便秘は不健康、腸内美人で美貌も健康も手に入れよう

【スポンサードリンク】



腸はとても大事な器官です

超は人間の器官の中でもとても大事な器官です。
なぜなら、栄養を吸収する器官だからです。

もし、栄養が吸収できなければどうなりますか?

健康を阻害し、体調が悪くなるでしょう。
肌の修復がされずに、肌がぼろぼろになるでしょう。
栄養が吸収されず、疲労回復されず、常に疲労感にさいなまれるでしょう。
疲労感がずっとあるため、精神的にも阻害され、うつ病になる可能性もあります。

このように腸が悪くなると、それだけで悪いことがたくさんあります。
健康も、美貌も、体調も、腸が元気であれば、解決するものも多いです。
なによりも怖いのは腸が悪ければ、「大腸がん」などの怖い病気にかかる可能性もあります。

私も下痢、便秘に悩まされ、痔にまでに悩まされ、出血をしました。
その時は大腸がんではない、とのことで、安心しています。

ただ下痢や便秘で、腸の吸収が悪くなったり、痔になったりしています。
では、どのようにすれば、腸はよくなるのでしょうか?

これを読めば大丈夫! 便秘解消マニュアル!

私がつくった便秘解消マニュアルです。
便秘解消は、腸の改善につながり、下痢改善にもつながります。
便秘と下痢は表裏一体です。
腸が元気になれば、どちらも回復します。

以前にがんばって書いた記事ですが、今でも十分に役立つと思います。
目次も用意しているので、流し読みしていただいても良いと思います。

⇒これを読めば大丈夫! 便秘解消マニュアル!

便秘に効くのは便秘茶です

便秘に効くのは当然ながら便秘茶です。
腸を健康に保つためにも、普段から飲まれることをおすすめします。
腸の健康は体の健康、心の健康、美の健康につながります。

私自身も便秘茶を飲むようになり、便秘と下痢がなおりました。
おかげで痔や出血なども治り、たぶん大腸がんの心配もなくなりはじめました。

腸が汚れていると、本当にそれだけで人生損します。
なによりも疲労感があるのが辛いですよね。
またトイレでストレスがたまるのが、つらいです。
便秘でも下痢でもいきまなくてはいけませんし、それが痔につながります。

と。

前置きが長くなりましたが、私のおすすめの便秘茶を3つ紹介します。
これも以前に記事で書いたものですので、そのリンクを貼ります。
参考になると嬉しいです。
またそれぞれの便秘茶の口コミ評判も多数載せていますので、参考にしてください。

⇒便秘茶おすすめランキングBEST3

腸を綺麗にして、人生を豊かにしましょう。

何度もいいますが、腸が綺麗になると、
健康になり、疲労も回復し、肌も綺麗になります。
男性にとっても、女性にとっても大事なアンチエイジングです。

私も腸を綺麗にしてから、顔の肌が綺麗になったように感じます。
また疲労感はなくなり、トイレでのストレスもなくなりました。
ヨーグルト、便秘茶、ビオフェルミン、なんでもいいですから、なにかを始めてください。

特に便秘、下痢で悩まれている方はきっと何かが変わりますから。

【スポンサードリンク】



糖尿病になると便秘や下痢に。その対策方法とは?

糖尿病が便秘につながるのは自律神経が原因

糖尿病になると、便通に問題のなかった人が急に便秘になったりすることがあります。

逆にそれまで下痢でなかった人が、下痢になったりすることがあります。

なぜ糖尿病で、このように急にお腹の調子を崩してしまうのでしょうか?

それは糖尿病の合併症である糖尿病性神経障害により、自律神経障害が進むためです。

ある便秘外来の先生に言わせると、便秘に悩まされている患者さんの自律神経バランスはほとんど崩れているそうです。

自律神経は血液循環、呼吸、体温維持などの生命維持のために大切な機能をコントロールするものです。

交感神経と副交感神経という反対の動きをする神経がバランスよく働いているのが理想です。

この自律神経バランスが崩れると、腸のぜん動運動が鈍くなり、下痢や便秘につながるのです。

だから、糖尿病性神経障害によって自律神経障害が進んだ人は下痢や便秘につながりやすいのです。

でも、なんで便秘の人と下痢の人と別れるのでしょうか?

