便秘体質になってしまう原因とは何か?

便秘体質、そう言って諦めていませんか?

便秘体質、この一言で便秘をあきらめてしまう人は多くいます。
しかし、生まれた時から便秘だった人は存在しません。
誰しも健康な体を持っていたのです。
便秘になったのは何か原因があるのです。

『大腸がんなど腸に何か病気が起こって便秘になった』

『お腹の手術などをしたことで腸の動きが悪くなり、便秘になった』

こんな特殊な状況をのぞいて、快適に排便をしていたあなたがいきなりひどい便秘になることはありません。
では、なぜ慢性的な便秘になってしまうのでしょうか?
その原因とは何なのでしょうか?

【スポンサーリンク】



便秘が慢性化になる原因

便秘ははじめから重症化する訳はありません。
はじめの症状は軽いものだったはずです。
その軽い便秘を繰り返していくうちに中度な便秘になり、重度な便秘になり、便秘体質になってしまうのです。

重症化した便秘体質は治すことはできないのでしょうか?

いいえ、徐々に重症化したということは、徐々に回復させることもできる、ということでもあります。

食事をすると、脳が胃や腸に働くように信号を送ります。
食べ物が入ってきた時が一番の排便チャンスなのです。
しかし、食事を抜いたりすると、この脳から信号が途絶えることになります。
すると、胃や腸が動くリズムを忘れて、軽度の便秘になる可能性が増すのです。

朝食を抜いたり、忙しいからと夕食を抜いたりすると、それが便秘につながる訳ですね。
つまり、バランス良く3食ご飯を食べることは便秘にも良いのです。
ただし、3食をきちんと食べていても、食物繊維や水分が不足していると、便が固くなり、便秘につながります。
硬くなった便は消化器官をうまく通らず、大腸、小腸などの曲がり角でとどまってしまいます。

またストレスや冷えなどでも腸は動きが悪くなるので、これもまた便秘につながります。
こうして便秘になっていくのですが、手軽だからといって下剤で排便をすることはおすすめできません。

下剤を使っても、無理やり排便をさせているだけで、胃や腸の動きを自立的に促すものではありません。
体は楽になれてしまうものです。
下剤を使っていると、身体は「下剤が来ないと排便をしない」というシステムを構築してしまいます。
こうなると便秘はさらに慢性的になり、便秘体質に拍車をかける訳です。

同じような理由として「便意があるのに我慢する行為」も胃や腸が「排便をしなくても良い」と勘違いしてしまう行為の一つです。
便意をもよおしたら素直にトイレにいく習慣を身につけましょう。

では、実際にどのような人たちが便秘になりやすいのでしょうか?

 

便秘になりやすい人5パターン

便秘で悩んでいる人は1000万人近くいるといわれます。
特に便秘を甘く見ていると重症化することが多いです。

 

1.朝食や夕食を抜く人

若い女性が便秘になる引き金として最も多いといわれるのが「朝食を抜く」というものです。朝めんどくさい、忙しいという理由の他にダイエットが理由で抜く人も多いようです。

先ほども述べた通り、食事は胃や腸に消化や排便を促す信号の元になりますので、これは便秘になる原因になります。

特に大切なのは朝食です。朝は一日のうちでも腸の動きが活発になります。
朝食後に起こるこの動きを大蠕動(だいぜんどう)と呼ぶくらいに活発なものです。

 

2.女性ホルモンの影響がある人

便秘に悩むのは、男性に比べると、女性が圧倒的に多く、その数は2倍以上です(逆にいえば、女性が多いと呼ばれる便秘ですが、男性も女性の2分の1ほどは悩んでいるということです)。

女性はホルモンの動きによって便秘になりやすい体質ですので、特にホルモンが活発になる月経前は食事やストレスに注意をすることが大切です。
普段から食物繊維をとったり、水を豊富にとったり、睡眠リズムを良くし、運動をしていれば、排便リズムが整うのでホルモンの影響があっても快便になる可能性は高いです。
しかし、どうしても生理中は排便がスムーズにいかない人は、便秘茶に頼るのが良いです。
美味しくて、効果も抜群ですよ。
→便秘に効くお茶は絶対コレ!おすすめランキング

