にがりは便秘に効果あり!その理由と注意点とは?

にがりはダイエットだけではなく便秘にも効きます

「にがり」といえば「にがりダイエット」が有名ですよね。

液状のにがりを用意して、ミネラルウォーターを用意して、混ぜ混ぜして作るんです。

ダイエット効果があり、噂では一か月で5キロやせた人もいるようです。

このにがりですが、便秘解消にも効果があります。

しかし、飲み方によって危険なこともありますので、この記事でご説明します。

 
【スポンサーリンク】




 

そもそもにがりとは何だ?

にがりとは、海水を凝縮してできた液体のことです。

味はその名の通り、苦いです。

29種類もの必須ミネラルが含まれており、天然サプリメントとも呼ばれています。

まずいが、栄養がある。まさに良薬口に苦し、ですね。

 

にがりの塩化マグネシウムが便秘に効果あり

にがりと効いて、一番最初に思いつくのは「豆腐」だと思います。

にがりは豆腐の凝固剤として知られています。

ほとんどの人はにがりを飲むという発想がないと思います。私はそうでした。

便秘に効果があるのは、このにがりの「塩化マグネシウム」なんです。

塩化マグネシウムを摂取すると、腸内の塩分濃度を下げる効果があります。

その結果、水分が腸内に取り込まれ便がやわらかくなり、便秘が解消します。

ただし、にがりには注意点もあります。

 

にがりの注意点!

にがりは塩分を多く含んでいます。

その為、高血圧や心臓疾患、腎臓疾患がある人にはおすすめができません。

またにがりを摂取すると便秘が治るどころか下痢になってしまう人もいます。

これは個人差がありますが、下痢になってしまう場合は、やめるようにしましょう。

くわえて、にがりを飲むことで排便をするようにしていると、にがりがないと排便をできない体になってしまう可能性があります。自然な排便が一番良いですので、あまりにがりに頼り過ぎない方が良いです。

食物繊維であるとか、乳酸菌であるとか、オリゴ糖であるとか、もっと腸内環境を整える便秘解消法の方が私としてはおすすめです。

 

にがりの飲み方

にがりを飲む際で絶対やってはいけないこと、それは「原液のままで飲まないこと」です。

そんな馬鹿な奴はいるものか!

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、便秘に効くとなると、濃い目の方が効果があると思われる方もいるんです。

そういう方は原液で飲んでいる方は、現在にもそれなりにいるでしょう。

原液で飲んでしまうと、にがりは効果が非常に強いですし、塩分も多いので、胃腸が荒れてしまいます。

「コップ半分に2、3滴ぐらいの量で飲むようにしましょう」

上にも書いたにがりの注意点にあるように、にがりにはデメリットもありますので、気を付けましょう。

原液で飲むのが危険なように、大量に飲むのももちろん危険です。

体がマグネシウム過多になりますので、コップ半分の量を2~4杯飲む程度に抑えましょう。

毎日継続的に「にがり」を飲むことは体に良いです。

 

にがりは便秘だけではなく、ダイエットにも効果があります

はじめにもいいましたが、にがりはダイエットにも効果があります。

むしろ、便秘解消よりダイエットに効果があると知っている人の方が多いでしょう。

にがりはマグネシウムが含まれているといいましたが、これがまたダイエットに役立ちます。

マグネシウムが不足すると、中性脂肪を分解する酵素の動きが低下します。

マグネシウム不足を解消することで、脂肪代謝が活発になり、やせるということです。

ただし、このマグネシウムも摂りすぎると肥満の原因になります。

にがりの注意点、飲み方でも伝えましたが、にがりはほどほどにが大事です。

 

にがりは他にもこんな効果があります

マグネシウムの効果になりますが、

ぜんそく、

偏頭痛、

糖尿病、

不整脈、

生理症状の軽減、

骨粗しょう症予防などに効果があります。

またミネラルも豊富に含まれているので疲労回復にも役立ちます。

 

にがりを賢く飲んで、便秘解消、ダイエットにいそしみましょう♪

【スポンサーリンク】



便秘薬ダイエットは絶対におすすめできません

便秘薬ダイエットは当サイトではNG

便秘薬に頼りすぎるのはおすすめできません。

便秘薬に頼るのはいざという時のみにした方が体にいいです。

まして便秘のためではなく、ダイエットの為だなんてやめた方が良いです。

これは便秘薬だけではなく、下剤でも同じことがいえます。

下剤ダイエットは絶対ダメ! その恐ろしい副作用!

ちなみに便秘薬と下剤の違いって分かりますか?

私は分からなかったので、今回調べてみました。

 
【スポンサーリンク】




 

下剤ってなに?

便秘になって初めて使う薬です。

お腹を冷やしたり、刺激したりして、強制的に排便を促します。

習慣的に飲んでいると、腸が自然に排便をしなくなってきます。

下剤を飲まないと、排便ができない体になり、便秘体質になります。

 

便秘薬ってなに?

