妊婦さんの便秘解消はやさしいやり方でGO!

私の友人の妊婦さんも便秘でした

私の友人の妊婦さんも、妊娠してから便秘に悩まされています。
ただでさえお腹に赤ちゃんがいるのに、腸に便がたまるのですから、大変です。

いつも辛い辛いと嘆いていました。
そこは便秘のスペシャリストの私(自称)、相談されては何とかしなきゃとあの手この手を使いました。
その結果、彼女の便秘は解消し、赤ちゃんも無事生まれました。
すばらしいことですね。

では、どのようにして、妊婦の便秘を解消したのでしょうか?
その前になぜ妊婦は便秘になりやすいのか、その原因を考えます。

【スポンサーリンク】



妊婦が便秘になる原因

女性は妊娠するとお腹が大きくなります。当然ですが、臓器が圧迫されます。
大腸や小腸が圧迫されると、腸が動けなくなり、排便がうまくいかなくなります。
すると、腸に便が溜るようになり、便秘につながるのです。

妊娠をきっかけにして便秘になってしまう方は実に9割以上といわれています。
もの凄い割合ですね。
それまであまり便秘に縁がなかった人も油断せずに早期に便秘解消をする必要があります。

便秘になると、腸の中に毒素がたまります。
血液は汚れ、身体の動きは悪くなり、赤ちゃんをも圧迫されます。
そうなると、最悪「流産」をしてしまう可能性があります。

便秘の初期症状

妊婦の便秘解消は早期に改善することが大切です。
・何週間も排便が来ない
・お腹の張りや不快感を感じる
・排便はあるけど、うさぎのようなコロコロした便が出る
・少しの排便はあるけど、残便感がある
・腸がつまっている感じがあり不快
・便意はあるが、固すぎて出てこない

このような症状がでてきたら、便秘になっている可能性があります。
重くならないうちに便秘対策をしましょう。

【スポンサーリンク】



便秘を治すのは正攻法が大切。下剤はあまりおすすめできません

便秘を治そうと、すぐに下剤に手を出してしまう人がいます。
しかし、私はあまりおすすめはしません。
もちろん、緊急事態であるとか、もう仕方ない!って段階になれば下剤も仕方ないです。

しかし、下剤に頼り過ぎると、腸の排便する機能が衰えてしまいます。
つまり、下剤はその場限りは便秘を回復させますが、
あまり使いすぎると便秘を慢性化させる効果があります。

なぜかというと下剤は無理やり排便を促すもので、
腸の自然な動きによって排便をするものではないからです。

だから、下剤に頼りすぎるのはやめましょう。
体にも悪いですし、大切な体なのですから、慎重に便秘を治しましょう。

妊婦さんにおすすめの便秘解消対策!

妊婦さんにおすすめなのは体に負担なく、自然由来の栄養素を体に入れることです。
私が友人に教えて、実際に改善できたアドバイスを載せておきます。参考にしていただければ幸いです。

1.軽めのストレッチをしよう

妊婦になり体の筋肉が衰えてくると、便秘になりやすいです。
妊婦とはいえ、軽めのストレッチをして、筋肉を維持するようにしましょう。
そうすることで腸の動きの活発になり、便秘解消につながります。

2.水をこまめに取ろう

水は人間にとって大切なものです。
便を柔らかくする効果もあり、口にすれば腸の動きを活発にさせる行為もあります。
あまり冷えた水を飲むと子供にも腸にも悪いですから、できれば常温の水をこまめに飲むようにしましょう。
便秘には軟水よりも硬水が効果あります。

3.食物繊維を摂ろう

食物繊維は便秘にはてき面に効きます。
野菜を好き嫌いせず、取るようにしましょう。
肉中心の食事にすると便秘になりやすいので気を付けてください。

果物も良いです。
特におすすめなのはバナナやりんごを朝に摂ることです。
できればヨーグルトと一緒に摂れば乳酸菌も摂取できます。
そうなると腸内の善玉菌が増え、腸内環境がとてもよくなります。

4.オリーブオイルをたくさん摂ろう

たくさん摂ろうは少し言い過ぎですが、意識して摂ることが大切です。
パンに塗りたくって食べたりするのがおすすめです。
オリーブオイルは便通をスムーズにして、便秘を解消させる効果があります。

5.オリゴ糖を摂ろう

私のおすすめは「カイテキオリゴ」です。
私の友人にも効きましたし、私も普段から愛飲しています。
オリゴ糖は腸の中の善玉菌(ビフィズス菌)を増殖させる効果があります。
善玉菌が増え、腸内環境が良くなれば、もちろんですが、便通が良くなります。
カイテキオリゴについての詳細は下記リンクをご覧いただければ、嬉しいです。
カイテキオリゴのお買い求めはこちら

6.プルーンを食べよう

プルーンもとてもおすすめです。
まず食物繊維が豊富です。また「ソルビトール」と呼ばれる糖質が豊富に含まれています。
このソルビトールは緩下作用と呼ばれる便秘改善効果があります。
また抗酸化作用があり、若返り効果もありますので、美容にもとてもおすすめです。
プルーンについてはもっと詳しく書いた記事があります。
興味がある方はどうぞ。
便秘に効くプルーンの効果。美容にまで効果あり!

プルーンもそのまま食べてもいいですが、カロリー低くして、栄養を抽出したものもあります。
しかもコラーゲンまで入っている女性の味方。
それが「やずやのプルーンぷる~んコラーゲン」です。
詳細は下記リンクをご覧いただければ、嬉しいです。
『やずやのプルーンぷる~んコラーゲン』のお買い求めはこちら

妊婦さんはとても大事な体、慎重に便秘解消しましょう

便秘はこじらせると、本当につらい症状がたくさんでてきます。
頭痛、腹痛、腰痛、肩こり、吐き気、立ちくらみ、疲労感、うつ症状などなど。
はやめはやめに便秘を解消することは母体のみならず、赤ちゃんのためになります。
しっかり便秘対策をして、健康な赤ちゃんを産みましょう。
こころよりお祈りします。

【スポンサーリンク】



便秘に効くプルーンの効果。美容にまで効果あり!

便秘する人にとって「排便欲求」はすさまじい!

ズーンとお腹が重くなる便秘。
本当につらいですよね。腹痛、腰痛、イライラ~、ストレスたまりまくりです。
スッキリしたいのに中々スッキリしない。

私は思うんです。

よく3大欲求で食欲、睡眠欲、性欲だなんて言われますが、私にとって「排便欲」の方が圧倒的に上です。
ウソを付いたな、3大欲求め!(――〆)
そんなこんなで排便欲求を高らかに叫ぶ便秘三十路女です。どうも、こんにちは。

便秘に悩む私。

ホットヨーグルト、オリゴ糖、生野菜、お水、いろんなものに手を出しました。
もちろん、運動だってしてます。ウォーキングですけどね。
常にアンテナをはって、便秘情報を求めています。

そこで耳にしたのが「プルーン」です。どうも、便秘にプルーンが評判らしいのです。
で、試してみました、プルーン! 
これがなかなか効き目あり、便意と共に排便が……(照)

便秘解消にはもってこいの食材です。
試されたことのない人は一度試してみることをおすすめします。

【スポンサーリンク】



そもそもプルーンって何? なぜ便秘に効くの?

