水を硬水に変えるだけで便秘解消

硬水が便秘に効果があるらしい!

硬水の代表的な商品と言えば、「コントレックス」「ヴィッテル」「エビアン」などですね。

この硬水が便秘解消に効くってご存知でしたか?

では、まず硬水とは何なのでしょうか?

 

軟水と硬水の違いとは?

水には軟水と、硬水があります。

これは水にマグネシウムやカルシウムが含まれており、それが多いか少ないかによって変わります。

軟水とはマグネシウムやカルシウムが比較的に「少ない」水のことです。

硬水とは逆にマグネシウムやカルシウムが比較的に「多い」水のことです。

もっと具体的にいうと、水の硬度とかマグネシウムやカルシウムが水1リットルあがり何mg含まれているか? を表すものです。

水の硬度が120mg未満の場合、軟水です。

水の硬度が120mg以上の場合、硬水です。

ちなみに日本の水は軟水であり、飲みやすいです。

硬水は主に「コントレックス」「ヴィッテル」「エビアン」などです。

 
【スポンサーリンク】




 

硬水の味

硬水は水にマグネシウムやカルシウムが豊富に含まれているため、独特の味や風味があります。

①のどごしが悪く、重々しくて飲みにくい

②口当たりが悪く、まろやかではない

③軟水にくらべておいしくない

つまり味としてみると硬水はあまりおすすめできません。

逆に言えば硬水を飲んでも気にしない人は、便秘解消に常飲してもいいと思います。

 

硬水にはダイエット効果があります

この重々しくて飲みにくい硬水ですが、ダイエット効果があります。

どんな効果があるのか、書いていきます。

 

1.代謝が良くなる

ミネラルには体の代謝を促進させる効果があります。硬水にはミネラルが豊富に含まれているので、代謝がよくなり、ダイエット効果があります。

 

2・脂肪の吸収が抑制される

硬水に豊富に含まれているカルシウム。このカルシウムには脂肪の吸収を抑制する効果があります。つまり、脂肪がつきにくいのですから、ダイエットに効果があります。

 

3.便秘が解消される

このサイトでは本題となる問題です。硬水にはマグネシウムが豊富に含まれています。

このマグネシウム。胃腸の働きを活発にする効果があります。

腸の動きが活発になれば、便秘解消の力になります。

 

硬水を常飲すると便秘解消効果があります

さきほど述べた通り、硬水にはマグネシウムが含まれ、便秘解消に効果があります。

しかし、味はあまりおいしくないし、喉ごしもよくありません。

それに下痢になりやすいという特徴も持っています。

料理と一緒に飲むにはあまりおすすめできません。

ですので、夜寝る前である時、朝起きた時などに飲むことをおすすめします。

いつも飲んでいる水を硬水に変えるだけで便秘解消、ダイエット効果、美容効果があるのですから素晴らしいですね。

 

便秘解消すると、美容、健康にも良い

1.腸内が綺麗になると肌も綺麗になる

便秘解消され腸内環境がよくなると肌もうるおいをもって綺麗になることが知られています。

肌荒れもしづらくなり、できものもあまりできなくなります。

 

2.疲れにくい体になる

便秘をしていると、栄養吸収が悪くなったり、毒素が体内から出てくるので疲れやすい体になります。

つまり、便秘解消をすれば疲れにくい体になるということです。

 

3.腰痛、腹痛などが治る

便秘からくる腹痛、腰痛がなくなり、常にスッキリした気分になります。

 

4.ダイエット効果がある

腸の動きが活発になると、基礎代謝がよくなり、ダイエット効果につながります。また便がたまりづらくなるので、体重が増えにくくなります。

肌も綺麗になり、痩せることもできるのですから、便秘解消はやはり女性にとっては大切なことです。

 

5.大腸がんや大腸ポリープの確率が減る

腸に便がたまっていると、大腸がんや大腸ポリープになる可能性があります。

また便が常に毒素をだしているので、病気になりやすいです。

しかし、便秘が改善されることで、風邪などを引きにくい丈夫な体になります。

 

6.便秘ストレスがなくなる

便秘によるストレスはかなりのものです。これは便秘に悩まれている方なら分かると思います。

便通がよくなり、便秘が解消される。これだけでも十分なメリットといえるでしょう。

 

ほかにも様々な効果があり、ぜひ便秘は解消すべきものだと思います。

あなたも一緒に、私と便秘解消をしましょう。

 

硬水で、便秘をやっつけろ!

