便秘解消には青汁。口コミでおすすめなのはコレ!

便秘をたかがと思ってはいけません。

便秘を甘く見ることは本当に危険なことです。
最悪の場合、大腸がんや腸閉塞につながることもあり、命にかかわるからです。
便秘は軽いうちに対策をしていく必要があります。

実際にGoogleで「便秘 死亡」と検索をかけてみると恐ろしい内容がでてきます。
腸が破裂してしまった。
便が逆流して、口から吐いてしまった。
血便がでてしまった。
他にもさまざまな症状に悩まされるのが重くなった便秘です。

もちろん、そこまで重くなることは少ないです。
しかし、腹痛や腰痛や吐き気やふらつき、頭痛、ストレスなどの症状がでる便秘は多くあります。
私の場合もそうでしたし、便秘が軽いと放置していたらあなたもそうなるかもしれません。

今回は便秘にも良く、健康にも良い青汁について紹介します。
便秘には食物繊維が非常に効くのですが、その食物繊維が豊富に含まれているのが青汁です。

【スポンサーリンク】



便秘に効く青汁の効果

食物繊維には水に溶けやすい水溶性食物繊維と、水に溶けにくい不溶性食物繊維の2種類があります。
この2種類は両方とも腸内をキレイにするために必要な栄養素です。
しかし、腸内を良好に保つにはこの2種類の食物繊維をバランスよくとるのが大切です。

青汁に含まれるケールや大麦若葉、明日葉、桑の葉などの野菜は食物繊維が豊富に含まれています。
普段、なかなか料理の中に組み込んだり、スーパーやコンビニでは手に入らないものです。
しかし、青汁であれば、気軽に簡単にとることができます。

ただし、食物繊維が豊富に含まれているため、効果は絶大です。
飲み過ぎると、お腹を下してしまう可能性もありますので、適量で飲むようにしてください。

もちろん、青汁は便秘だけに効く訳ではありません。
明日葉に含まれるフラボノイドの一種、カルコンがセルライト脂肪を溶かします。
カリウムには利尿効果があり、むくみ解消にもなります。
桑の葉も脂肪のたまるのを防ぐ成分を豊富に含んでおり、青汁はダイエットにも効果が高いです。

またビタミンが豊富にとれ、便秘解消になることから、肌も非常に綺麗になりやすいです。
肌もすべすべになり、ニキビなどの出来物ができづらくなります。またデトックス効果が高いです。
このように青汁は美容にも効果があります。

青汁には口臭や体臭を消す効果があるともいわれています。
実際に青汁を飲み続けている人は、口臭が薄れたり、体臭が弱くなったりしたという人が多いようです。
他にも貧血解消、疲労回復、免疫力アップなどにも効果があります。

【スポンサーリンク】



便秘に効く青汁はいつ飲むのが良い?

一番、健康的に飲めるのが、朝起きてすぐです。
睡眠中にかいた汗やエネルギー消費を補給する為、朝はとても栄養吸収率がいいです。
目覚めた時は体も栄養を欲しているので、青汁で補給してあげましょう。

しかし、便秘解消に飲むには就寝前が一番おすすめです。
夜のうちに食物繊維を吸収することにより、朝のおつうじが良くなります。
ただし、夜のうちに腸の動きが活発になるので、睡眠に影響がでる可能性があります。
その場合は、少し早目に飲むなど、自分の体質にあわせて時間を調節しましょう。

このように栄養を吸収するのが目的か、便秘解消が目的かによって飲む時間は変わります。
ただ実際は好きな時に飲んで、毎日続けることが一番大切です。
時間にこだわり過ぎて、飲みづらいよりも、好きに飲んだ方がずっといいです。

口コミでおすすめの青汁は「青汁みらい」

詳しい情報は下記をご覧ください。美容にも便秘にも効果てき面です!

→乳酸菌と食物繊維がたっぷり!【青汁みらい】

【スポンサーリンク】




2015年8月11日 便秘解消には青汁。口コミでおすすめなのはコレ! はコメントを受け付けていません。 便秘解消の食事