プルーンってブドウじゃないんです( ;∀;) 
ブドウだと思っていました( ;∀;)

プルーンは西洋スモモの果実の総称です。
生のスモモ類をプラム、生の西洋スモモ類とドライフルーツやペースト状にした西洋スモモをプルーンと呼ぶみたいです。
このプルーン、食物繊維が豊富なんです。
やはり便秘と言えば食物繊維ですよね。

またその食物繊維も不容性食物繊維と水溶性食物繊維のバランスが良いあたりが、便秘に効くのです。
食物繊維はとれば良いというもではありません。
便秘がひどい人が不容性食物繊維ばかりを摂ると逆に便秘が悪化するケースがあります。
プルーンのように不容性食物繊維と水溶性食物繊維のバランスが良いと、バランスを気にせず摂取できますので、安心ですよね。

また「ソルビトール」という糖質もふんだんに含まれています。
ソルビトールには緩下作用と呼ばれる便秘改善効果があります。
ただし、取り過ぎると下痢のようになりますので、プルーンが良いといっても摂り過ぎには気を付けましょう。

このソルビトールと食物繊維のおかげで、プルーンエキスには便秘解消に即効性があります。
私もおどろくほど速く便意をもよおしました。
さらに「抗酸化作用」があります。
抗酸化作用はアンチエイジングにもってこい。
女性だけではなく、最近では男性でも嬉しい効果ですよね。

便秘解消するだけではなく、お肌も美しくなることは女性の夢です。
男性だって便秘解消して、肌が綺麗になれば嬉しいですよね。

【スポンサーリンク】



プルーンはいつ食べれば良い?

プルーンはいつ食べれば良い? と聞かれることがあります。
基本いつでもOKです。
ですが、カロリーがありますので、夜寝る前などは避けた方が無難かもしれません。

一番良いのは朝にヨーグルトと共にとるのが便秘生活には良いですね。
私はいつも朝にとってます。

妊娠・産後での便秘にもプルーンがききます。

やはり自然由来の栄養素は妊娠の時など、身体がいつもと違う時にこそ効果がありますよね。
妊娠中は便秘になりやすくもなり、気持ちもナーバスでストレスがたまります。
そんな時にこそプルーンで便秘改善をはかるのもいいかもしれません。

ただ何ごとも食べ過ぎることはほどほどにした方が良いです。
念のため、どの程度摂取していいかどうか産婦人科の先生に聞くのが良いです。

赤ちゃん・子供の便秘にもプルーンが効きます。

2度目ですが、やはり自然由来の栄養素は安心して食べられるのが利点ですよね。
赤ちゃんの便秘は放っておくと重症化しやすいですし、赤ちゃんも痛みで苦しみます。
プルーンを与えることによって、腸内改善を促し、スムーズな排便生活ができるようにしてあげましょう。

プルーンには鉄分が豊富に含まれていますので、貧血対策にもいい

鉄分もあり、便秘改善効果もあり、抗酸化作用もあり、女性には嬉しいことだらけですよね。
鉄分が豊富に含まれていますので、便秘だけではなく、貧血に悩まれている方にもおすすめです。

プルーンのデメリット

プルーンは便秘にききますし、健康にも良いのですが、カロリーが高めです。
肥満であったり、糖尿病を気を付けていたりする人は、摂取量を意識した方がいいです。

プルーンには鉄分も含まれていますが、タンニンと一緒に摂取すると、鉄分の吸収を妨げられます。
これはコーヒーに含まれるタンニンが鉄の吸収をおさえるからです。
プルーンを摂る時、タンニンを含むコーヒー、お茶、ワイン、柿などとは一緒に摂らない方が良いでしょう。

しかし、デメリットを補ってあまりある便秘改善能力があるのは確かです。
プルーンがあたなの便秘体質を変えるかもしれません!(*’▽’)

「やずやのプルーンぷる~んコラーゲン」がおすすめ

この記事を読まれて、本格的にプルーンを試してみようかな? と思われたあなた。
あなたに朗報です!
私はプルーンをとってますが、それは「やずやのプルーンぷる~んコラーゲン」を摂ってます。
名前の通り、コラーゲンが入ってます。ああ、嬉しや。

プルーンが便秘に効果があることが分かりましたが、コラーゲンを入れることで肌までぷる~んです。
腸内美人だけではなく、調子に乗って美人になっちゃいましょう♪

プルーンの効果+コラーゲン、身体のため、健康のため、便秘のため、美容のためなら、これはおすすめですよ。
しかも、カロリーも低めで、ダイエット中にも最適です。
「やずやのプルーンぷる~んコラーゲン」の詳しい内容は下記リンクから、ご覧下さい。
やずやのプルーンぷる~んコラーゲンのお買い求めはこちら

【スポンサーリンク】



産後の便秘をズバババッと解決! 痔やおならの問題は?

産後に便秘になる人は多い

妊娠して、陣痛がして、痛い想いをして出会える素敵な宝物、赤ちゃん。
とっても猿みたいでかわいいですよね( ;∀;)
生まれた直後は本当ガッツ石松か! って思う顔していますよね( ;∀;)
でも、育っていけば徐々に個性がでてきて、私似の中途半端な顔に(*’▽’)

母にとってはとても愛らしく可愛らしい子供です。
そんな子供を授かる出産ですが、産後に便秘になる人が多いようです。
妊娠してようやくお腹解放されたのに、今度は便が溜って腹痛。辛いですよね。

これが何日続くんだろう? 
そう不安になります。でも、赤ちゃんの前で不安だ不安だともいえません。

では、産後の便秘はなぜなるのでしょうか? 便秘になる原因はいくつかあります。

【スポンサーリンク】



産後に便秘になる理由

1.筋肉の低下で便秘になる

妊娠すると運動をあまりしなくなります。すると、筋力が低下してしまいます。
当然の話ですが、排便にも筋肉が必要です。
お腹に力を入れ、腸を動かすのです。
こういった筋肉が低下し、便秘になってしまうのです。

2.便意をもよおしてもトイレを我慢する

便秘の原因として、便意をもよおしても我慢することがあげられます。
産後はやはりキズがありますし、気張るにも少し勇気がいります。

それならちょっとした便意ぐらいなら我慢してしまおうか?
そう思っていらっしゃる産後の方も多くします。
しかし、便意を我慢すると腸が「ああ、動かなくても良いんだ」と勘違いを始めます。
すると、いざ排便しようとした時に排便が困難になってしまいます。
これが慢性化してくると便秘になる訳です。

3.ストレスが原因

ストレスがたまると、腸の動きが悪くなります。
妊娠期間もうそうですし、産後も母親はストレスにさらされます。そのストレスが便秘につながる訳です。
また女性ホルモンが便秘の原因になることがあります。

4.水分が不足している

水分が不足していると便の通りが悪くなり、便秘になります。
なぜ水分が不足するかというと、それは母乳が原因です。
母乳には水分が多く含まれており、赤ちゃんはそれをごくごくと飲んでいきます。
母体の水分量は減っていき、水分が不足していく訳です。

【スポンサーリンク】



産後の便秘を解決!