ということで、硬水が便秘に効果があることが分かりました。

硬水による便秘解消の場合、一番のメリットは「水を変えるだけで良い」ということです。

食事を改善したり、運動したり、マッサージしたりとか面倒なことはないです。

ただ水を変えれば、便秘解消になるのです。

しかし、硬水にしただけでは便秘解消できない人もいると思います。

その時は私の別の記事も読んでください。きっと役立ちますよ!(宣伝)

ヨーグルト、発酵食品、オリゴ糖、スポーツ、プルーン、お茶などいろんな解消法があります。

私もこのサイトでさまざまな情報を提供し、実践し、みなさまにお伝えできればと思っています。

 

【スポンサーリンク】



栄養満点の牛乳は便秘に効果あり! 朝に飲もう!

牛乳には便秘解消の効果あり

朝によく飲む、健康な飲み物は?

そう尋ねれば、ほとんどの人が牛乳と答えると思います。たぶん。

学校給食で毎日のようにでてきた日々が非常に懐かしいですよね。

最近の給食でもでてきているのかな?

牛乳はかなりの栄養源でタンパク質、脂質、炭水化物の3大栄養素のバランスもいいです。

またビタミンやオリゴ糖も豊富に含まれており、なによりもカルシウムが有名ですよね。

これだけの栄養素をもった飲み物、牛乳。

お牛さまへ大感謝ですね。

とはいえ、人間の乳ではなく、牛の乳という「異タンパク」です。

飲み過ぎには気を付けましょう。お腹を下しまくります。

便秘の私たちには望むところだって? その通りかもしれません(笑)

実際に牛乳を飲んで、トイレにいきたくなった経験はありませんか?

そう、牛乳には便秘に効果があるんですよね!

 
【スポンサーリンク】




 

朝に牛乳一杯のみことはあらゆる意味で良い

まずその栄養素ですね。人間に必要な三大栄養素がバランスよく含まれているので、朝のエネルギー源にはもってこいです。

ただそれだけではなく、便秘においても「朝に牛乳」というのは効果がありなんです。

私たちは朝食をとると「胃・結腸反射」という生理現象が起き、便意を感じるようになっています。

だから、朝食を抜くと、便秘体質になりやすいんですよね。

しかも、牛乳にはラクトース(乳糖)が含まれており、これには緩やかな下剤効果があります。

朝の「胃・結腸反射」とラクトースの合わせ技で、朝から便秘解消間違いなしです。

ついでに腸マッサージをすれば、トリプル効果が得られます。

便秘マッサージで今すぐドドドッと快便

 

オリゴ糖が腸内環境を綺麗にする

牛乳に含まれるオリゴ糖が腸内環境をよくします。

なぜかというと、オリゴ糖は善玉菌であるビフィズス菌を増殖させる効果を持っているからです。

善玉菌が増える訳ですから、腸は正常なリズムを取り戻し、腸内美人になる訳です。

腸内美人になると、疲れにくい、若返り効果、肌もぴちぴち、ストレス緩和といろんな効果があります。

牛乳って本当に万能食ですよね。

もちろん、腸が正常な動きを取り戻すと、排便効果もあります。

腸のぜん動運動が活発になり、排便が促進されるのです。

 

牛乳飲んで下痢になる場合は気を付けましょう

はじめに冗談で「便秘に下痢は望むところだ!」と書きましたが、冗談です。

下痢になるほど、お腹を下しては、あまり体にはよくありません。

強制的な下痢は、実は腸内にまだ便が溜っていることが多く、便秘解消にはならないのです。

便秘は便を柔らかくし、ゆるやかに排便するのが望ましいことです。

牛乳でお腹を下しやすい人は便秘対策で飲まれる方もいるでしょうが、あまりおすすめはできません。

 

便秘に効く牛乳、それって本当? て話もあります

「けいれん性便秘」「過敏性腸症候群」の場合は逆効果になるケースがあります。

冷たい牛乳の刺激でぜん動運動が活発になり、便秘が改善されることがあるのですが。

けいれん性便秘の場合は、この冷たい刺激が逆に便秘を悪化させる場合があります。

この場合は牛乳をあたためて飲むことをおすすめします。ホットミルクですね。

また「過酸化物質を含んだ牛乳は腸内環境を悪くして悪玉菌を増殖させる」との声もあります。

安易に牛乳を信じてもいいのか? と少し不安になりますよね。

そんな牛乳が体にあわなかったり、不安を感じた人は「ヨーグルト」「カイテキオリゴ」がおすすめです。

 

