アロマと深呼吸で便秘解消

便秘をアロマによって解消する

便秘に悩まされる女性は多いと思います。
便秘は不快ですし、ストレスも溜まります。
ひどくなってくると腹痛や腰痛や吐き気などもし始めます。

腸に便が溜るので、体内から毒素がまき散らされます。
体内から汚染されるので、肌にも影響がでてきます。
ニキビや肌荒れは化粧水などだけでは改善することはむずかしいです。

腸内から根本的に改善する必要があります。
つまり、便秘を解消しなくては、肌荒れやニキビを改善するのはむずかしいです。
便秘を改善するにはいくつか方法があります。

水をこまめに飲む。
食物繊維を多めにとる。
運動をする。
お腹を冷やさないようにする。
発酵食品をとる。
オリゴ糖をとる。
便意を我慢しない。

など、さまざまあります。
今回紹介させていただくのは、「匂い」によって便秘解消するアロマの効果です。

【スポンサーリンク】

自律神経の乱れが便秘を助長させる

便秘の原因として自律神経の乱れがあります。
自律神経には交感神経と副交感神経があります。
便を排出する腸の動きをコントロールしているのは副交感神経です。

しかし、ストレスや緊張などで自律神経が乱れてくると、交感神経が優位になってしまいます。
すると、腸の動きが過敏になったり、鈍感になったりします。
結果として便秘や下痢としてあらわれるようになります。

その自律神経の乱れを治す方法として効果的とされるのが、アロマの香りです。
特に深呼吸を一緒に行うと、自律神経のバランスを整える効果があります。
また深呼吸はストレス解消や緊張緩和にもつながりますので、本当におすすめです。

【スポンサーリンク】

深呼吸の大切さとやり方

ストレスは時には私たちに力をあたえ、創造的な考えを生んだり、集中力を増したりします。
しかし、ストレスも度が過ぎてしまうと、健康と精神に害を及ぼし、自律神経の乱れにもつながります。
そこで助けになるのが、深呼吸です。

深呼吸だけでストレスを緩和できるの? 解消できるの?
そう疑う人もいるかもしれませんが、深呼吸の効果はかなりのものです。
リラックス効果がもちろんありますし、自律神経を整える力もあります。

では、実際の深呼吸のやり方を順序的に説明します。
①まず肺にある空気をぜんぶ出し切りましょう。
②次に鼻から5秒くらいかけてゆっくりと吸いましょう。
③2秒ほど息を止めましょう
④10秒かけて口から息を吐きましょう。
⑤この①~④を繰り返し行いましょう。

深呼吸を行うと体がリラックスします。心もリラックスします。
これだけでも便秘解消につながる効果があります。

アロマはリラックス系のアロマを使おう

腸の動きを良好にする副交感神経を良くしたい場合は、リラックス系のアロマがおすすめです。
おすすめなのはラベンダーやオレンジなどの柑橘系はリラックス効果があります。
アロマテラピーで匂いをかいだり、アロマオイルをお風呂に垂らしてリラックスするのも自由です。

アロマの香りをかぎながら、先ほどの深呼吸をすれば、すばらしいリラックス効果があります。
一度、試していただければと思います。

便秘解消でもう一つおすすめなのが、便秘茶です。
最近の便秘茶は香りも良く、味も美味しく、便秘にもかなり効果があります。
私がおすすめの便秘茶は下記記事に書いていますので、興味があればどうぞご覧ください。

→便秘茶おすすめランキングBEST3

【スポンサーリンク】

便秘から来る肌荒れは、お茶で改善!

便秘で肌荒れになる理由は溜まった便

便秘になると、肌荒れになります。
ただでさえ、排便ができずに苦しいのに、さらに肌荒れの苦しみを負うのです。
悲しいですね。

なぜ、便秘になると肌荒れになるのかと言いますと、これは腸内環境が関係してきます。
便秘になると、腸に便が溜るのですから、腸内環境が非常に悪くなります。
悪玉菌は増え、たまった便からは毒素が出てきます。
腸内にたまった毒素は血流を巡り、血液をドロドロにします。

血液がドロドロになり、毒素が体をまわると、今度は肌に影響がでてきます。
ニキビ、できもの、しわなど、さまざま形で肌に表れます。
便秘になると、肌荒れという形で、目に見えてくるのです。

つまり、腸内環境を整えるには、善玉菌を増やす必要があります。
いや、それ以前にたまった便を排出し、毒素を止める必要があるのです。

便秘茶「桃花スリム」であれば、美容成分も含まれており、便秘解消効果も非常に高いです。
肌荒れ解消には、ひとまず美容成分と便秘解消が大切ですから、一度試されるのも良いと思います。
→桃花スリムのお買い求めはこちら

【スポンサーリンク】



自律神経の乱れから肌荒れになる

自律神経には交感神経と副交感神経があります。
大腸の動きをコントロールするのは、副交感神経です。
しかし、便秘になるということは副交感神経が弱まっている可能性があります。

