便秘の肌荒れは生理不順でひどくなる?お茶でスッキリ解消

便秘になると肌荒れの症状がでてきます。

便秘の症状は排便ができなくなるばかりではありません。
肌荒れ、頭痛、吐き気、腹痛、腰痛、めまいなどさまざまな症状がともなうことがあります。

便秘をすると、腸に便がたまります。
腸内環境が悪くなり、たまった便は毒素をまき散らします。
すると、栄養素の吸収が悪くなり、体の血液の巡りも悪くなります。
有毒ガスも循環してしまうため、体内の環境は非常に悪くなります。

体内の腸が汚くなり、血液も汚くなるのですから、肌荒れをするのも当然です。
実際に私も便秘体質で、肌荒れがひどかったです。
すっきりと便秘が解消されると肌荒れも引くという経験も何度もしました。

腸内環境を綺麗にしていないと、肌荒れがしていますのです。
肌がかさかさと乾燥したり、ぶつぶつと出来物ができたり、しわができる原因にもなります。

便秘解消をするということは、肌荒れを治すこと、美しさを取り戻すことでもあります。
肌荒れで悩まれている方は、便秘ではありませんか?
まずは便秘を治して、腸内環境を整えましょう。

【スポンサーリンク】



便秘になった時の肌荒れの場所

おでこのまわりに出来物ができると生活習慣の乱れを言われます。
しかし、私とまわりの体験的には年齢が若い人はおでこ、30代ぐらいからアゴちかくと年ごとに下にさがっていくイメージがあります。
つぶしたりせずに、便秘解消をして、肌荒れを体内から治しましょう。

生理不順の便秘で肌荒れがひどくなる?

女性の生理周期は通常30日前後ですが、ペースが不規則になり、数か月周期になったり周期が乱れる人がいます。
このような場合は、ネットなどの情報で独断で判断せずに、産婦人科できちんとした診断をうけることが大切です。
低用量ピルなどの薬で、生理をコントロールしなければならないことがあります。

なぜ生理不順で便秘になるかと言いますと。
排卵から整理前日までを高温期といい、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が増えます。
プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が多くなると、便秘になりやすいといわれます。
例えば、妊婦さんが便秘になりやすいのはこれが原因なのです。

このプロゲステロン(黄体ホルモン)がなぜ便秘を誘発するかというと。
プロゲステロン(黄体ホルモン)は赤ちゃんを流産から守る働きをするのですが、同時に大腸内の水分を吸収する働きがあります。
大腸内の水分が減ると、腸にたまった便が固くなり、便秘が重くなっていきます。

このプロゲステロン(黄体ホルモン)は生理不順の人は周期の乱れなどで分泌が多くなります。
それが原因で生理不順の人は便秘になりやすいのです。

便秘がひどくなると、肌荒れにつながります。
生理不順になると、肌荒れがひどくなるのではなく、
生理不順で便秘がひどくなり、肌荒れがひどくなる。というのが正しいと思われます。

【スポンサーリンク】



便秘による肌荒れを防ぐには便秘茶を飲んで、適度に便秘解消をする

便秘が重症化すると、便秘を解消するのも大変なものです。
ひどいものとなると、糞便性腸閉塞になり、病院に行かなくてはならない可能性もあります。

腸内環境が悪くなると、肌荒れがします。
悪くなる前に、腸内環境を綺麗にし、自然な排便を促す必要があります。
それには何が一番いいかというと、いろいろと悩みました。

オリゴ糖?プルーン?バナナ?リンゴ?
しかし、即効性があり、日々美味しく摂取できるものと考えると、答えは一つでした。
それが便秘茶です。

最近の便秘茶は紅茶のように美味しく飲みやすい、しかも便秘に即効効果があります。
私のおすすめの便秘茶を3つ紹介していますので、興味ある方は下記リンクをどうぞ。

→便秘茶おすすめランキングBEST3

【スポンサーリンク】