牛乳が体にあわない方はヨーグルト

牛乳を飲むと、下痢になりやすい方はヨーグルトがおすすめです。

ヨーグルトは発酵食品であり、牛乳よりも下痢を起こしにくいです。

また冷えたヨーグルトが体に悪い場合は、ホットヨーグルトがおすすめです。

電子レンジで人肌にあたためて、ヨーグルトを摂取するのですが、これは実体験からも効果ありです。

ズバッと便秘に効くヨーグルトのとり方

ただヨーグルトよりもおすすめなものがあります。

それは「カイテキオリゴ」です。

 

牛乳が体にあわない方は「カイテキオリゴ」

便秘には「オリゴ糖」が効くと先ほど言いました。

オリゴ糖は善玉菌を増やすので、腸内環境がよくなり、腸のうごきがスムーズになるのです。

でも、牛乳が苦手な方、牛乳で下痢を起こす方はどうすれば良いのでしょうか?

もちろん、ヨーグルトでもいいですが、ヨーグルトも苦手な人は?

いや、ヨーグルトよりも優れた食品はないのだろうか?

オリゴ糖は牛乳のみに含まれた成分ではありません。

いろいろな食材があります。

玉ねぎ、ゴボウ、キャベツ、白ネギ、とうもろこし、じゃがいも、バナナ、大豆などなど。

ですが、私がおすすめするのは「カイテキオリゴ」です。

ずばり腸に届いて、効果はズバッとてき面。

私は愛用していますが、その驚きの効果に驚き、喜び、はしゃいでます。

毎日続けていると重い便秘もかなり改善されてきました。ほぼ便秘ではないかもしれません。

興味あるなーという人は、下記サイトをご覧ください。

「カイテキオリゴ」のお買い求めはこちら

【スポンサーリンク】



ズバッと便秘に効くヨーグルトのとり方

ヨーグルトは便秘に効いて、おいしい

ヨーグルトで甘酸っぱくて美味しいですよね。
私はヨーグルト大好きです。
ハイチュウやぷっちょでもヨーグルト味がでていれば、迷わず手を出します。

そんな私の嗜好はどうでも良いんですが、ヨーグルトって知っての通り便秘に良いんですよね。
では、なんでヨーグルトは便秘に良いのか?

ヨーグルトは善玉菌であるビフィズス菌を豊富に含んでいる

知っての通り、ヨーグルトにはビフィズス菌を豊富に含んでいます。
このビフィズス菌は善玉菌であり、善玉菌が腸にいっぱいいると腸内環境がよくなります。
腸内環境がよくなると、便通が良くなり、便秘解消になります。

しかも、ヨーグルトにはビタミンB、タンパク質、カルシウムなど
健康に良いものがたくさん含まれています。
便秘のみならず、健康のためにもとても良いんですね!

では、どんな効果がヨーグルトにはあるのでしょうか?

【スポンサーリンク】



ヨーグルトで得られる効果

1.便秘に効果があります

これは言うまでもないですよね。
乳酸菌やビフィズス菌が善玉菌を増やし、便秘を解消します。

2.免疫力アップ

乳酸菌やオリゴ糖を摂取して、腸内に善玉菌が増えると免疫力がアップします。
風邪や病気にかかりにくくなり、健康になります。

3.美肌効果

ヨーグルトに含まれるビタミンB2には皮膚や粘膜の健康を維持する効果があります。
また腸内環境が整うと、美肌効果があります。
腸内美人は美人の元、とよく言いますよね。
善玉菌が増えて腸内環境が良好になると、美肌効果は抜群です!

4.ダイエットにも効果あり

腸内環境が整うと、基礎代謝がアップし、やせやすい体に代わっていきます。
健康になり、美肌になり、痩せやすくなるのですから、ヨーグルトは凄いですね。

【スポンサーリンク】



おすすめのヨーグルトのとり方4選

1.ヨーグルトは食後にとる

便秘解消の場合、ヨーグルトは食前よりも食後が効果的です。
食前は胃酸の濃度が高くて、乳酸菌が壊されやすくなっているんです。
だから、胃酸の濃度が低い、食後の方が乳酸菌が生きて腸に届きやすいということです。
ヨーグルトは食後! これは鉄則です。

