をよく飲む

水をよく飲むことで便通がスムーズになります。便秘の人の多くは水分をあまりとらない傾向があります。便をやわらかくするためにも、水分補給はこまめにしましょう。

 

6.オリゴ糖を取る

私のおすすめは「カイテキオリゴ」をとることです。
便秘にかなり効きますし、吐き気を催すぐらいの便秘ならぜひ一度手にしてほしいです。
詳しい内容は下記リンクからどうぞ。
カイテキオリゴの詳細はこちら

頑固な便秘を治して、良好な生活をおくろう

吐き気がすると、お酒飲めない、タバコも吸うことができません。
食事をおいしく食べることも難しいですし、仕事も恋愛も友人関係もスムーズにいけません。
そんな辛い症状が続いていては人生損します。
逆に言えば便秘が治れば、「人生かなり楽」です。

お酒を飲んで、タバコも吸えて、食事もおいしく食べられて。
仕事にも集中できて、恋愛にもおっくうにならず、友人との約束もスムーズにできます。
あらゆる便秘症状から解放され、あらゆる重荷、鎖から解き放たれるでしょう。

このサイトを通して、便秘解消の情報をたくさんお送りしようと思っています。
つたないサイトだと思いますが、あなたの参考になれば、幸いです。


【スポンサーリンク】



この記事に寄せられた声

名前:ミホちゃん
私も便秘がひどく、腹痛ばかりか頭痛や吐き気がすることが多かったです。
私は猫背なので、それで便通がよくないのかなと感じましたので、それを治そうと思いました。
最近でいうストレートネックでもあるので、姿勢が便秘につながっているのかもしれません。
とはいえ、会社ではデスクワークですし、パソコンを長時間眺めています。どうしたものか、悩みどころです。
ひとまずは生野菜を意識して摂るようにします。
他にも牛乳や豆乳が便秘に良いと聞きましたので、そちらも試してみたいと思います。

名前:浜崎
ぼくは下痢気味ですが、それって便秘ではと言われました。便秘で排便がうまくできずに、下痢で何べんもトイレに行ってしまっているのでは、と。
そのあたりは定かではありませんが、ぼくも少し症状が重いのか吐き気を催すことも多いです。我慢せずにトイレにいって吐こうと思いました。
って、こんなアホっぽい感想でも良いのかな?