つまり、便秘だということは自律神経が狂ってきている可能性があるのです。
そうなると、肌の生まれ変わる力も衰えます。
古い角質がたまったり、コラーゲンや新しい皮膚もつくられず、荒れた状態になります。

自律神経に乱れは日々の生活リズムやストレスなどが影響してきます。
便秘を解消しただけでは、自律神経もよくなるとは限りません。
日頃からの生活習慣を治すことから始めるのがいいでしょう。

また女性の場合、生理や妊娠や産後などで自律神経が乱れることがあります。
その時はあまり無理せずに、便秘茶でも飲んで、便秘解消をしましょう。
私がおすすめする便秘茶は下記記事に書いてありますので、参考までにどうぞ。
→便秘茶おすすめランキングBEST3

【スポンサーリンク】



便秘を解消して、肌美人になろう

便秘を解消すれば、腸内の毒素の元がなくなるので、肌がみるみる内に綺麗になります。
外側から化粧水やクリームをぬるよりも、内側から綺麗にする方が抜群に効果があるのです。

食物繊維、乳酸菌、発酵食品、プルーンなどをとって、腸内美人になりましょう。
私のおすすめは便秘茶です。
最近の便秘茶には美容成分も入っていますし、効果もしっかりあります。

実際に私が飲んでみて効果があり、口コミ人気も高い便秘茶BEST3を選びました。
あなたの参考になれば嬉しいです。
→便秘茶おすすめランキングBEST3

【スポンサーリンク】



便秘に乳酸菌は効く!主な飲み物、ホットヨーグルトとは?

乳酸菌はヨーグルトやヤクルトなどさまざまな製品があります

便秘の症状は辛いものです。
排便がスムーズにできないストレス。
お腹が痛いや腰が痛い、痔がでてきしまう、吐き気がする。
他にもさまざまな症状に悩まされます。

便秘解消の大切なものとして、水や食物繊維があります。
もう1つよくあげられるのが、乳酸菌です。
特にヨーグルトは便秘解消に効果があるとよくあげられます。

他にも乳酸菌が含まれる有名な飲料がたくさんあります。
それぞれ紹介します。

【スポンサーリンク】



乳酸菌が含まれるおもな飲み物

まずはヤクルトです。
もはや乳酸菌の代表格であり、知らない人はいないと思います。
カロリーカットやカロリーハーフのヤクルト。
シロタ株が1本に200億個入ったヤクルトゴールド、
ストロベリーやマンゴー味のするジョアシリーズなどなどたくさんあります。
ヤクルトは私も飲むことはありますが、実際に効果があると思います。
手軽に買うこともできますので、コンビニ通うついでに飲むというのも有です。

ピルクルもあります。
150億個の生きた乳酸菌、ガゼイ菌が含まれています。
ガゼイ菌により腸内環境を改善します。
特定保健用食品の許可を受けています。
不思議な色をしていますが、無着色で、着色料を一切使用していません。
体にやさしくお腹に効く、薬でもないため、気にせず飲めるのが良いですね。

ラブレがあります。
ラブレは植物性乳酸菌がつかわれており、腸内にダイレクトに届きます。
私のまわりでもラブレで便秘が改善したという人は多いです。
美味しく、お腹に届く乳酸菌です。

カルピスがあります。
生乳とカルピス菌という乳酸菌と酵母でできています。
ジュースとして飲みやすく、軽めの便秘の時は主飲料にするのも良いかもしれません。

【スポンサーリンク】



乳酸菌がなぜ便秘に効くのか?

人間の腸には多くの細菌が息づいています。
腸内環境を整えてくる善玉菌、腸内の環境を悪化させる悪玉菌があります。

乳酸菌は腸内環境を整えてくれる善玉菌を増やす効果があります。
腸内環境が良くなれば、腸の動きもよくなり、便秘解消につながります。

しかし、乳酸菌の効果は便秘解消だけではありません。

まず、乳酸菌は免疫力をアップさせる効果があります。
腸内には体の健康を維持するための能力がたくさん備わっています。
その中でも自然治癒力を高めるナチュラルキラー細胞は、風邪やウィルスから体を守ってくれます。
このナチュラルキラー細胞を活性化させるのが、乳酸菌です。

次に乳酸菌は肌荒れを治す力を持っています。
私も最近肌荒れが増えています。腸内環境が悪くなると、たまった便から毒素が出てます。
この毒素は血流をめぐり、やがて肌トラブルにつながります。
つまり、乳酸菌で腸内環境を整えると、肌トラブル対策にもなり、肌が潤い健康になります。

乳酸菌は口臭にも効果があります。
口臭の原因の多くは口の中の細菌と言われています。
歯垢や歯石、舌の表面の白い汚れなどです。
乳酸菌には強く殺菌力と、ニオイの抑制効果がありますので、口臭にも効果があるんです。

他にもさまざまな効果があります。
腸内環境が整うと、ストレスも減りますし、体の疲れもなくなってきます。
大腸がんや腸閉塞のリスク軽減にもなりますし、いいこと尽くしです。
なによりも便秘に効果があるのが嬉しいですね。