2.朝食にバナナやりんごと一緒にヨーグルトをとる

ばななやりんごには食物繊維が豊富に含まれており、便秘にとても良いです。
これでヨーグルトの善玉菌であるビフィズス菌がくわわるのですから、便秘が逃げていきます(*’▽’)
朝は一番腸が活発に動く時間帯なので、朝食がとてもおすすめです。
朝食りんごヨーグルトとか売られていますよね。あれは本当におすすめです。

3.オリゴ糖とプルーンと一緒にヨーグルトをとる

正に最高の組み合わせです。
もう何もいいません。善玉菌、食物繊維、オリゴ糖、どれをとっても完璧な便秘解消法です。
オリゴ糖とプルーンは下記リンクからどうぞ
カイテキオリゴのお買い求めはこちら

『やずやのプルーンぷる~んコラーゲン』のお買い求めはこちら

 

4.ホットヨーグルトがおすすめ

ヨーグルトを電子レンジで1秒ぐらい温めます。
あまり温めすぎると、菌が死んじゃうので人肌程度にあたためてください。
ホットヨーグルトは美肌にもダイエットにも効果があり、とても嬉しいヨーグルトです。
食べると体の芯からカッと熱くなり、汗がでてきます。
気軽につくれるのもおすすめですね。
一度、お試しくださいませ。

【スポンサーリンク】



便秘に効くプルーンの効果。美容にまで効果あり!

便秘する人にとって「排便欲求」はすさまじい!

ズーンとお腹が重くなる便秘。
本当につらいですよね。腹痛、腰痛、イライラ~、ストレスたまりまくりです。
スッキリしたいのに中々スッキリしない。

私は思うんです。

よく3大欲求で食欲、睡眠欲、性欲だなんて言われますが、私にとって「排便欲」の方が圧倒的に上です。
ウソを付いたな、3大欲求め!(――〆)
そんなこんなで排便欲求を高らかに叫ぶ便秘三十路女です。どうも、こんにちは。

便秘に悩む私。

ホットヨーグルト、オリゴ糖、生野菜、お水、いろんなものに手を出しました。
もちろん、運動だってしてます。ウォーキングですけどね。
常にアンテナをはって、便秘情報を求めています。

そこで耳にしたのが「プルーン」です。どうも、便秘にプルーンが評判らしいのです。
で、試してみました、プルーン! 
これがなかなか効き目あり、便意と共に排便が……(照)

便秘解消にはもってこいの食材です。
試されたことのない人は一度試してみることをおすすめします。

【スポンサーリンク】



そもそもプルーンって何? なぜ便秘に効くの?

プルーンってブドウじゃないんです( ;∀;) 
ブドウだと思っていました( ;∀;)

プルーンは西洋スモモの果実の総称です。
生のスモモ類をプラム、生の西洋スモモ類とドライフルーツやペースト状にした西洋スモモをプルーンと呼ぶみたいです。
このプルーン、食物繊維が豊富なんです。
やはり便秘と言えば食物繊維ですよね。

またその食物繊維も不容性食物繊維と水溶性食物繊維のバランスが良いあたりが、便秘に効くのです。
食物繊維はとれば良いというもではありません。
便秘がひどい人が不容性食物繊維ばかりを摂ると逆に便秘が悪化するケースがあります。
プルーンのように不容性食物繊維と水溶性食物繊維のバランスが良いと、バランスを気にせず摂取できますので、安心ですよね。

また「ソルビトール」という糖質もふんだんに含まれています。
ソルビトールには緩下作用と呼ばれる便秘改善効果があります。
ただし、取り過ぎると下痢のようになりますので、プルーンが良いといっても摂り過ぎには気を付けましょう。

このソルビトールと食物繊維のおかげで、プルーンエキスには便秘解消に即効性があります。
私もおどろくほど速く便意をもよおしました。
さらに「抗酸化作用」があります。
抗酸化作用はアンチエイジングにもってこい。
女性だけではなく、最近では男性でも嬉しい効果ですよね。

便秘解消するだけではなく、お肌も美しくなることは女性の夢です。
男性だって便秘解消して、肌が綺麗になれば嬉しいですよね。

【スポンサーリンク】



プルーンはいつ食べれば良い?