1.動けるようになったら運動しましょう

低下した筋力を復活させる必要があります。
これを怠ると、便秘どころか、デブになってしまいます。
女性にとって脂肪は天敵! 
産後は「ダイエット! がんばるぞ! うおおお!」と目をメラメラにまでしなくても良いですが、元の体型に戻るイメージで適度な運動をしましょう。

2.便意をもよおしたら、怖がらずにトイレに行こう

我慢しすぎて便秘になると固いうんちが排便されることになります。
そっちの方が体に悪いし、結果的に痛いです。
便意をもよおしたら我慢せずに、少し痛いかもしれませんが、普段通り排便をしましょう。
それが便秘をしないコツです。

3.ストレスを解消する

一番大切なのは旦那様との密なコミュニケーションです。
育児でも頼れるところは頼りましょう。赤ちゃんは二人で育てるものです。
一人で抱え込んでストレスを背負わないようにしましょう。

4.水をこまめに飲む

水分不足になるのですから、水をこまめに飲みましょう。
しかし、冷水ばかり飲んでいては腸が冷えてしまい便秘の原因になります。
できるだけ常温の水を飲むようにしましょう。

他にも便秘と共に産後はいろいろな問題がでてきます。

産後の切れ痔の解消法

産後に切れ痔になる人も多いです。
産後の切れ痔については早め早めに対処すれば特に気にしなくても良いです。
痔ができたら悪化する前に軟膏や座薬などで対処するようにしましょう。
産後の切れ痔は自然治癒しづらいので、放っておくのは危険です。

産後におならがたくさんでるようになった人の解消法

産後におならがたくさんでるようになったという人も少なからずいます。
便秘が原因でガスばかりが出てしまうのがおならの原因であることが多いです。
水分をよく取り、食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌を摂り、腸内環境をよくするようにしましょう。
腸内環境が整えば自然におならの頻度も減っていきます。

産後の悪露の増加

出産された病院で確認し、受診をして、薬を飲むかどうか判断するのが良いです。
あまり素人考えで対策はしない方がいいでしょう。素直に先生に聞きましょう。

産後の便秘による体重増加

便秘をして体重増加するのは特に問題ないです。
日に日にたまる便が体重を増加させているだけで、排便すればOKです。
水補給、食物繊維などの食事療法、適度な運動をして、腸内環境を整えましょう。
便が出れば、体重ももとに戻ります。

産後の悩みは多いと思います。
お母さん自身のこともそうですし、子どものことの悩みも多いでしょう。
教育をどうするか、夜泣きは、離乳食はどうするか、熱が出たらどうするか?

特に便秘は赤ちゃんもなりやすいですから、心配ですよね。
幼児の便秘についての記事を書いています。もしよろしければ、ご覧下さい。

新生児から幼児までの便秘をズバっと解決!

産後にも、私がおすすめするのは便秘茶です。
便秘にどっさり効いて、味も紅茶みたいに美味しくて飲みやすいです。
桃花スリムという便秘茶で、とってもおすすめです。

桃花スリムの詳細はこちらです

【スポンサーリンク】



便秘になりやすい性格! あなたは大丈夫ですか?

神経質な人や心配性な人は便秘になりやすい

あー最近、便秘気味だなぁ。
これで大腸がんとか大腸ポリープとかになったらどうしようドキドキ。
そういえば、いつもよりも下腹部の痛みが強いようなぁ、ドキドキ。

こういう風に心配性な人は便秘になりやすいのです。
え? 便秘って体質だけじゃないの?
って思う人もいるかと思います。
違うんです。便秘は性格にもかなり依存しやすいのです。

神経質な人
心配性の人
真面目すぎる人
努力家
ストレスに弱い人
このような人々が便秘になりやすい傾向があります。

なぜか?

それはストレスを受けやすい性格だからです。
つまり自律神経が不安定になりやすい性格だからです。

では、なぜ自立神経が安定しないと、便秘になるのでしょうか?

【スポンサーリンク】



自立神経が便秘に関係がある

便秘とは腸の内容物(便)を移動させる機能が弱まり、便を排泄することができなくなることです。
腸は筋肉を収縮することで、便を移動させるのです。
この動きのことをぜん動運動といいます。
このぜん動運動をコントロールしているのが自律神経です。

自律神経には交感神経と副交感神経があります。
大腸は副交感神経がコントロールしています。
しかし、ストレスを受け、自律神経が安定しないと交感神経が優位になります。
自律神経が良い人はこのぜん動運動がバランスよく動いているので便秘になりづらいです。

自律神経が安定していない人はぜん動運動がアンバランスであり、腸が便をうまく運べず、便秘になりやすくなります。
便秘外来に来られる患者さんの自律神経を測定すると、かなりの確率で自律神経が不安定になっているようです。

神経質な人、
心配性な人、
生真面目な人、
努力をする人、
ストレスに弱い人は自律神経の安定がとれず、便秘になりやすい傾向があるのです。

【スポンサーリンク】



神経質な性格をすこし緩めましょう

神経質という性格は決して悪いことではありません。
細かなことに気が付く、リスク管理能力がある、ミスが少ない。
基本的に真面目で規則も守るので好印象、真面目な印象を持たれたりします。
しかし、神経質もいきすぎるとストレスにもなりますし、今回のように便秘につながります。

いろいろなことを気にしない性格になりましょう。

と、なりましょうといって、すぐ慣れるものではありません。
大切なのは『価値、見方の多様性』を求めることです。
物事にはいろいろな価値があり、いろいろな見方があります。

あなたが神経質になっているものは、本当に神経質になるほどの価値はあるでしょうか?

あなたが神経質になるほどミスを避けるその事柄は、ほんとうにミスをしてはいけませんか?

ミスをした時のデメリットと、神経質になりすぎるデメリットはどちらが上でしょうか?

なぜ、そんな神経質なのでしょうか? 神経質な方が苦しいと思いませんか?

小さなことを気にするのはなぜでしょうか? その小さなことがどの程度役に立っていますか?