 

3.生活のリズムに乱れのある人

不規則な生活をしていると、胃腸も不規則なリズムを持ちます。
こうなると、便秘になりやすくなります。

例えば旅行にいくと便秘になる人がいます。
例えば何か緊張するイベントがあると便秘になるという人がいます。
他にも普段の生活になにか違うリズムが生じると便秘になる人はそれなりの数います。

このように突発的なできごとに胃腸の動きは弱いです。
睡眠、食事、お風呂などの生活リズムをきちんとすることで便通はよくなります。
便秘体質で悩まれている方は、生活リズムが崩れていないですか?

 

4.ストレスをたくさん抱えている人

地震や津波などの災害被災地などの被災者は便秘に悩まされることが多いといわれます。
これは環境の変化によってストレスがたまり、腸の動きが鈍くなる為だと考えられます。

慢性的なストレスは慢性的な便秘を生みます。
金銭、恋愛、家族、人間関係など現代社会はさまざまなストレスを生み出します。

便意に限らず、ストレスは体にも毒で、寿命を縮めてしまうものでもあります。
便秘や健康のためにも適度な運動、睡眠、食事、趣味の時間などストレス解消するリズムを身に着けるようにしましょう。

 

5.冷え性の人

冷え性になると、腸の動きがにぶり便秘になりがちになります。
腸はとても冷えに弱い臓器で、影響をダイレクトに受けます。
便秘には水分も大切ですが、冷たい水ばかりを飲んでいると便秘につながります。
常温の生ぬるいお水をこまめに飲むことで、腸の冷えもなくなり、快便につながります。

 

便秘体質を治すにはどうすれば良いのか?

慢性的な便秘体質は、同じように快便習慣をつくることで徐々に回復していきます。
絶食・断食などの強制的なリセット方法もありますが、一番は日々の生活で改善をすることが大事です。

日常的に何が大切かをまとめてみました。
①こまめな水分補給。常温の水を飲むのが良い。
②ストレスをためない。
③食事は3食きちんととる。
④適度に運動する。
⑤生活リズムを整える。
⑥睡眠をきちんととる。
⑦食物繊維、生野菜をよく取る
⑧お腹を冷やさないようにする。
以上のことを気を付けていれば、便秘体質も徐々によくなっていくでしょう。

腸の「の」の字マッサージもおすすめです。
便秘マッサージで今すぐドドドッと快便

便秘はとても苦しいものです。
便秘はすぐに直るものでもなく、地道な生活習慣が大切です。
便秘がなくなれば、とてもさわやかな日々が戻ってきます。
もうトイレで気張らず、切れ痔に怯えず、鈍痛や腰痛などさまざまな症状に悩まなくてすむようになります。
私もまだ完全に便秘を克服した訳ではありませんが、生活リズムを整えることで徐々に改善していっています。
あなたも私と一緒に便秘生活を快便生活にして、さわやかな生活を送りましょう。
→便秘に効くお茶は絶対コレ!おすすめランキング

【スポンサーリンク】



この記事に寄せられたメッセージ

名前:ミホちゃん
なるほど、確かに生まれた時から便秘の人はいないんですよね。いろいろな積み重ねで便秘体質になってしまっていたんですね。
私はながらく便秘体質という言葉で、自分をあきらめていました。この便秘の重みも痛みも、苦しみも、仕方ないなぁと思っていました。
でも、最近はこのサイトを見ながら、便秘解消にいそしんでいます。
いつかこの重くて硬い便秘から解消されるよう、原因を考えて、それを改善していきたいと思います。
いつもプライベートでも便秘のことを教えてくれて、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

名前:お父さん
最近、お父さんも便秘かもと思いはじめました。今まで無自覚だったけど、きっと年齢を重ね、便秘になっていったのかもしれない。一応、毎日便はでるが、残便感があるしな。
便秘なんて女性がなるもんだと思っていたけど、違うんだな。お父さんもがんばって、便秘を治す!


2015年7月8日 便秘体質になってしまう原因とは何か? はコメントを受け付けていません。 便秘の原因