プルーンはいつ食べれば良い? と聞かれることがあります。
基本いつでもOKです。
ですが、カロリーがありますので、夜寝る前などは避けた方が無難かもしれません。

一番良いのは朝にヨーグルトと共にとるのが便秘生活には良いですね。
私はいつも朝にとってます。

妊娠・産後での便秘にもプルーンがききます。

やはり自然由来の栄養素は妊娠の時など、身体がいつもと違う時にこそ効果がありますよね。
妊娠中は便秘になりやすくもなり、気持ちもナーバスでストレスがたまります。
そんな時にこそプルーンで便秘改善をはかるのもいいかもしれません。

ただ何ごとも食べ過ぎることはほどほどにした方が良いです。
念のため、どの程度摂取していいかどうか産婦人科の先生に聞くのが良いです。

赤ちゃん・子供の便秘にもプルーンが効きます。

2度目ですが、やはり自然由来の栄養素は安心して食べられるのが利点ですよね。
赤ちゃんの便秘は放っておくと重症化しやすいですし、赤ちゃんも痛みで苦しみます。
プルーンを与えることによって、腸内改善を促し、スムーズな排便生活ができるようにしてあげましょう。

プルーンには鉄分が豊富に含まれていますので、貧血対策にもいい

鉄分もあり、便秘改善効果もあり、抗酸化作用もあり、女性には嬉しいことだらけですよね。
鉄分が豊富に含まれていますので、便秘だけではなく、貧血に悩まれている方にもおすすめです。

プルーンのデメリット

プルーンは便秘にききますし、健康にも良いのですが、カロリーが高めです。
肥満であったり、糖尿病を気を付けていたりする人は、摂取量を意識した方がいいです。

プルーンには鉄分も含まれていますが、タンニンと一緒に摂取すると、鉄分の吸収を妨げられます。
これはコーヒーに含まれるタンニンが鉄の吸収をおさえるからです。
プルーンを摂る時、タンニンを含むコーヒー、お茶、ワイン、柿などとは一緒に摂らない方が良いでしょう。

しかし、デメリットを補ってあまりある便秘改善能力があるのは確かです。
プルーンがあたなの便秘体質を変えるかもしれません!(*’▽’)

「やずやのプルーンぷる~んコラーゲン」がおすすめ

この記事を読まれて、本格的にプルーンを試してみようかな? と思われたあなた。
あなたに朗報です!
私はプルーンをとってますが、それは「やずやのプルーンぷる~んコラーゲン」を摂ってます。
名前の通り、コラーゲンが入ってます。ああ、嬉しや。

プルーンが便秘に効果があることが分かりましたが、コラーゲンを入れることで肌までぷる~んです。
腸内美人だけではなく、調子に乗って美人になっちゃいましょう♪

プルーンの効果+コラーゲン、身体のため、健康のため、便秘のため、美容のためなら、これはおすすめですよ。
しかも、カロリーも低めで、ダイエット中にも最適です。
「やずやのプルーンぷる~んコラーゲン」の詳しい内容は下記リンクから、ご覧下さい。
やずやのプルーンぷる~んコラーゲンのお買い求めはこちら

【スポンサーリンク】



ズバッと便秘解消する食事とは?

オリゴ糖で善玉菌(ビフィズス菌)を増やそう

便秘にてき面な効果があるといえば、オリゴ糖です。
腸内の善玉菌(ビフィズス菌)はオリゴ糖を食べて、その数を増やします。そうなることで腸内環境が改善され、便秘解消になる訳です。

オリゴ糖は以下の食物に含まれています。
・とうもろこし
・にんにく
・ネギ
・納豆
・アスパラガス
・玉ねぎ
・ゴボウ
・バナナ
・りんご
・豆乳
・はちみつ など

特に朝食に「バナナ+豆乳」にするのは便秘解消の魔法朝食メニューです。
朝食メニューを改善するだけでも、便秘解消した。という人も多くいるほどです。
便秘に悩まれている方は一度お試しいただければと思います。

 

発酵食品で乳酸菌を摂ろう

乳酸菌は、オリゴ糖と同様に腸の中で善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。
乳酸菌にはヨーグルトやチーズなど動物の乳を主にする「動物性乳酸菌」と。
味噌や漬物、キムチなど、ブドウ糖などを栄養にして増殖する「植物性乳酸菌」があります。

最近の研究では、後者の「植物性乳酸菌」の方が腸の環境に良いということが分かっています。
これは動物性謬参勤は腸に届く前に死んでしまい、腸までうまく届かないからです。