などと、自問自答して、いろいろな角度から神経質な自分を疑ってみるのです。
疑った結果、それでも良い! と思うなら、その箇所は神経質なままで良いと思います。
疑った結果、これじゃダメ! と思うなら、その箇所は神経質をゆるめましょう。
心配性な人、生真面目な人、努力をする人、ストレスに弱い人も同じようなやり方はある程度は緩和できます。

大切なのは、自分に「もっと楽でも良いんじゃないの?」と問題提起することです。
実際に毎日、自己暗示のように繰り返せば、性格というのは修正が効きます。

神経質な性格まで良いのですが、神経質すぎる性格は日常生活でもデメリットが多いです。
人間関係、ストレス、作業効率、いろんなところで弊害がでてきます。
注意点として、大切なのは神経質すぎるを治すではなく、あくまで自分がどうありたいかが大切です。

最後にもう一度聞きます。

あなたは神経質な性格なままで良いんですか?

便秘は体質だけではなく性格によってもなる

便秘は体質だけではなく、性格によってもなるということがお分かりにいただけたと思います。
自立神経が不安定になると、腸の動きも悪くなって、便秘になるんですね。
つまりこれは体質、性格だけでもなく、普段の生活リズムも大切ということです。

ご飯食べて、仕事して、運動して、遊んで、ぐっすり寝て……そんなしっかりとした生活リズムが便秘をなくす方法の一つだったりします。
もちろん、「生活リズムを整えろ!」といって簡単に整えられるものではありません。
しかし、便秘による弊害に苦しんでいる人は、簡単でなくても整えた方が将来楽になります。

歩くのつらくありませんか?
腰痛がしませんか?
吐き気がしませんか?
頭痛がしませんか?
肩こりがしませんか?
微熱がありませんか?

このような症状がでているのであれば、きちんと便秘対策をした方が良いです。
腸が健康になると便秘がなおるだけではなく、身体全体が健康になります。
流石、腸は「第二の脳」といわれるだけありますね。

食事生活を見直すのは当然素晴らしいですが、てっとり早くオリゴ糖に頼るのも良いです。
腸にある善玉菌はオリゴ糖を栄養源にして、増殖します。
善玉菌が増殖すれば、当然腸のうごきはスムーズになり、便秘はよくなり、腸も健康になります。

逆に腸が悪いままだと、先ほどのべた症状が今後もずっと続くようになります。
私も試している信頼あるオリゴ糖です。
興味がある方は下記リンクから、サイトだけでもご覧ください。
カイテキオリゴのお買い求めはこちら

【スポンサーリンク】



ズバッと便秘解消する食事とは?

オリゴ糖で善玉菌(ビフィズス菌)を増やそう

便秘にてき面な効果があるといえば、オリゴ糖です。
腸内の善玉菌(ビフィズス菌)はオリゴ糖を食べて、その数を増やします。そうなることで腸内環境が改善され、便秘解消になる訳です。

オリゴ糖は以下の食物に含まれています。
・とうもろこし
・にんにく
・ネギ
・納豆
・アスパラガス
・玉ねぎ
・ゴボウ
・バナナ
・りんご
・豆乳
・はちみつ など

特に朝食に「バナナ+豆乳」にするのは便秘解消の魔法朝食メニューです。
朝食メニューを改善するだけでも、便秘解消した。という人も多くいるほどです。
便秘に悩まれている方は一度お試しいただければと思います。

 

発酵食品で乳酸菌を摂ろう

乳酸菌は、オリゴ糖と同様に腸の中で善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。
乳酸菌にはヨーグルトやチーズなど動物の乳を主にする「動物性乳酸菌」と。
味噌や漬物、キムチなど、ブドウ糖などを栄養にして増殖する「植物性乳酸菌」があります。

最近の研究では、後者の「植物性乳酸菌」の方が腸の環境に良いということが分かっています。
これは動物性謬参勤は腸に届く前に死んでしまい、腸までうまく届かないからです。

逆に植物性乳酸菌は乳酸菌の中でも生命力が強く、酸やアルカリ、温度変化に強いため、胃や腸で死滅することなく、生きたまま届くのです。

ぜひ、植物性乳酸菌を含む「発酵食品」を食べるように心がけましょう。

【スポンサーリンク】




 

食物繊維を摂ろう

食物繊維には排便をうながす効果があります。
また食物繊維は便秘だけではなく、肥満や生活習慣病にも効果があることが分かっています。いわゆる現代病に効果抜群です(*’▽’)

食物繊維が豊富な食材は「食物繊維 豊富」「食物繊維 レシピ」でたくさん出てきます。
この記事で網羅していこうと思ったのですが、情報量が追い付かないので、インターネットで調べた方が速いです。

代表的なところですと、ゴボウ、コンニャク、ほうれんそう、玉ねぎ、キャベツ、ニンジン、長ネギ、ジャガイモ、セロリ、カボチャ、シイタケ、ピーマン、トマト、リンゴ、マンゴー、ブルーベリー、イチゴ、バナナ、パイナップル、キウイフルーツなどがあります。

オリゴ糖も優秀だったリンゴ、バナナはやはり便秘万能食品ですね♪

効果絶大「オリーブオイル」

オリーブオイルをたっぷり塗ったパン。
おいしいですよね。
これが便秘にてき面に効きます!

オリーブオイルを飲んで便秘解消をした人は多いでしょう。
オリーブオイルは自然の下剤薬と呼ばれるほど、昔から便秘界では注目されていた食材です。
オリーブオイルは腸までとどき、腸のうごきをなめらかにする効果があります。そうすることで便の動きがスムーズになり、便秘が治る訳ですね(*’▽’)

子供の便秘の際に私もオリーブオイルを少しつけて、子どもに食べさせていました。
子どもにも安全して食べさせることができるので、おすすめです。

マグネシウムは腸の動きをよくする

マグネシウムはミネラルの一種で、腸の動きをよくする作用があります。
口に入ったマグネシウムは25~60%は小腸に吸収されますが、マグネシウムは大腸に移動し、大腸にある水分をたっぷりと吸いながら、便をやわらかくしようと働いてくれます。
便秘だけではなく、体温や血圧の調節や筋肉を弛緩させるなど体の代謝をよくする効果があります。

ちなみにマグネシウムが多い食材は、ひじき、わかめ、焼きのり、あさり、きな粉、昆布、ホウレンソウ、玄米、納豆、カキ(貝類)、カツオ、干し柿、バナナ、さつまいも、落花生。

気づきましたか?

ここでもバナナがでてきます。
バナナは本当に便秘にいいですよね。
バナナにオリーブオイルをつけて、食べれば完璧ですね!(笑)

日本人大好き、ビタミンCも便秘に効果あり!

ビタミンCが足りていない人はいないってくらいに、日本人はビタミンCが好きですよね。
でも、あなたがもしビタミンC不足であるなら、それが便秘の原因になっているかもしれません。
ビタミンCは美容や風邪などだけではなく、便秘にもききます。

なぜ、ビタミンCが効果あるのか?