乳酸菌はさまざまなものに含まれています。
ヨーグルト、チーズ、バター、キムチ、ザーサイ、ピクルス、ザワークラフト、味噌、ぬか漬けなどの発酵食品です。
他にも先にあげたヤクルト、ピックル、カルピス、ジョアなど乳酸菌製品も多いです。

その中でも私のおすすめはヨーグルトを温める「ホットヨーグルト」です。

ホットヨーグルトで便秘解消

ホットヨーグルトには便秘解消効果だけではなく、ダイエット効果もあります。
やり方は簡単で、ヨーグルトを人肌に温めるだけです。電子レンジ1秒ぐらいで大丈夫でしょう。
あまり熱くしすぎると、乳酸菌が滅びてしまう可能性があるので気を付けてください。

私も私の友人もためしましたが、お通じがよくなるのもそうですが、体がカッと熱くなって汗がたくさんでてきました。
腸にも常温なので効きやすいですし、汗をかくことでダイエット効果と老廃物を出す効果があります。
人によってはあまり汗をかかなりって人もいるので、人を選ぶようですが、一度お試しください。

【スポンサーリンク】



ストレス性の便秘。原因を解消するにはある音楽が効く

便秘にはストレス性のものがあります

日食物繊維をとり、発酵食品をとり、水を豊富に飲んでいても、便秘になってしまうことはありませんか?
普段は便秘体質ではないのに、ふと便秘になってしまう。
ひょっとしたら、それはストレスが原因かもしれません。

ストレスと現代社会は切っても切れない関係にあります。
仕事のストレス、人間関係のストレス、金銭面でのストレス、他にもこまごまとしたストレスがあります。
自覚していなくても、普段から私たちはストレスを感じています。

会議が発表しなければならない。
大好きな人と大切なデートがある。
重要な人物に会わなくてはいけない。
もうすぐ大切なテストがある。

あらゆるものが負荷となり、私たちの心を襲います。
心に襲いってきます。そして、それは体にも影響を与えるものとなります。
そんな時、腸の動きはおかしくなり、便秘になったり、下痢になったりします。

【スポンサーリンク】



ストレスで便秘になるのは自律神経が狂うからです。

自立神経には2種類あります。
交感神経と副交感神経です。
大腸のぜん動運動をコントロールしているのは副交感神経です。

人はストレスを感じると、それが重くなると、自律神経が狂わされます。
ストレスは交感神経を強めてにしてしまい、大腸の動きを制御する副交感神経を弱めてしまいます。
つまり、ストレスを受けると、大腸のコントロールができなくなるということです。

すると、

大腸は動きを弱めて排便をしづらくなったり、逆にけいれんしてしまいけいれん性便秘になってしまったりします。
この場合、下痢になってしまう人がいたり、便秘になってしまう人がいたり、下痢と便秘を繰り返してしまう人がいたりします。
男性の場合は下痢型が多く、女性の場合は便秘型が多いといわれますが、個々の性質によります。

自律神経失調になると、あらゆる症状がでる。

自律神経失調症になると、あらゆる症状がでてきます。

体のだるい、疲れがとれない、体が重い、
熟睡できない、眠れない、早く目覚めてしまう
頭痛がする、たちくらみがする、息切れがする、めまいがする、
下痢、便秘

などなど、さまざまです。

ストレスによる便秘は今ストレスを感じている、体が狂ってきている、自律神経がおかしくなっているという信号です。
一番、良いのは休息をすることですが、休息がなかなか難しいのが社会の困難なところです。
しかし、放っておくと便秘だけではなく、うつ病などになったりする可能性もあります。
しっかりとストレスを解消する方法を普段からみつけておくことが大切です。

私が実施している、あるいは他の人がしているストレス解消法50をかき出しました。
参考になれば、幸いです。
中には少しふざけているように見えるものもあるかもしれませんが、少しふざけるくらいでちょうどいいんです。
→ストレスで便秘? 50個のストレス解消法教えます

【スポンサーリンク】



ストレス性便秘にはある音楽が効きます!

音楽がストレス性便秘に効くという話を聞きました。
特に効くものが、以下の3曲です。

モーツアルトの「メヌエット」
ショパンの「マズルカ舞曲」
シュトラウスの「ウィーンの森物語」

特にモーツアルトの音楽は全般的にストレスを軽減させ、便秘に効果があると分かっているそうです。
モーツラルトの音楽はリラックスにさせる効果があり、副交感神経に作用します。
副交感神経は大腸の動きをコントロールしますので、便秘、あるいは下痢にも効果があるということです。

他に私が便秘でおすすめしているのは、便秘茶です。
おいしく、気軽に、便秘を解消できます。
下の記事で書いていますので、ご興味がある方はどうぞ、ご覧下さいませ。
→便秘茶おすすめランキングBEST3

【スポンサーリンク】



便秘の肌荒れは生理不順でひどくなる?お茶でスッキリ解消

便秘になると肌荒れの症状がでてきます。

便秘の症状は排便ができなくなるばかりではありません。
肌荒れ、頭痛、吐き気、腹痛、腰痛、めまいなどさまざまな症状がともなうことがあります。

便秘をすると、腸に便がたまります。
腸内環境が悪くなり、たまった便は毒素をまき散らします。
すると、栄養素の吸収が悪くなり、体の血液の巡りも悪くなります。
有毒ガスも循環してしまうため、体内の環境は非常に悪くなります。