飲む量が調節でき、排便をコントロールすることができます。

便秘薬にはお腹を冷やすものと温めるタイプなど色々とあります。

うまく使えば問題ないのですが、やはり下剤と同じく頼りすぎるのはNGです。

便秘薬を飲まないと、便意があっても、排便ができなくなります。

 

便秘薬を使いすぎると、自己排便能力がなくなる

腸は排便を促すために日々働いています。

しかし、そのお仕事を便秘薬にとられてはいかがでしょうか?

面倒くさい仕事をしなくても、特に誰にも怒られないのです。

そうなると、腸はニートになります。働きません。

もともと腸に備わっている自己排便能力がなくなっていくのです。

便秘薬という強制的な排便は、デメリットの方が多いです。

ただ便秘の人にはこれ以上ないくらいに魅力的です。

排便ができるのですから。

しかし、それは覚せい剤にはまる人間と同じ思考回路です。

楽をしてはいけない、とは言いませんが、身体に悪い便秘解消をしてはいけません。

より便秘体質になり、肌がぼろぼろになり、ストレスはたまり、体調も悪い。

それが毎日続くようになるのです。

出来る限り、自然に排便ができるように努力しましょう。

 

便秘薬ダイエットの落とし穴

体に悪い割にやせるとは限らない。

またたまっていた便が排便されて体重やぽっこりお腹が治るだけで根本的なダイエットにはならない。

便秘薬依存すると、排便機能が衰え、便秘になりやすくなります。

すると、美容目的にはじめたダイエットが逆転します。

便秘になると肌は荒れて、老けやすくなります。

しかも、大腸ポリープや大腸がんなどのリスクを増えます。健康を阻害されるのです。

美しくなりたい便秘薬ダイエットが、実はたいした効果はなく、デメリットばかりなのです。

 

ダイエットは適度なカロリー制限と運動がおすすめです

腸内環境を整えると、便秘も治り、やせやすい体質になります。

肌も綺麗になり、若々しく、ダイエットにもなるのです。

私のおすすめはバナナかリンゴとヨーグルトを朝食に摂ることです。

ヨーグルトはできれば糖抜きがいいですね。

あとは適度なカロリー制限をすれば、人間痩せれるものです。

運動としておすすめなのは「オチョダイエット」です。

腰をまわすダイエットなのですが、具体的な方法は動画リンクをはっておきます。

こちらをご覧くださいませ

 

私もオチョダイエットは毎日しています。

心なしか腰回りが痩せたように思います。

それか便秘対策をしているから痩せているのかもしれませんけどね。

 

ダイエットは健康的にしましょう

どうせダイエットするなら美容にも健康にもよくするのが一番です。

体に悪いダイエット、美容に悪いダイエット。便秘薬ダイエットはやめましょう。

下剤ダイエットはやめましょう。

ダイエットも正統派が美容にも健康にも良いです。

適度なカロリー制限、スポーツです。

また何度がいっていますが、便秘を解消すること=腸内環境をよくすると太りにくい、痩せやすい体質になるのでダイエットにはおすすめです。

このサイトでは便秘解消に関するさまざまな情報を提供しています。

いくつかリンクを貼っておきますので、ご興味があればご覧ください。

 

便秘解消おすすめ記事

マッサージで便秘を解消

便秘マッサージで今すぐドドドッと快便

便秘をマッサージで簡単に解消します。私もよくしているマッサージですが、効き目はそこそこ良いので、おすすめです。試したことのない人は試されるのをおすすめします。

 

プルーンで便秘を解消

便秘に効くプルーンの効果。美容にまで効果あり!

便秘に強烈に効くプルーン。その魅力、その効果を書いています。

 

病院で便秘を解消

便秘で病院に行くのを恥ずかしがらないで

便秘で病院に行くことに抵抗を感じている人がいますが、気にしないで病院にいきましょうって内容と、病院依存はしてはダメだよ、って記事。

【スポンサーリンク】



下剤ダイエットは絶対ダメ! その恐ろしい副作用!

本当は恐ろしい下剤ダイエット

私は下剤だエイッとをしたことはありません。
しかし、世の中、下剤でダイエットをする人がそれなりにいるらしいです。

ひょっとしてこの記事を読まれているあなたが「その人」でしょうか?

食べたものを無理やりに下剤で押し出す下剤ダイエット。
もちろん、効果はあります。
食べたものを吸収もあまりさせずに排便するのですから……。

しかし、私は「ダメ、危険ですよ」と声高々に申し上げます。

絶対にやめましょう。
そんなことよりも腸内環境をよくした方がずっとダイエットになります。
下剤は排便をしやすくするだけで、デメリットはないと思っていませんか?

