紅茶は便秘に効果あり?確実になら便秘茶がおすすめ

紅茶にはまっている友人

友人が紅茶にはまっています。毎日何種類もの紅茶をたしなみ、楽しんでいます。

私は紅茶については詳しくなく、「午後の紅茶」とか飲む程度です。

そんな私に舞い込んできた紅茶情報、それは「便秘に効果あり」というものです。

では、どんなところが便秘に効果があるのでしょうか?

そして、本当に便秘に効果があるのでしょうか?

 

紅茶が便秘に効く理由

紅茶が便秘に効く理由はほぼコーヒーと同じように思います。

コーヒーが便秘に効果あるかは体質次第

紅茶にはカフェインが含まれており、カフェインは腸を刺激する働きをあります。

刺激された腸は動き出しますので、排便を促す効果につながります。

しかし、メリットばかりではありません。

 
【スポンサーリンク】




 

紅茶には利尿作用があり、便秘になる可能性もある

紅茶は水分が取れるので、便秘にも良いと思われるかもしれません。

しかし、紅茶には利尿作用があります。

便秘とは腸に便が水分をなくし、固まってしまう状態です。

利尿作用で水分がたくさん失われては、腸に残った便は固くなりやすいのです。

では、結局、紅茶は便秘に効くのでしょうか、効かないのでしょうか?

 

結局、便秘に効くの? 便秘に効かないの?

みもふたもない結論ですが、個人差です。

紅茶を飲んで、腸の動きが活発になる人は便秘に効果があります。

逆に対して腸が刺激されてない人は、便秘になる可能性があるのでやめた方がいいです。

また紅茶を普段飲まない人の方が、便秘に効果があるようです。

便秘対策に飲むなら、便秘茶が一番良いですね。

 

便秘茶「桃花スリム」

12種類のハーブでどっさり便秘を解消。

お客様満足度99.1%と非常に高く、さまざまな人に支持を得ています。

朝食にも、午後の一息にも、おやすみ前にも、おいしく飲むことができます。

そう、便秘茶と効いて、まず「まずそうだな」と思うかもしれませんが、この「桃花スリム」は美味しいんですよね。

材料にもすごくこだわっています。

ぎっしり詰まった食物繊維を持つ「ゴボウ根」

豊富なミネラルを持つ「ルイボス」。ルイボスティーなどでも有名ですよね。普段、ルイボスティーを飲まれて、効果を実感されている方はこの「桃花スリム」でより、効果を感じていただけると思います。

体をぽかぽかさせる「生姜」。体中を温めて、腸も冷えなくなります。腸は冷えると動きが鈍くなるので、温める効果は便通が良くなります。

他にも

「ローズヒップ」

「黒大豆」

「キャンドルブッシュ」

「バラ花」

「ハトムギ」

「ハイビスカス」

「柿葉」

「マクイベリー」

「ハニーブッシュ」

などさまざまなものが入っています。

美味しくて効果絶大な便秘茶「桃花スリム」。詳細は下記リンクよりご覧ください。

桃花スリムのお買い求めはこちら

【スポンサーリンク】