それはビタミンCの主成分であるアスコルビン酸は腸に入ると、乳酸菌のえさとなり、腸内の善玉菌を増やすからです。
また腸内に吸収される時にガスを発生しますが、これが腸の動きを活発にさせる働きを持っています。
さらにアスコルビン酸には硬い便を、やわらかくする作用があることも確認されています。

ビタミンCは取り過ぎても、取り過ぎた分は体外に排出されるので少し多めにとっても特に問題ありません。
もともと日本人はビタミンCを過剰摂取し過ぎとも聞きますが、問題ありません。

ビタミンCが豊富な食材は、赤ピーマン、芽キャベツ、パセリ、ブロッコリー、ニガウリ、キウイ、いちご、レモン、アセロラなどです。

意識して採るようにしましょう。
ビタミンCはストレスによっても消費されるので、ストレスを感じやすい人は多めにとるのがいいでしょう。

 

便秘解消の食事まとめ

☆オリゴ糖
☆乳酸菌
☆食物繊維
☆オリーブオイル
☆マグネシウム
☆ビタミンC
これらを摂取することで自然に便秘が回復します。
頑固な便秘、慢性的な便秘、便秘体質も、ほとんどのものは治るものです。
私もまだまだ便秘体質ですが、一緒に快便体質を目指して頑張りましょう!

【スポンサーリンク】



便秘を下剤に頼ると怖い副作用

下剤を習慣化させるのはNG

頑固でひどい便秘には悩まされます。

食生活を正さなきゃ、
生活リズムを戻さないと、
運動しなきゃ、
腸をあたためなきゃ。

そうは思っても、即効的な効果はなかなかありません。
どうしたものか、と悩みますよね。便秘なんてすぐ解消したいはずですから。
そこであなたは下剤に手を出しませんか?

実際に便秘を解消する方法として、下剤を使ったことがある人は多いようです。
たまに何回か使う場合は特に問題はありませんが、使用頻度が高くなるとダメです。

下剤ありきの排便になってしまうからです。
下剤ばかり頼る気持ちも分かります。
すごく楽に排便できますし、便秘の悩みも一見消えたように感じますもんね。
しかし、そうなると下剤依存になってしまいます。

では、どんな風になるのか?
私の友人の一人が下剤依存症だったので、ご紹介します。

【スポンサーリンク】



下剤に頼り過ぎて、下剤なしでは排便できなくなった女性

私の友人は便秘体質で、一週間排便できないことも多い人でした。
うんうんと毎日のように唸って、トイレにいっては排便ができない日々がつづいていたようです。
排便できない苦しみはストレスになり、イライラすることも多かったようです。

そんな彼女が手にしたのはある下剤でした。
これがあれば、便秘も一発解消! と喜んでいました。
それから彼女は便意があってもなくても、まず下剤を飲むようになりました。

するとどうなってでしょうか?

彼女は下剤がなくては排便ができなくなりました。
便意があっても、排便ができないのです。
体が下剤なしでは、排便を許さないのです。

彼女には「自然にでてくるまで下剤を我慢すること」、水を飲んだり、食物繊維を取ったり、腸マッサージをしたりして、自然に排便ができるように待つことを勧めました。

下剤を手放し、半年ぐらいして、ようやく下剤なしの排便が彼女はできるようになりました。
それ以来、彼女も下剤に頼るような真似はしませんでした。
このように下剤に頼りすぎるのはよくないのです。

下剤ではなく、便秘茶やオリゴ糖、ヨーグルトなどに頼る方が良いです。
普段から食物繊維や発酵食品を積極的に取るようにしましょう。

 

なぜ、下剤依存症がよくないのでしょうか?

先ほどの女性の友人の例でも分かるかもしれません。
しかし、大切なことなのでくどめに説明します。

まず下剤依存症を放っておくと、先ほどの友人のように自力で排便ができなくなります。
つまりこれは腸や肛門の筋肉の働きが低下してしまうことでもあります。
これがやがて大腸だけではなく、胃や食道の働きも悪化し、消化力も落ちてきます。
胃腸の動きが落ち消化力が下がると、食欲も下がり、活力や体力も落ちてきます。

下剤を使うことで下痢状態になり、水分を大量に失われてしまいます。
水分が減るとまた便秘に拍車がかかりますし、体調にも悪影響がでてきます。

下剤依存症の人に共通してみられるものとして、「うつ状態」があります。
便秘の悩み、下剤を飲まなきゃいけない不安感などが「うつ状態」にさせるものと考えられます。
このまま症状が進むと、うつ病になったり、摂食障害になったりなどします。

下剤依存症になっても、自力排便できるようになる

私の友人もそうでしたが、下剤依存症であっても、ゆっくり治療しても半年ほどで下剤依存症を解消できます。
根気よく治療を続け、下剤の誘惑に負けず、根気よく治療することが大切です。
諦めずに自然に排便ができる生活を目指しましょう。

では、実際どのような有効手段があるのか?

下剤依存症から立ち直る8つのポイント

1.下剤をどの程度使っているかチェックする

下剤を服用している回数や量をパソコンや紙に書き出してみましょう。
まずはどれだけ下剤に依存しているか客観的に見つめてみましょう。
その量を徐々に減らしながら、改善をしていくのです。がんばりましょう。

2.最近1週間の食事の内容を書きだす

大切なのは「1日に3回食事をとっているか」です。
特に朝食を抜く人は多いですが、それは便秘にはNG行為です。
食事をすることで胃や腸は活発になり、快便になる道となっています。
次に食物繊維(野菜、果物など)をどれだけ取っているかをチェックしましょう。
食物繊維が少なければ、食物繊維メニューを増やしましょう。

3.ご飯を抜くというダイエットはやめましょう

運動をするのは腸にも刺激を与えることなので良いです。
しかし、食事を抜いたり、食事を減らしたりするダイエットはやめるようにしましょう。先ほど述べた通り、食事を減らすと便秘につながります。
女性の少ない数はダイエットによる便秘だともいわれているくらいです。

4.本当に下剤がないと排便できないか確認する

下剤がないと排便できないか実際に試してみましょう。
すぐに下剤に頼らず、本当に排便できないかを試してみるのです。
ひょっとしたら、便をうまく排出できるかもしれません。

5.肛門を刺激してみる

肛門をシャワーなどで刺激してみることは良いことです。
便意をもよおしたら儲けものです。

6.適度な運動をする

ジョギング、ウォーキングでも良いですが、運動をすることは体を活発にさせ、腸の動きもよくします。
水分をしっかりととり、スポーツをしたりするようにしましょう。
一緒に運動できる人がいればバドミントンやテニスは楽しいです。
またカラオケで熱唱するのも、密かに良い運動になりますよ。

7.睡眠をきちんととる

睡眠はストレスを解消させるとても重要な行為です。
睡眠がきちんととれなければ便秘も悪化する可能性も高いです。
安眠するように心がけましょう。
寝る3時間前ぐらいからパソコンやスマホから離れるようにしましょう。
すると、安眠ができたっていう人が多数います。

8.ストレスをためない

あまり下剤で思い悩まないようにしましょう。
いつか治るんだと楽観視しましょう。ストレスは体に毒ですし、便秘にも毒です。
私が考えた、あるいは他人がやっているストレス解消法50をまとめました。
少しふざけたものもありますが、参考程度にどうぞ。
→ストレスで便秘? 50個のストレス解消法教えます

 

このような8つのポイントを意識し、時間をかければ下剤依存症はなおります。
しっかりと便秘を治して、素敵な快便生活を送れるようにお互い頑張りましょう!