体内の腸が汚くなり、血液も汚くなるのですから、肌荒れをするのも当然です。
実際に私も便秘体質で、肌荒れがひどかったです。
すっきりと便秘が解消されると肌荒れも引くという経験も何度もしました。

腸内環境を綺麗にしていないと、肌荒れがしていますのです。
肌がかさかさと乾燥したり、ぶつぶつと出来物ができたり、しわができる原因にもなります。

便秘解消をするということは、肌荒れを治すこと、美しさを取り戻すことでもあります。
肌荒れで悩まれている方は、便秘ではありませんか?
まずは便秘を治して、腸内環境を整えましょう。

【スポンサーリンク】



便秘になった時の肌荒れの場所

おでこのまわりに出来物ができると生活習慣の乱れを言われます。
しかし、私とまわりの体験的には年齢が若い人はおでこ、30代ぐらいからアゴちかくと年ごとに下にさがっていくイメージがあります。
つぶしたりせずに、便秘解消をして、肌荒れを体内から治しましょう。

生理不順の便秘で肌荒れがひどくなる?

女性の生理周期は通常30日前後ですが、ペースが不規則になり、数か月周期になったり周期が乱れる人がいます。
このような場合は、ネットなどの情報で独断で判断せずに、産婦人科できちんとした診断をうけることが大切です。
低用量ピルなどの薬で、生理をコントロールしなければならないことがあります。

なぜ生理不順で便秘になるかと言いますと。
排卵から整理前日までを高温期といい、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が増えます。
プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が多くなると、便秘になりやすいといわれます。
例えば、妊婦さんが便秘になりやすいのはこれが原因なのです。

このプロゲステロン(黄体ホルモン)がなぜ便秘を誘発するかというと。
プロゲステロン(黄体ホルモン)は赤ちゃんを流産から守る働きをするのですが、同時に大腸内の水分を吸収する働きがあります。
大腸内の水分が減ると、腸にたまった便が固くなり、便秘が重くなっていきます。

このプロゲステロン(黄体ホルモン)は生理不順の人は周期の乱れなどで分泌が多くなります。
それが原因で生理不順の人は便秘になりやすいのです。

便秘がひどくなると、肌荒れにつながります。
生理不順になると、肌荒れがひどくなるのではなく、
生理不順で便秘がひどくなり、肌荒れがひどくなる。というのが正しいと思われます。

【スポンサーリンク】



便秘による肌荒れを防ぐには便秘茶を飲んで、適度に便秘解消をする

便秘が重症化すると、便秘を解消するのも大変なものです。
ひどいものとなると、糞便性腸閉塞になり、病院に行かなくてはならない可能性もあります。

腸内環境が悪くなると、肌荒れがします。
悪くなる前に、腸内環境を綺麗にし、自然な排便を促す必要があります。
それには何が一番いいかというと、いろいろと悩みました。

オリゴ糖?プルーン?バナナ?リンゴ?
しかし、即効性があり、日々美味しく摂取できるものと考えると、答えは一つでした。
それが便秘茶です。

最近の便秘茶は紅茶のように美味しく飲みやすい、しかも便秘に即効効果があります。
私のおすすめの便秘茶を3つ紹介していますので、興味ある方は下記リンクをどうぞ。

→便秘茶おすすめランキングBEST3

【スポンサーリンク】



便秘による腸閉塞は死亡する危険もある?その症状とは?

便秘による腸閉塞(イレウス)に気を付けよう

便秘と聞くと、あまり重病ではないイメージがあります。
便秘を放置して、そのままにしている人も多いと思います。
私も結構そういう感じでしたが、私の周りでもそういう人が多かったです。

しかし、便秘というのは重症化すると重いものです。
ただでさえ、肌のトラブルや腹痛やストレスなどのもとになるものです。
恐ろしいのは腸閉塞になる可能性があることです。

腸閉塞とは小腸や大腸の消化器官がねじれてしまったりして、腸がふさがることです。
便秘が原因で起こる腸閉塞を糞便性腸閉塞と呼びます。

便秘で腸閉塞になって苦しむのはある意味、私はバカバカしいと思います。
便秘と甘く見ずに、早め早めに便秘解消をすることが大切です。

【スポンサーリンク】



なぜ糞便性腸内閉塞になるのか?

便秘は、腸内に便がたまり、水分を失って硬くなってしまいます。
硬くなってしまうと、便はコロコロと硬い便になったり、腐敗した黒い便になったりします。
すると、自然な排便ができなくなり、便秘は重症化してしまいます。
こうなると腸が完全につまり、糞便性の腸閉塞になります。

ちなみに便が黒くなるのは腐敗しただけが理由でもなく、出血で黒くなっているケースもあります。
その場合、大腸がんの可能性がでてきます。
黒い便がでてきたら、便秘も重症化していますし、大腸がんの可能性もあるので、病院に行くことをおすすめします。

糞便性腸閉塞になるとどうなるのか?