私の友人にもデメリットはないと信じていた人がいました。
その友人は今や、極度の便秘体質になり、下剤なしでは排便もままならなくなっています。
いつも腹痛と腰痛をうったえ、自然にしたくてもできず、いつも下剤を持ち歩いています。

彼女はやせました。
ある意味、ダイエットには成功したようです。確かにやせた、やせました。
しかし、肌も荒れており、人一倍老けたように見えます。

ダイエットという美容の為に始めた下剤ダイエットが、アンチ美容になるのですから、不憫で仕方ないです。
しかも、下剤ダイエットには個人差があり、まったく痩せない人もいるのです。

なぜこのような目にあうのでしょうか?

【スポンサーリンク】



下剤に頼り過ぎると、腸が働かなくなる

下剤は排便を無理やり促すものです。
頑固な便秘になり、たまに使うのはOKです。
私としてはオリゴ糖や乳酸菌、食物繊維、お水を使っての食事改善の方をおすすめしますが、緊急用としては良いでしょう。

しかし、下剤を頻繁に使うようになると、ダメです。
自分で排便する癖をつけなくては、大腸、小腸が排便をすることを忘れてしまいます。
つまり、下剤にばかり頼っていると、腸が働かなくなるのです。

そうすると、どうなるでしょうか?

便秘になり、栄養吸収が悪くなり、疲れやすくなり、老けやすくなります。
下剤ダイエットはダイエットのみに効果あり、それ以外の美容には明らかな悪影響を与えます。

絶対にやめましょう!

友人は下剤ダイエットをしていたからこそ、その苦しみは分かっているつもりです。
特に便秘は私自身なっており、その苦しみは分かります。

【スポンサーリンク】



便秘になると様々な症状に悩まされます。

腸内美人は美人の元、といいますが、便秘になると美容がかなり損なわれます。
腸内に便が溜りやすくなり、常に毒素が体の中で蔓延するようになります。
体の中から汚れていくのですから、表面の肌にいずれ深刻的なダメージを与えるのは自明の理ですよね。

他にも便秘になると、頭痛、腹痛、腰痛、肩こり、太ももの違和感などにはじまり。
イライラする、ストレスがたまる、身体が重い、疲れやすい。大腸ポリープや大腸がんなどのリスクも高まる。
と、いいことなんて一つもありません。

それでも下剤ダイエットがしたいのであれば、どうぞご勝手に……!

なんて言えません。
本当につらい症状なんです、便秘というものは。
下剤ダイエットで苦しみに向かう人をなかなか放っておけません。

頑固な便秘体質であり、スーパー便秘のがちがち便を腸にためている私としては便秘になる可能性がある人を止めたくて仕方ありません。

下剤ダイエットをするぐらいならオリゴ糖を飲もう

オリゴ糖にはカロリーがあり、少し太ってしまうリスクは確かにあります。
しかし、腸内環境がよくなり、排便もスムーズになると、ダイエットにもつながります。
しかも、腸内環境がよくなるのですから、先ほどのべたデメリットがすべて逆転します。

腹痛をあまりおこさなくなる。
疲労回復がはやくなる。
あまりイライラしなくなる。
栄養吸収があがり元気になる。
肌がつやつやする。
やせやすい体質になる。
がんになるリスクが減少する。
他にもいろいろなメリットがあります。いいことずくめです。

特におすすめなのが「カイテキオリゴ」です。
私が愛用しているのもその理由の一つですが、その効果は客観的にみても明らかです。
なぜならオリゴ糖商品で日本で一番売れている商品だからです。
新規購入ばかりではなく、リピータが多い。つまり、効果を実感している人が多いという証になります。
便秘にお悩みの方のみならず、美容のためにも一度ご覧いただければと思います。
詳しい内容を下記リンクしておきました。どうぞご覧ください。
カイテキオリゴのお買い求めはこちら

下剤ダイエットには手を出さない方が良い、ということがこの記事をもって伝われば嬉しいです。
もしそれでも下剤ダイエットに興味ある人は「下剤 ダイエット 口コミ」で検索してみてください。

悪い情報がたくさん載っています。

ダイエットをするにも「体に悪いことをしてダイエット」ではなく、「体に良いことをしてダイエット」をすることを強く意識してください。
安易に痩せたいという思いだけで、肌がぼろぼろになったり、不健康になったりしたら、意味がありません。

あなたの彼氏や彼女、好きな人もそうなるあなたを望んではいないはずです。
下剤なんて使わずに、スムーズに排便ができる生活をするようにしましょう。
そのためにこのサイトは存在するといっても過言ではありません(*’▽’)

便秘に関するさまざまな情報を提供していますが、逆に言えば健康的な排便をするための情報をたくさん書いてます。

ぜひ、他の記事もご覧くださいね(*’▽’)

【スポンサーリンク】