私のおすすめは便秘茶です。
最近のものは非常においしく、効果も抜群でおすすめですよ。
→便秘に効くお茶は絶対コレ!おすすめランキング

【スポンサーリンク】



この記事によせられたメッセージ

名前:下剤がなくては排便できなった女性
私はずっと下剤に頼って生きてきました。しかし、下剤に頼れば頼るほど、便秘が重くなっていくのも感じました。すると、また下剤に頼っていました。そんな悪循環のもと、私は重度の便秘になっていました。
今は運動や食事改善をして、下剤に頼らず生活しているので、便秘もかなり和らいできています。
私の友人にも下剤依存症の人がいます。その人はダイエットのために下剤を飲んでいるのですが、最近は私の注意が効いたのかやめています。
彼女に聞くと下剤でのダイエットは効果があまりなかったそうです。しかも、肌荒れするようになったとか。初めだけお腹にたまった便(宿便?)が排出されるので、体重が減ったような気になるだけのようでした。
彼女は私のように下剤はなくても、排便はでき、一応便通もスムーズなので安心しました。
この記事を見られた方が私と同じような下剤依存症にならないことをお祈りしています。

名前:お母さん
そうですね、下剤は最後の手段ですものね。でも、下剤依存症で、こんなことになるなんて初めて知りました。
でも、たまに使う分には良いんだよね。ずっと使い続けることがだめなんだよね。
たまには使っちゃうけど、それは仕方ないよね。

名前:お父さん
使ったこと多分ない。あまり使わないようにするよ。
最近は食事改善で、だいぶん便通も良いしな。残便感もなくなりつつある。

新生児から幼児までの便秘をズバっと解決!

幼児までの便秘の悩みは多い

便秘は大人の女性だけの問題ではありません。
男性の便秘も増えていますし、子どもの便秘もかなり多いです。

私の周りでもそうですし、メールでの問い合わせも多いのは「幼児までの便秘」です。
やはり子供の便秘というのはとても不安になりますし、怖いですよね。
私の友人の主婦も、子どもの便秘が大きな心配事だと言っていました。

実際、どう対処したら良いか慌ててしまいます。
大人でも便秘はつらいものです。
頭痛、腰痛、腹痛、吐き気、苛立ちなどいろんな症状がでます。

それがあなたの子どもがそうなるのですから、不安もいっぱいですよね。

では、幼児の便秘はどのように対策をすればいいのでしょうか?
この記事を通して少しでも不安が取り除ければいいなぁと思います(*’▽’)

 

離乳食をはじめる段階で便秘が起きはじめる

お母さんのおっぱい(母乳)を飲んでいる間は液体ですので、あまり便秘に悩まされません。
母乳やミルクによって腸内のビフィズス菌は多く存在するので、腸内は快調です。
しかし、離乳食になってくるとビフィズス菌の数が減り、便秘を起こす幼児が増えてきます。

原因はいろいろと考えられます。

「食べる量が少ない」
「水分が不足している」
「食物繊維が不足している」
「食べ物によって腸の動きがにぶる」などです。

【スポンサーリンク】



子供が便意を我慢することが便秘の原因です

原因はこれだけではなく、精神的な部分もあります。
幼児は軽い便秘でも、排便時に強い痛みを生じることがあります。
これを経験した子供は排便を我慢することを覚えてしまいます。

本当は腸に便が溜っているにもかかわらず、便意があるにもかかわらず、我慢することで便秘になります。
この辺りは大人でも一緒ですよね。便意を我慢するのは基本的にNGです。

子供もそうですが、大人も便意をもよおしたら、しっかりと排便をすることが快便生活にとって大切です。
便意を我慢し、便秘になった幼児はそのまま我慢を続け、少し重めの便秘になります。腸にたまっていた腸が徐々に固くなってくるのです。

こうなってくると大変です。

排便したくても排便できない苦しさを、子どもはまた味わうことになります。
こうなったら一度病院に行って座薬などをもらい排便をするようにしましょう。

待っていても毒なだけですし、子どもに痛い思いをさせることになります。
うちの子は便秘気味だなと思ったら、食事で工夫をするようにしましょう。
大人の便秘も子供の便秘も食事改善が、大切です。

幼児が便秘になる原因の一つ、好き嫌い

便秘になる原因として「食物繊維の不足」があります。
子供はおうおうにして「野菜が嫌い」です。
がんばって食べさせても、食べてくれない子供が多いでしょう。
その為、食物繊維不足に陥り、便秘になってしまうのです。

だから、野菜のみで食物繊維を取らせるには限界があるのです。
別の方法で食物繊維を取らせる必要があります。

子供も甘い果物は大好きです。バナナやリンゴなどの果物を積極的に食べさせるようにしましょう。
野菜も甘く煮込んだものであれば、食べてくれると思います。
あの手この手で食物繊維をとらせるようにしましょう。

もうこの子は野菜を食べないから、まぁ良いかあなどと考えないでください。
それは子供が便秘になる可能性が増すばかりか、栄養が偏って健康を損なう結果になります。
大変だとは思いますが、子どもには野菜を食べる習慣を身に着けさせましょう。

大人の便秘にも効くのですが、オリーブオイルをふくんだ料理はとても便秘に効果があります。
がんこな便秘の時はパンにたっぷりのオリーブオイルをつけて食べさせると、排便うまくいくことが多いようです。

便座に座るストレスが便意を我慢させる

トイレがストレスないように、トイレの訓練をさせるようにしましょう。
子供が不安がるうちはできるだけ一緒にトイレをしてあげるとか工夫をすると良いです。

特に子供は学校でトイレに行くにくい傾向があり、便意を我慢することが多くなります。
排便をする行為がとても恥ずかしく感じるのです。
いじめや子供の人間関係もありますが、トイレに行くことは恥ずかしいことではないときちんと教育しましょう。

特に和式便所に対するストレスは私自身もそうですが、子どもには負担です。
私の場合、大人になった今でも和式にはある程度抵抗があります。
日頃から和式トイレにも慣れさせるようにお店にいったら、トイレにいかせるようにしましょう。

和式だから我慢するということにならないようにすることが大切です。
和式便所に慣れさせるよりも、便秘になってしまった時の方が大変です。

幼児の便秘を改善させる6つの方法

①お水をこまめに飲ませる

水分不足が便秘につながります。
あまり冷えていないお水を飲ませるのが良いです。
普段からお水はよく飲むようにさせましょう。
特に夏は水分が不足しがちなので、多めに飲むようにしましょう。
熱中症対策にもなります。

