便秘で病院に行くのを恥ずかしがらないで

本当につらい便秘の場合、病院に行こう

がちがちの便秘。
もう何日も排便ができない。
腹痛、腰痛どころか、頭痛や吐き気までする。

疲労感がでたり、うつ状態になったりすることもあります。
肌もぼろぼろになり、常にイライラ、ストレスがたまる。
本当に重くなった便秘というのは、本当につらいものです。

このサイトではそうならないように、いろいろな便秘解消方法を情報提供しています。
それでも、なかなか改善しない人。
そんな時は病院に行くことをおすすめします。

病院にいけば薬を処方してもらえますし、重症の場合は入院による治療もしてもらえます。
便秘で病院に行くことに抵抗がある人もいるようですが、そんな抵抗よりも体が大切です。
便秘は重症化すると命にもかかわりますので、絶対に無理はしないでください。

【スポンサーリンク】



病院は消化器内科、胃腸科、便秘外来などを選びましょう

便秘になっても、なかなかどこの科を受診していいか悩みどころだと思います。
一番良いのは便秘外来です。
やはり専門ですので、便秘に対する知識はダントツでしょう。
しかし、便秘外来はその数は非常に少なく、近くの病院にはないかもしれません。
その場合、消化器内科、胃腸科、肛門科、内科を訪ねましょう。
ただし、便秘について対応していないケースもあります。
事前に「便秘の診療をお願いしたいんですが、だいじょうぶですか?」と尋ねてみましょう。
赤ちゃんや子供の便秘の場合は小児科で大丈夫です。

病院では便秘薬を処方してもらえます

薬には「錠剤」と「浣腸」があります。
まずは弱い便秘薬からはじまり、効き目に応じて強いものへと変更されていきます。

あまり便秘薬に頼り過ぎると、腸の動きが悪くなる為、このような処方をしていると思われます。
便秘薬で解消できたからといって、その後も便秘薬に頼ろうなどとは思わないようにしてください。

基本は食事と運動で便秘を改善するのが望ましいです。
一度、リセットできたら、今度こそ便秘薬に頼らない対応をしましょう。
実際、便秘薬に頼り過ぎて、便秘体質になった友人がいます。

【スポンサーリンク】



便秘体質になった友人

その友人は女性なのですが、妊娠を契機に、便秘になりました。
はじめは大した便秘ではなかったのですが、便秘が体に悪いこともあり、
安易に便秘薬を処方されたようです。

彼女は便秘になると、すぐに便秘薬に頼るようになりました。
重度ではなく、軽度の便秘でもすぐに飲んでいました。
それを産後までずっと続けたのです。

そうすると、どうなったでしょうか?

彼女は便秘薬がないと、普通の排便もままならなくなりました。
肌もかさかさになり、疲れやすくなり、イライラしやすくなりました。

私のアドバイスで、水、食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖などをとり、
運動するようになって、半年ぐらいしてようやくその症状は治ったのです。

それまで辛い辛いと彼女はずっと嘆いていました。
あなたもこうならないように、あまり便秘薬に頼るのはやめてください。
ただどうしても辛い時、そんな即効性が求められる時、最後の手段として便秘薬はあるのです。

病院に相談に行くことは問題ではありませんので、便秘薬の処方についても聞いた方がいいかもしれません。
病院嫌いな私が想像するに、てきとーに薬を出すお医者様もいるかもしれません。
だから、便秘薬を処方される時は、これをどれだけ服用していいか? 
どれくらいの症状になればやめてもいいか? など詳しく聞いた方がいいでしょう。

重度の便秘になった時こそ体質改善のチャンス!

病院に行くほどの便秘になったのです。これはもう体質改善をするしかありません。
安心してください。病気に起因していない限り、便秘体質は治ります。
そればかりか、便秘がなおると、肌がうるおい、疲労も回復しやすくなり、痩せやすくなり、ストレスも減ります。
腸内環境がよくなると、本当にいいことずくめです。
では、どのように重度の便秘を治していけばいいのでしょうか?

便秘解消法!

1.適度な運動をする

ウォーキング、ジョギングなどスポーツをしてみるのが良いです。
体に筋肉がつくと、排便する時の筋肉も鍛えられます。また体を活発に動かすと、腸も活発になるので便秘解消になります。
もちろん運動は健康、美容、ダイエットにも効果があります。

2.水をこまめにとる

水は便を柔らかくする効果があります。
冷たい水を飲むと腸が冷え、動きが鈍くなりますので、常温の水を飲むことをおすすめします。

3.お腹をあたためる。冷やさないようにする。

お腹が冷えると、腸があまり働かなくなります。
あたためることによって、腸が活発になります。

4.食物繊維を摂る

野菜や果物から食物繊維を摂りましょう。
食物繊維は便通を良くさせます。

5.発酵食品を摂る

ヨーグルトや味噌などの発酵食品には乳酸菌が含まれており、腸の善玉菌を増やす効果があります。
善玉菌が増えれば、腸内環境はよくなり、便秘に効きます。
もちろん、肌などの美容にも良いですし、腸内環境がよくなればさまざまなメリットがあります。
例えば大腸がんなどの発生確率を抑えられる、とかですね。

6.オリゴ糖を摂る

オリゴ糖は善玉菌であるビフィズス菌を増殖させる効果があります。
おすすめはカイテキオリゴです。その効果は飲めば、便秘の人はまぁびっくりするでしょう。
詳しくは下記リンクをご覧ください。
カイテキオリゴのお買い求めはこちら

便秘で病院に行くことを恥ずかしがる人がいます

たかが便秘で病院にいくなんて、なんか恥ずかしいと思っている人がいます。
大丈夫です。恥ずかしくありません。私だっていったことがあります。
便秘外来って名前があるくらいなんですから、便秘で病院に行くことは大切なことなんです。
病院で重い便秘を解消し、不安をとりのぞき、じっくりと便秘体質を治しましょう。

【スポンサーリンク】




2015年7月12日 便秘で病院に行くのを恥ずかしがらないで はコメントを受け付けていません。 便秘の知識