便秘が重症化して、便が固くなり、腸管をふさぎます。
すると当然ですが、激しい腹痛やお腹の張りが生じます。
そればかりかひどいものになると、たまった便が逆流して嘔吐するという悲惨な症状がでます。

逆流して嘔吐という点から分かると思いますが、状況としては最悪です。
運が悪ければ命にかかわる可能性もあります。
便秘を甘くみないで、早め早めの対応が必要になるというのはこういうことです。

糞便性閉塞が問題なのは、初期段階では比較的自覚症状がないことです。
自覚症状がでた時にはすでに対応は遅く、病院に行くのが大切です。
自覚症状がでた時点で、その糞便性閉塞は自分では対応できるものではありません。

市販薬の便秘薬や下剤を独断で使うのは危険

腸管がつまり、通路がふさがっている時点で、あまり刺激を与えない方がいいでしょう。
便秘薬や下剤で、大腸の動きを活発化しても、出口はふさがっているので、運が悪ければ長官が破裂してしまう可能性があります。
絶対に独断で便秘薬や下剤を使わずに、病院に早く行きましょう。

◎便秘は軽いうちから対処をしましょう

私のおすすめは便秘茶です。
気軽に飲めて、日々便秘解消ができるので、軽い便秘には効果てき面です。
私がおすすめする「美味しくて」「効果のある」便秘茶は下記記事に書いてありますので、よろしければどうぞ。
→便秘に効くお茶は絶対コレ!おすすめランキング

【スポンサーリンク】



便秘の痛み我慢するのはもうやめましょう

便秘の痛みの放置はやめましょう

便秘にもさまざまな痛みがあります。

便秘で痛くなる腹痛。

腹痛を通り越して痛くなる腰痛。

血行不良から頭痛や肩が痛くになることもあります。

吐き気を催すほどの胃痛。

太もものあたりが痛くなったりもします。

ずっと我慢したまま、そのまま痛みを放置しますか?

絶対に放置はしない方がいいです。

ずっと痛みを抱えて、一生生きていくなんて辛いと思いませんか?

想像してみてください、今の痛みを抱える自分を。

嫌になりますよね。

私だったら嫌になります。

だから、便秘改善しましょう。

 
【スポンサーリンク】




 

便秘の痛み我慢するくらいなら病院へ行きましょう

便秘で病院に行くのを恥ずかしがらないで

便秘で痛みはあるけど、放置している人。

食事改善もめんどうだし、運動をするのも面倒だし……の人。

ひとまず、病院に行ってみてはどうでしょうか?

病院で行けばいいのは、一番は「便秘外来」です。

他にも消化器内科、胃腸科、肛門科、内科が良いと言われています。

念のため、受診前には電話で「便秘についてですが、よろしいですか?」と聞いてみましょう。

ひょっとしたら、便秘ではなく、大腸ポリープや大腸がんなどの大病かもしれません。

痛みを放置せず、気になるのなら、一度病院に行くのが良いと思います。

 

劇的に便秘解消するおすすめの4つの方法

これを読めば大丈夫 便秘マニュアル

便秘解消には、いくつか方法があります。

便意を我慢しない

食物繊維をとる

発酵食品をとる

水をたっぷり飲む

硬水を飲む

にがり水を飲む

三食きちんと食べる

運動をする

お腹を冷やさない

ストレスをためない

猫背にならないようにする、

オリーブオイルをのむ

ホットヨーグルトを食べる

牛乳を飲む

コーヒーを飲む

コンニャクを食べる

などなど、たくさんあります。

その中でも私がおすすめする4つの方法を今回は紹介します。

 

1.マッサージをする

既に便秘の人は腸がまともに動いていないケースも多いです。

その時は自力で腸から便を押し出し、排便をしましょう。

毎日続けると非常に効果があります。

詳細は下記リンクにある動画からご覧ください。

便秘マッサージで今すぐドドドッと快便

 

2.プチ断食する

プチ断食は仕事がある人でも週末にできる易しい断食です。

腸を一回リセットすることによって、便秘を強制的に治します。

実際のやり方は下記リンクからご覧ください。

重い便秘はプチ断食で解消! 方法を教えます!