②野菜を食べさせる。果物でもOK。料理を工夫する。

水分不足の次に便秘の原因になるのが「食物繊維の不足」です。子供には野菜に好き嫌いなく育てるようにしましょう。
とはいっても、所詮は子供、好き嫌いはしてしまいます。
果物で食物繊維を取らせたり、料理を工夫して野菜を取らせるようにしましょう。
別に野菜なんていっかぁと手抜きをしないことが大切です。

③便意を我慢させない

トイレの場所がなければ仕方ない面もありますが、基本的に便意を我慢させないようにしましょう。
排便をしたいと言ったら、排便させる。
それが便秘にならない近道です。

④トイレははずかしくないことを教える

小学校にいっても排便ができるように、排便は大切なことであることを教えましょう。
また学校は和式が多いですので、普段から和式でもトイレできるように訓練しておくことも大切です。

⑤適度な運動が便通にも良いです

腸の運動を活発にさせるため、適度な運動も心がけましょう。
お父さん、お母さんも一緒に運動すれば、健康家族のできあがりです。

⑥きちんと3食たべさせるようにする

食事をとると、胃腸が活発になり、動きはじめます。
きちんと3食の食事をすることにより、胃腸にリズムをつけるようにしましょう。

この6つの項目を守るだけでも、便秘を防ぐ効果があります。
子供も便秘になると辛いです。痛みを伴います。そうならないように快便教育をするのもいいかもしれません。
私もあなたも子供も、素晴らしい快便生活になるよう祈っています。

【スポンサーリンク】



この記事寄せられたメッセージ

名前:クロリナ
わたしの子どもも便秘がひどくて困っていました。離乳食がはじまり、徐々に便秘になっていったと思います。
わたしの場合はこの記事にあるようにオリーブオイルを使って、改善しました。オリーブオイルは大人の便秘にも効いて、かなり万能ですよね。
イケメン俳優のオリーブ料理をつくるあの人もきっと便通はスムーズでしょう(笑)

名前:お母さん
子供の便秘はどのお母さんも悩む問題だと思います。あわてずに周りのお母さんに聞くか、小児科にすぐに連れて行ってもいいと思います。
子供の好き嫌いも対応が大変ですよね。私の場合は、野菜や果物をくだいて、料理にまざて食べさせていました。そのおかげか、そのあとは便秘も解消したように思います。

名前:しょうこ
こどもの便秘にはすごく悩まされていました。すごくドキドキしてしまい、でもどうすれば良いのか分からず、ひとまず小児科に連れて行ってました。
この記事にあるようにこどもが食物繊維を食べるように、野菜を工夫してたべさせる努力をしようと思いました。

便秘から来る腰痛もスカッと解消!

便秘から来る腰痛は辛い

「ずーんと腰が重くて痛い( ;∀;)」

便秘がひどくなると、腰痛をともなってきます。
私の場合「重度の便秘」だったので、本当に腰が重くてかたくて痛くて、つらかったです。
腰痛も放っておくと、熱を発したり、吐き気をもよおすので、早め早めに解決をすることが大切です。

私の場合は便秘による腰痛で歩けないぐらいに辛かったです。
実際に便秘になると腰痛がするという人は少なくないようです。

ひょっとしたら、あなたもそうではないですか?

腰が痛いとなると仕事でのデスクワークもつらくなるし、イライラするし、うっとうしいですよね。
私はデスクワークなので、本当に生理痛と同じくらい苦しかったです。

ではなぜ、便秘が続くと腰痛になるのか?

【スポンサーリンク】



便秘が腰痛になる理由

便秘がなぜ腰痛につながるのか?
それは便によって腸がふくらみ、神経や血管を圧迫するからです。
腸内環境が悪くなり、固い便がたまってくると、腸がカチカチに膨らんできます。
すると当然、膨らんだ腸にまわりの神経や血管が圧迫されます。

これが腰痛の原因になる訳です。
すると、圧迫された腰痛は血液の循環が悪くなり、さらにカチコチにかたまっていきます。
この悪循環が便秘による腰痛の問題点です。

腰痛の他にも腹痛や下腹部痛を起こすことも多いです。
どこに症状がでるかは個人差があります。
腸マッサージをすることで改善される可能性があります。
一度、試してみてください。
便秘マッサージで今すぐドドドッと快便

便秘解消法

運動を適度にやる

運動をすることで血液の循環がよくなります。
すると、腸の働くようになり、腸の動きがよくなり、便通がよくなります。
また腰痛はがちがちになった腸と腰両方が原因ですが、運動することで、筋肉が緩まるのもポイントです。
30分程度のウォーキング、サイクリング、10分程度のジョギングなどをするのがおすすめです。

お水をこまめにとる

お水をこまめにとることで、腸の中の便が柔らかくなります。水分補給は基本ですが、忘れないようにしましょう。水分が減ると便がかちかちになって腸にたまっていきます。

温かいお風呂にゆったりとつかる

便秘になると体ががちがちになっているので血行をよくすることが改善方法の一つです。シャワーですまさずに、ゆったりとお風呂につかるようにしましょう。

便意をもよおしたらすぐにトイレに行こう

便意を我慢する癖をつけると便秘になりやすいです。腸の動きが弱まってくるためです。便意を少しでも感じたら、トイレに行くようにしたらいいです。

ホットヨーグルト

ヨーグルトを人肌に温めて食べることは腸にものすごくいいです。悪玉菌だらけの腸にダイレクトに効きます。私の実体験から非常におすすめです。

絶食・断食をする

一日断食、半日断食でもいいのですが、腸を休めてあげることが大切です。排便するまでできるかぎり食べることを控えるようにしましょう。腸をリセットすればいろいろな症状が緩和される可能性があります。

料理にオリーブオイルをたくさん使う

オリーブオイルを使うことで、便通が良くなると口コミで評判です。私も試しましたが、確かにスッキリしました。

生野菜、果物をたくさんとる

水分もあり、食物繊維もある生野菜、果物はとてもおすすめです。特にリンゴは便秘に効く魔法の果物。リンゴが嫌いでなければ、朝食をリンゴにしたり、リンゴヨーグルトにすると便秘にがちっと効きます。
他にもバナナ、プルーン、ごぼう、こんにゃく、納豆、寒天、ところてん、シリアルなどが便秘に良いです。

秘伝「お尻歩き」

便秘に効くといえば、お尻歩きです。座った状態のまま腕を大きく振ってお尻で歩きましょう。

カイテキオリゴをとろう

通常のオリゴ糖よりも、便秘に効く! と私が太鼓判を押すカイテキオリゴです。
カイテキオリゴの詳細はこちら

便秘症状が現れる「椎間板ヘルニア」

便秘が腰痛の原因になるように、逆に腰痛が便秘になるケースもあります。
椎間板ヘルニアは便秘になることが多い病気です。
背骨の骨と骨の間にある椎間板とよばれる軟骨。
この椎間板が外にはみ出し、神経を圧迫すると激痛がはしり、しびれを引き起こします。

これを「椎間板ヘルニア」といいます。

腰痛や便秘の他にも以下のような症状が現れます。
・尿や便が出にくくなります。
・歩くのが辛く、難しくなります。
・腰を曲げると、下半身に痺れのような痛みがはしります。
・腰や背中、肩がこります。
・前かがみをし辛くなります。
・足のしびれがでてくる。

この症状は主な例で他にもさまざまな症状がでます。
このような症状がでた場合、病院に行くことを考えた方が良いです。
→便秘で病院に行くのを恥ずかしがらないで

普段から腸内環境を意識する

便秘になったから、腰痛なのか?

