便秘薬ダイエットは絶対におすすめできません

便秘薬ダイエットは当サイトではNG

便秘薬に頼りすぎるのはおすすめできません。

便秘薬に頼るのはいざという時のみにした方が体にいいです。

まして便秘のためではなく、ダイエットの為だなんてやめた方が良いです。

これは便秘薬だけではなく、下剤でも同じことがいえます。

下剤ダイエットは絶対ダメ! その恐ろしい副作用!

ちなみに便秘薬と下剤の違いって分かりますか?

私は分からなかったので、今回調べてみました。

 
【スポンサーリンク】




 

下剤ってなに?

便秘になって初めて使う薬です。

お腹を冷やしたり、刺激したりして、強制的に排便を促します。

習慣的に飲んでいると、腸が自然に排便をしなくなってきます。

下剤を飲まないと、排便ができない体になり、便秘体質になります。

 

便秘薬ってなに?

飲む量が調節でき、排便をコントロールすることができます。

便秘薬にはお腹を冷やすものと温めるタイプなど色々とあります。

うまく使えば問題ないのですが、やはり下剤と同じく頼りすぎるのはNGです。

便秘薬を飲まないと、便意があっても、排便ができなくなります。

 

便秘薬を使いすぎると、自己排便能力がなくなる

腸は排便を促すために日々働いています。

しかし、そのお仕事を便秘薬にとられてはいかがでしょうか?

面倒くさい仕事をしなくても、特に誰にも怒られないのです。

そうなると、腸はニートになります。働きません。

もともと腸に備わっている自己排便能力がなくなっていくのです。

便秘薬という強制的な排便は、デメリットの方が多いです。

ただ便秘の人にはこれ以上ないくらいに魅力的です。

排便ができるのですから。

しかし、それは覚せい剤にはまる人間と同じ思考回路です。

楽をしてはいけない、とは言いませんが、身体に悪い便秘解消をしてはいけません。

より便秘体質になり、肌がぼろぼろになり、ストレスはたまり、体調も悪い。

それが毎日続くようになるのです。

出来る限り、自然に排便ができるように努力しましょう。

 

便秘薬ダイエットの落とし穴

体に悪い割にやせるとは限らない。

またたまっていた便が排便されて体重やぽっこりお腹が治るだけで根本的なダイエットにはならない。

便秘薬依存すると、排便機能が衰え、便秘になりやすくなります。

すると、美容目的にはじめたダイエットが逆転します。

便秘になると肌は荒れて、老けやすくなります。

しかも、大腸ポリープや大腸がんなどのリスクを増えます。健康を阻害されるのです。

美しくなりたい便秘薬ダイエットが、実はたいした効果はなく、デメリットばかりなのです。

 

ダイエットは適度なカロリー制限と運動がおすすめです

腸内環境を整えると、便秘も治り、やせやすい体質になります。

肌も綺麗になり、若々しく、ダイエットにもなるのです。

私のおすすめはバナナかリンゴとヨーグルトを朝食に摂ることです。

ヨーグルトはできれば糖抜きがいいですね。

あとは適度なカロリー制限をすれば、人間痩せれるものです。

運動としておすすめなのは「オチョダイエット」です。

腰をまわすダイエットなのですが、具体的な方法は動画リンクをはっておきます。

こちらをご覧くださいませ

 

私もオチョダイエットは毎日しています。

心なしか腰回りが痩せたように思います。

それか便秘対策をしているから痩せているのかもしれませんけどね。

 

ダイエットは健康的にしましょう

どうせダイエットするなら美容にも健康にもよくするのが一番です。

体に悪いダイエット、美容に悪いダイエット。便秘薬ダイエットはやめましょう。

下剤ダイエットはやめましょう。

ダイエットも正統派が美容にも健康にも良いです。

適度なカロリー制限、スポーツです。

また何度がいっていますが、便秘を解消すること=腸内環境をよくすると太りにくい、痩せやすい体質になるのでダイエットにはおすすめです。

このサイトでは便秘解消に関するさまざまな情報を提供しています。

いくつかリンクを貼っておきますので、ご興味があればご覧ください。

 

便秘解消おすすめ記事

マッサージで便秘を解消

便秘マッサージで今すぐドドドッと快便

便秘をマッサージで簡単に解消します。私もよくしているマッサージですが、効き目はそこそこ良いので、おすすめです。試したことのない人は試されるのをおすすめします。

 

プルーンで便秘を解消

便秘に効くプルーンの効果。美容にまで効果あり!

便秘に強烈に効くプルーン。その魅力、その効果を書いています。

 

病院で便秘を解消

便秘で病院に行くのを恥ずかしがらないで

便秘で病院に行くことに抵抗を感じている人がいますが、気にしないで病院にいきましょうって内容と、病院依存はしてはダメだよ、って記事。

【スポンサーリンク】