 

3.カイテキオリゴをとる

カイテキオリゴは便秘にすごく効くオリゴ糖です。

腸内の善玉菌30種類以上と相性がよく腸内環境を良好にします。

詳細は下記リンクをご覧ください。

カイテキオリゴの詳細はこちら

 

4.プルーンを食べる

プルーンは食物繊維が豊富です。

しかも、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維という二つの食物繊維のバランスが良く、便秘解消には最適です。

また「ソルビトール」という糖質も豊富に含まれています。

このソルビトールには便秘改善作用があり、便秘に対して即効性もあります。

私がおすすめするのはプルーンの中でも「やずやのプルーンぷる~コラーゲン」です。

便秘解消に非常に効果があり、上で紹介したカイテキオリゴと併用すると効果は倍増です。

詳細は下記リンクをご覧ください。

『やずやのプルーンぷる~んコラーゲン』の詳細はこちら

【スポンサーリンク】



便秘から来るコロコロうんちを解消する

毎日うんちがコロコロするんです

便秘体質の私、うんちはいつもコロコロしています。

すっきりと排便した感じもなく、残便感もあります。

特に便秘になりやすい妊娠時や産後はこのような症状がでてくる人もいるでしょう。

ただ女性だけの症状ではなく、男性にも起きる症状です。

コロコロうんちは排便ができているので、便秘ではないと思う人も多いです。

しかし、コロコロうんちは便秘のサインです。

しっかりと排便ができていないからコロコロうんちな訳であり、便秘、あるいは便秘予備軍です。

実際、私のように残便感はありませんか?

肛門や下腹部などに痛みがあり、不快な感じはしませんか?

コロコロうんち、あるいは硬いうんちをする人は便秘対策をした方がいいです。

 
【スポンサーリンク】




 

コロコロうんちの原因

コロコロした便はその形から兎糞(とふん)と呼ばれています。

コロコロうんちをした人はご存知だと思いますが、本当にうさぎみたいなうんちなんですよね。

コロコロうんちの原因は、便に水分があまり含まれていないことが原因です。

通常のうんちはバナナ型の7~8割程度の水分が含まれています。

しかし、コロコロうんちなどの硬いうんちは5~6割の水分量です。

なぜ、水分量が減るかというと、腸の中で便がたまり、水分が腸などに吸収されるためです。

これは明らかな便秘の症状です。

放っておくと、便秘がもっと重症化してくるでしょう。

便秘になると、疲れやすかったり、イライラしたり、腹痛や頭痛がしたり、肌がぼろぼろになりやすくなったり、あらゆる悪影響がでてきます。

 

コロコロうんちが原因で痔なる

コロコロうんちは上で書いたように硬いうんちです。

もちろん、排便しづらく、排便の時に力みがちです。

しかも、そのうんちは固いのですから、痔になる可能性が高くなります。

コロコロうんちはぜひ改善するようにしましょう。

 

コロコロうんちの解消法

コロコロうんちは水分が足りていないことが原因といいました。

だから、水分さえ取れば良い! と思う人もいるかもしれません。

しかし、ここは普通の便秘と同じような対策を取っていきます。

つまり、水、食べ物改善、運動です。

 

1.水分をとるようにする

水は1リットル以上は飲むようにしましょう。

すると、腸の中でがちがちになった便が水分を含んで柔らかくなります。

ただし、冷たい水を飲み過ぎると、お腹が冷えてしまい、腸に悪いです。

腸が悪くなると、便秘が進んでしまいますので、できれば常温の水を飲むようにしましょう。

 

2.食物繊維をとる

食物繊維といえば、便秘に効くと有名ですよね。

野菜や果物に豊富に含まれているので、多めにとるようにしましょう。

食事にプラスワンするのに、こんにゃくやところてんなどもおすすめです。

あるいは朝にバナナやりんごを食べることもおすすめです。

 

3.発酵食品をとる

ヨーグルトやチーズ、味噌、キムチなどの乳酸菌が含まれた発酵食品をとりましょう。

乳酸菌は腸内環境にとても良いので、便秘に効きます!

 

4.オリゴ糖をとる

オリゴ糖は腸内の善玉菌を増殖させる効果があります。

善玉菌が増えると腸内環境が整い、便秘になりづらくなり、排便がスムーズになります。

「カイテキオリゴ」のお買い求めはこちら

 

5.適度な運動をする

普段運動しない人はウォーキングぐらいでも良いので、運動するようにしましょう。

それだけで腸が活発に動くようになり、排便がスムーズに行くようになります。

【スポンサーリンク】



糖尿病になると便秘や下痢に。その対策方法とは?

糖尿病が便秘につながるのは自律神経が原因

糖尿病になると、便通に問題のなかった人が急に便秘になったりすることがあります。

逆にそれまで下痢でなかった人が、下痢になったりすることがあります。

なぜ糖尿病で、このように急にお腹の調子を崩してしまうのでしょうか?

それは糖尿病の合併症である糖尿病性神経障害により、自律神経障害が進むためです。

ある便秘外来の先生に言わせると、便秘に悩まされている患者さんの自律神経バランスはほとんど崩れているそうです。

自律神経は血液循環、呼吸、体温維持などの生命維持のために大切な機能をコントロールするものです。

交感神経と副交感神経という反対の動きをする神経がバランスよく働いているのが理想です。

この自律神経バランスが崩れると、腸のぜん動運動が鈍くなり、下痢や便秘につながるのです。

だから、糖尿病性神経障害によって自律神経障害が進んだ人は下痢や便秘につながりやすいのです。

でも、なんで便秘の人と下痢の人と別れるのでしょうか?