逆に植物性乳酸菌は乳酸菌の中でも生命力が強く、酸やアルカリ、温度変化に強いため、胃や腸で死滅することなく、生きたまま届くのです。

ぜひ、植物性乳酸菌を含む「発酵食品」を食べるように心がけましょう。

【スポンサーリンク】




 

食物繊維を摂ろう

食物繊維には排便をうながす効果があります。
また食物繊維は便秘だけではなく、肥満や生活習慣病にも効果があることが分かっています。いわゆる現代病に効果抜群です(*’▽’)

食物繊維が豊富な食材は「食物繊維 豊富」「食物繊維 レシピ」でたくさん出てきます。
この記事で網羅していこうと思ったのですが、情報量が追い付かないので、インターネットで調べた方が速いです。

代表的なところですと、ゴボウ、コンニャク、ほうれんそう、玉ねぎ、キャベツ、ニンジン、長ネギ、ジャガイモ、セロリ、カボチャ、シイタケ、ピーマン、トマト、リンゴ、マンゴー、ブルーベリー、イチゴ、バナナ、パイナップル、キウイフルーツなどがあります。

オリゴ糖も優秀だったリンゴ、バナナはやはり便秘万能食品ですね♪

効果絶大「オリーブオイル」

オリーブオイルをたっぷり塗ったパン。
おいしいですよね。
これが便秘にてき面に効きます!

オリーブオイルを飲んで便秘解消をした人は多いでしょう。
オリーブオイルは自然の下剤薬と呼ばれるほど、昔から便秘界では注目されていた食材です。
オリーブオイルは腸までとどき、腸のうごきをなめらかにする効果があります。そうすることで便の動きがスムーズになり、便秘が治る訳ですね(*’▽’)

子供の便秘の際に私もオリーブオイルを少しつけて、子どもに食べさせていました。
子どもにも安全して食べさせることができるので、おすすめです。

マグネシウムは腸の動きをよくする

マグネシウムはミネラルの一種で、腸の動きをよくする作用があります。
口に入ったマグネシウムは25~60%は小腸に吸収されますが、マグネシウムは大腸に移動し、大腸にある水分をたっぷりと吸いながら、便をやわらかくしようと働いてくれます。
便秘だけではなく、体温や血圧の調節や筋肉を弛緩させるなど体の代謝をよくする効果があります。

ちなみにマグネシウムが多い食材は、ひじき、わかめ、焼きのり、あさり、きな粉、昆布、ホウレンソウ、玄米、納豆、カキ(貝類)、カツオ、干し柿、バナナ、さつまいも、落花生。

気づきましたか?

ここでもバナナがでてきます。
バナナは本当に便秘にいいですよね。
バナナにオリーブオイルをつけて、食べれば完璧ですね!(笑)

日本人大好き、ビタミンCも便秘に効果あり!

ビタミンCが足りていない人はいないってくらいに、日本人はビタミンCが好きですよね。
でも、あなたがもしビタミンC不足であるなら、それが便秘の原因になっているかもしれません。
ビタミンCは美容や風邪などだけではなく、便秘にもききます。

なぜ、ビタミンCが効果あるのか?

それはビタミンCの主成分であるアスコルビン酸は腸に入ると、乳酸菌のえさとなり、腸内の善玉菌を増やすからです。
また腸内に吸収される時にガスを発生しますが、これが腸の動きを活発にさせる働きを持っています。
さらにアスコルビン酸には硬い便を、やわらかくする作用があることも確認されています。

ビタミンCは取り過ぎても、取り過ぎた分は体外に排出されるので少し多めにとっても特に問題ありません。
もともと日本人はビタミンCを過剰摂取し過ぎとも聞きますが、問題ありません。

ビタミンCが豊富な食材は、赤ピーマン、芽キャベツ、パセリ、ブロッコリー、ニガウリ、キウイ、いちご、レモン、アセロラなどです。

意識して採るようにしましょう。
ビタミンCはストレスによっても消費されるので、ストレスを感じやすい人は多めにとるのがいいでしょう。

 

便秘解消の食事まとめ

☆オリゴ糖
☆乳酸菌
☆食物繊維
☆オリーブオイル
☆マグネシウム
☆ビタミンC
これらを摂取することで自然に便秘が回復します。
頑固な便秘、慢性的な便秘、便秘体質も、ほとんどのものは治るものです。
私もまだまだ便秘体質ですが、一緒に快便体質を目指して頑張りましょう!

【スポンサーリンク】