 
【スポンサーリンク】




 

便秘になるか、下痢になるかは個人差。

個人差というと身もふたもないですが、自律神経が崩れて、どのような影響を与えるかはなってみないと分かりません。

ちなみに便秘、下痢になる理由は以下のようになります。

糖尿病性神経障害による自律神経バランスの崩れにより、胃腸も影響を受けます。

胃腸などの消化器官の動きが遅くなると、便秘になります。

逆に胃腸などの消化器官の動きが速くなると、下痢になります。

普段は自律神経のもとで、ちょうどいい速度で胃腸も動いているんですね。

便秘も自律神経が崩れている方が多いようですので、生活習慣を正すだけでも便秘解消につながります。

 

糖尿病で便秘になるのは食事制限も関わりがあります

糖尿病になると食事の制限が厳しくなり、今まで食べていた量の半分ぐらいになることもあります。

ただ食事の量が減ってしまうと、便秘になってしまうリスクをはらむのです。

なぜかというと、今までに比べて食事量が減り、腸に与える刺激が減るからです。

腸に刺激があまりないということは、腸があまり働いてくれないということです。

働いてくれないということは便通が滞り、便秘になってしまうということです。

では、どうすれば良いのかというと。

 

食事改善はお医者さんに相談

便秘対策で食事改善は基本中の基本です。

生野菜や果物、ヨーグルトや味噌などさまざまなものが便秘に効きます。

しかし、独断では判断せずに、お医者さんに「便秘ですが、どのような食事改善が好ましいですか?」と質問するのが一番良いです。

糖尿病は大きな病気です。自分で判断せず、お医者さんの判断を仰ぎましょう。

カロリー制限とか、糖尿病に悪いものは避けるようにしましょう。

ネットで見るとコンニャクや海藻が良いみたいです。

コンニャクは基本とけずに腸の便を押し出しながら、排便されるのが便秘解消にはもってこいです。

もちろん、カロリーもほぼないですし、おすすめの食材の一つですね。

 

水をたっぷり飲んで、スポーツをする

水をたくさん飲むことは便秘に効果があります。

腸の中で固くなった便は水分がない状態なので、そこに水分を与えてやるのです。

またウォーキング、ジョギング、テニス、バドミントンなどのスポーツをすると腸が活発に動き、排便がスムーズにいくようになります。

糖尿病の場合は食事改善よりも、水やスポーツなどで改善をはかった方が良いかもしれません。

 

私のおすすめは「カイテキオリゴ」です。

オリゴ糖は腸内の善玉菌を増殖させ、腸内環境を良好に保ちます。

つまり、便秘や下痢に効果があるのです。

カイテキオリゴは腸内の善玉菌30種類以上と相性が良く、日本一売れているオリゴ糖です。

私も毎日、摂取しています。

ネット調べですが、オリゴ糖を摂取したからといって、体内の血糖値はあがりません。

カロリーも低めなので、糖尿病の方にもおすすめできる栄養素だそうです。

心配な方は念のため、お医者さんに相談してから摂取するようにしましょう。

カイテキオリゴのお買い求めはこちら

 

便秘薬や下剤に頼り過ぎない

→下剤の服屋作用

糖尿病で便秘になったからと、便秘薬や下剤に頼りすぎないでください。

便秘薬や下剤に頼り過ぎると、より便秘体質になります。

体が、便秘薬や下剤に慣れてしまうと、腸が便秘薬や下剤を摂取しないと排便できなくなってきます。

糖尿病の食事制限で鈍った腸機能が、便秘薬や下剤によってさらに鈍ってしまうのです。

どうしても仕方なく、たまにの使用なら良いですが、毎日や2日に1回など頻繁に利用はしないでくださいね。

私の友だちはこれで自然に排便ができなくなりました。

 

糖尿病と便秘の関係まとめ

○糖尿病になると、下痢や便秘になることがある。

○糖尿病になると、食事制限により、腸機能が鈍り、便秘になる

○糖尿病性神経障害により自律神経バランスが崩れ、下痢や便秘になる

○食事改善をする場合は、お医者さんに相談をすること。

○水をたっぷり飲み、運動をすること

○カイテキオリゴがおすすめ

○便秘薬や下剤に頼り過ぎないこと

 

以上です。

糖尿病も便秘も、すっぱり解消するように頑張りましょう。

【スポンサーリンク】