 
【スポンサーリンク】




 

便秘になるか、下痢になるかは個人差。

個人差というと身もふたもないですが、自律神経が崩れて、どのような影響を与えるかはなってみないと分かりません。

ちなみに便秘、下痢になる理由は以下のようになります。

糖尿病性神経障害による自律神経バランスの崩れにより、胃腸も影響を受けます。

胃腸などの消化器官の動きが遅くなると、便秘になります。

逆に胃腸などの消化器官の動きが速くなると、下痢になります。

普段は自律神経のもとで、ちょうどいい速度で胃腸も動いているんですね。

便秘も自律神経が崩れている方が多いようですので、生活習慣を正すだけでも便秘解消につながります。

 

糖尿病で便秘になるのは食事制限も関わりがあります

糖尿病になると食事の制限が厳しくなり、今まで食べていた量の半分ぐらいになることもあります。

ただ食事の量が減ってしまうと、便秘になってしまうリスクをはらむのです。

なぜかというと、今までに比べて食事量が減り、腸に与える刺激が減るからです。

腸に刺激があまりないということは、腸があまり働いてくれないということです。

働いてくれないということは便通が滞り、便秘になってしまうということです。

では、どうすれば良いのかというと。

 

食事改善はお医者さんに相談

便秘対策で食事改善は基本中の基本です。

生野菜や果物、ヨーグルトや味噌などさまざまなものが便秘に効きます。

しかし、独断では判断せずに、お医者さんに「便秘ですが、どのような食事改善が好ましいですか?」と質問するのが一番良いです。

糖尿病は大きな病気です。自分で判断せず、お医者さんの判断を仰ぎましょう。

カロリー制限とか、糖尿病に悪いものは避けるようにしましょう。

ネットで見るとコンニャクや海藻が良いみたいです。

コンニャクは基本とけずに腸の便を押し出しながら、排便されるのが便秘解消にはもってこいです。

もちろん、カロリーもほぼないですし、おすすめの食材の一つですね。

 

水をたっぷり飲んで、スポーツをする

水をたくさん飲むことは便秘に効果があります。

腸の中で固くなった便は水分がない状態なので、そこに水分を与えてやるのです。

またウォーキング、ジョギング、テニス、バドミントンなどのスポーツをすると腸が活発に動き、排便がスムーズにいくようになります。

糖尿病の場合は食事改善よりも、水やスポーツなどで改善をはかった方が良いかもしれません。

 

私のおすすめは「カイテキオリゴ」です。

オリゴ糖は腸内の善玉菌を増殖させ、腸内環境を良好に保ちます。

つまり、便秘や下痢に効果があるのです。

カイテキオリゴは腸内の善玉菌30種類以上と相性が良く、日本一売れているオリゴ糖です。

私も毎日、摂取しています。

ネット調べですが、オリゴ糖を摂取したからといって、体内の血糖値はあがりません。

カロリーも低めなので、糖尿病の方にもおすすめできる栄養素だそうです。

心配な方は念のため、お医者さんに相談してから摂取するようにしましょう。

カイテキオリゴのお買い求めはこちら

 

便秘薬や下剤に頼り過ぎない

→下剤の服屋作用

糖尿病で便秘になったからと、便秘薬や下剤に頼りすぎないでください。

便秘薬や下剤に頼り過ぎると、より便秘体質になります。

体が、便秘薬や下剤に慣れてしまうと、腸が便秘薬や下剤を摂取しないと排便できなくなってきます。

糖尿病の食事制限で鈍った腸機能が、便秘薬や下剤によってさらに鈍ってしまうのです。

どうしても仕方なく、たまにの使用なら良いですが、毎日や2日に1回など頻繁に利用はしないでくださいね。

私の友だちはこれで自然に排便ができなくなりました。

 

糖尿病と便秘の関係まとめ

○糖尿病になると、下痢や便秘になることがある。

○糖尿病になると、食事制限により、腸機能が鈍り、便秘になる

○糖尿病性神経障害により自律神経バランスが崩れ、下痢や便秘になる

○食事改善をする場合は、お医者さんに相談をすること。

○水をたっぷり飲み、運動をすること

○カイテキオリゴがおすすめ

○便秘薬や下剤に頼り過ぎないこと

 

以上です。

糖尿病も便秘も、すっぱり解消するように頑張りましょう。

【スポンサーリンク】



生理が来ると便秘解消になる。生理痛をやわらげる方法とは?

生理が来ると便秘解消になります

私だけなのかもしれませんが、生理がくると便秘が解消します。

何日かお通じがなくても、生理が来ると不思議とお通じが来るんですよね。

昔から便秘体質の私ですが、生理が来るとお通じが来るは少し定番化していました。

で、これは私だけなんだろうか? と疑問も浮かべました。

本当にすんなりお通じが来るんですよね。

生理痛はあるんですが、それ以外に硬い便だったり、下痢だったりせずに、普通のお通じです。

みなさん、そうなんでしょうか?

 
【スポンサーリンク】




 

生理中は便秘解消ではなく、下痢になる!?

ライオン生活者行動研究所の調べによると、生理の前からプロスタグランディンの分泌で「頭痛・腰痛」や「下痢」になる場合があることを知らない人が約6割いるらしいです。

逆に言えば、生理になると下痢になりやすい、お腹を下しやすいということです。

私の場合は便秘が改善されるが、あれは下痢の出来損ないだったのかもしれないです。

なぜ、下痢になるのかというと、

○生理になる前には黄体ホルモンが分泌され便秘になりやすい

○生理直前には黄体ホルモンの分泌がとまり便秘は解消

○プロスタグランディンという生理活性物質が分泌され、下痢がおきやすくなります。

と見ると、やはり便秘解消効果はあるようです。

その上で、下痢になりやすいということですね。

私の場合は下痢になりませんでしたので、当然ですが個人差があるようです。

ただ便秘になったから、生理を待つというのはあまり良い手ではありません。

やはり根本的に便秘を改善するのが一番いいです。

 

生理痛をやわらげるにはどうしたらいいか?

便秘解消になる生理痛。それは嬉しいですが、生理痛ってつらいでしょね。

これも軽い重いと個人差はありますが、重い人は本当に仕事に行くのも苦痛だと思います。

その痛みの大部分は冷えが原因だったり、骨盤のゆがみが原因だったり、女性ホルモン「エストロゲン」の乱れが原因だったりするそうです。

そこで生理痛を和らげる方法を調べてみました。

 

1.「仙骨」をあたためよう

冷えによるものが原因で痛みが生じるなら、まず温めることが対策になります。

仙骨とはおしりの割れ目の上あたりにある骨です。

ここを温めると、全身がぽかぽかと温まる作用があります。

すると、エストロゲンの働きも活発になって、生理痛がやわらいでくれるということです。

やっぱり冷え対策は大切ですよね。

 

2.足裏やお腹をあたためるのも良い

お腹にカイロはったり、足裏にカイロをはったりするのも良いです。

特に足裏にカイロをはると、足からの血流があたたまり、全体があたたまります。

これは密かにダイエット効果もあるので、女子必見です。

 

3.普段から運動していると生理の痛みもやわらぐ

医療関係者によると、週に数回ほど運動する女性とそうでない女性をくらべると、生理痛に差がでてくるといいます。

もちろん、運動をした方が生理痛は軽くなります。

運動をあまりしない人はウォーキングやストレッチなど、軽めの運動からはじめてみてはいかがでしょうか?

運動不足解消は便秘にもいいです。

 

4.ブリッジをすると生理痛がやわらぐ

ブリッジをして、30~60秒ほどキープしましょう。

毎日続けると、お腹の血流が良くなり、生理痛がやわらぎます。

生理に関する不快な症状が治るヨガのポーズらしいですよ。

 

5.生姜湯とココアを飲む

体の冷えには生姜(ショウガ)よりもココアの方が冷え解消に効果があるようです。

手足などの末端の血液循環を改善する効果もあり、手足の冷え対策になります。

ただ生姜(ショウガ)湯などが好きな人は生姜(ショウガ)で冷え対策するのがいいでしょう。

 

6.グレープフルーツのクエン酸が効果あり

毎朝1個食べると、かなり痛い生理痛も治るらしいです。

私の場合、試してみましたが、そこまで効果は感じられませんでした。個人差があるのでしょう。

グレープフルーツに含まれる「クエン酸」が血液をサラサラにしてくれるようです。

 

7.鉄分不足にはプルーンで解消しよう

鉄分が足りないと、生理中の場合、貧血や生理痛といった症状がでていまします。

特に「やずやのプルーンぷる~んコラーゲン」が私のおすすめです。

コラーゲン成分も入っているので、生理対策だけではなく、肌もぷるぷるになります。

『やずやのプルーンぷる~んコラーゲン』のお買い求めはこちら

 

8.豆乳の大豆イソフラボンが生理痛をやわらげます

豆乳に含まれている大豆イソフラボンが女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをしてくれます。

その働きによって、生理痛はやわらぎます。

しかし、とりすぎは生理痛の原因になりますので、なにごともほどほどにですね。

 

9.生姜湯とココアを飲む

体の冷えには生姜(ショウガ)よりもココアの方が冷え解消に効果があるようです。

手足などの末端の血液循環を改善する効果もあり、手足の冷え対策になります。

ただ生姜(ショウガ)湯などが好きな人は生姜(ショウガ)で冷え対策するのがいいでしょう。

 

10.生理用ピルを飲む

生理用ピルを産婦人科に処方してもらうのも手です。

太りやすくなったりするというデメリットはありますが、生理中の頭痛、生理痛をやわらげる効果があります。

私の友だちで生理痛がひどい人は常に飲んでいます。

でも、彼女はスリムだし、むくんだりもしていないですよ。

 

まとめ

生理は便秘解消する効果があるが、下痢になる可能性もある。

生理痛をやわらげるには、適度な運動、身体をあたためる、クエン酸、大豆イソフラボンをとりいれる。生理用ピルを利用する。

今回のまとめはこの辺りでしょうか。

便秘解消も嬉しいですが、やはり生理痛はつらいものです。

しっかりと対策をうって、生理を迎えましょう!

【スポンサーリンク】