腰痛になったから、便秘なのか?

熱が出たり、歩けなくなったり、吐き気がしたりしたり、血便が出たり、この症状はちょっとひどいなぁと思ったら気軽に病院に相談してみましょう。

たかが腰痛。たかが便秘で放っておくと、取り返しのつかないことになるかもしれません。
普段から腸内環境がよくなるように、食事や運動、お風呂にも気を付けるのが良いです。

本当に便秘がたまったら、絶食・断食ですね。
私はそうして今、健康な排便生活を送っています(笑)
ただすぐに便秘になってしまう体質なので、自分の身体を使いながら色々と実験してみたいと思います。

便秘がなおるとダイエットにもなりますし、女性としてはやはり便秘は天敵ですよね!

よーし、ダイエットもがんばるぞっと!

【スポンサーリンク】



この記事へのメッセージ

名前:ミホちゃん
私も生理痛とおなじくらいに腰が痛くなります。本当に泣きたくなります。生理だけでもつらいのに、便秘でもこんなに苦しむなんて、つらくて泣きそうです。
ここで紹介されていたカイテキオリゴを飲むと、最近は徐々に便秘が解消されつつあります。本当にオリゴ糖って効果があるんですね。
あとお尻歩きも試しています。私の妹も姉もやっていて、三姉妹でやっています(笑)
これで便秘解消されたら嬉しいなぁ。

便秘で吐き気がする場合は危険信号!

吐き気は危険信号、警戒すべし!

便秘が悪化すると、すさまじい吐き気をともなうことがあります。
こんな経験がひょっとしてあなたにもないでしょうか?

「今はデート中なのに、お腹が張って、気持ち悪い」

「この後、大事な会議があるのに、吐き気がする」

「友だちと遊ぶ約束をしているのに、急な腹痛がして、冷や汗が止まらない」

「むしゃくしゃする! イライラがとまらない!」

便秘はそれだけでストレスがたまり、精神的に不安定になります。
疲労がたまり、身体がだるく、頭痛や腹痛(胃痛)、貧血がしたり、肩が凝ったりします。
他にも不眠症に悩まされ眠れない、胸やけがする、食欲がおちる、悪寒がする。

いつもこんな苦しみを感じながらも、日々を堪え続けていませんか?

軽度な便秘ならまだしも、重度でがんこな便秘になっているとなかなか改善できません。
便秘も慢性的になり、うつ病のような症状がでる人もいます。

そこに「吐き気」が伴うと、本当にもう最悪ですよね。

さらに症状が悪化すると熱が出てくることもありますが、ここまでくればお医者さんにいくようにしましょう。
重症化したら、恥ずかしがらずにお医者さんへ行くことです。

【スポンサーリンク】



吐き気をともなう便秘は危険!

便やガスが腸にたまり、肛門から排便するのがきつくなってきます。
それにもかかわらず毎日食事をするのですから、便はさらに溜まっていきます。
それが排便もできずも、積み重なっていくのですから、腸がゴミ屋敷のようになります。
大腸にたまり、小腸にたまり、胃にたまり、便が固くなっていくのです。

想像してみてください。

首から肛門までに石のように固められたセメントがつまっているようなものです(大げさですが)。
ここまで来ると完全に糞便性腸閉塞ですね。
肛門から排出はできない。だから、今度は口から排出しようとするのです。

これが「便秘による吐き気」です。

「もう限界、口から出してやるーーーー」というような状況で、かなりの危険な状態。
便秘による吐き気は「危険信号」であることはお分かりにいただけるかと思います。

では、吐きたくなったらどうすれば良いか?

「吐くこと」が大切です。
吐くのを我慢したら、危険です。
腸内はただでさえ限界なのですから、腸が破裂する可能性もあります。

 

吐くのは防衛反応、我慢をしてはいけない

先ほど、のべた通り、吐くという行為は排便ができずに緊急避難するようなものです。
体が、もうこれ以上は無理だから、口から出させてくれ! と命令を出しているのです。
にもかかわらず、吐かないでおくと、身体の負担はさらに大きくなります。

無理をさせている体をいたわる意味でも、吐きたくなったら吐くことが大切です。
胃から腸までぱんぱんなのですから、逃がしてあげることが大事なのですね。

嘔吐したけけりゃ、嘔吐をする!

身体がそれを求めているのですから、身体の信号に従いましょう。

我慢し続けるとどうなるのか?

あまりに我慢し続けて、「気絶(失神)してしまった」という人を私は知っています。
また胃や腸が破裂する可能性もあるかもしれません、ただただ危険です。

便秘になりやすい体質の人ももちろんいますが、我慢が強すぎて便秘になっている人もそれなりにいます。
あまり我慢せずに、私の知人のように「気絶(失神)」はしないようにしましょう。

便秘は他にも様々な症状がでてきます。
便は毒素をはなつものなので、便がたまればたまるほど、身体の中は毒素だらけになってしまいます。

 

胃と腸が綺麗になるまで、食事も控えめにする

何度も言いますが「吐き気が起こる便秘はかなり危険な状態」です。
体は便だらけなのですから、これ以上食事をするのは難しい状態です。
腸は「消化」と「排泄」を同時に行うことができません。

まずは腸に「消化」の仕事をさせましょう。
排泄ができたら、食事をするようにすれば、循環は保てます。
この時、こまめに水分補給をしたり、消化の良い果物などを取ることをおすすめします。

 

便秘を慢性化させる癖

☆ストレスをためやすい

☆トイレを我慢しやすい

☆おならを我慢しやすい

☆水分をあまりとらない

☆肉ばかりたべている

いろいろな癖で便秘は慢性化しやすいです。
同じように腸マッサージを習慣化すれば便秘も改善の方向へ向かいます。
便秘マッサージで今すぐドドドッと快便

 

吐き気がするくらいの便秘の解消方法

1.普段から猫背にならないようにする

立ち仕事の時もそうですが、デスクワークの時はさらに猫背になりませんか?
猫背になると、腸が狭まるため、便秘になりやすくなります。
頭から糸をつったようなイメージをして、背筋を伸ばし、猫背を治しましょう。
そうすると、姿勢が良くなり、腸の動きがよくなります。

2.生野菜をたくさんとりましょう

生野菜には食物繊維がとてもふくまれていますので、便秘解消にはおすすめです。
食物繊維は腸をとても綺麗にするので、便秘の解消には効果は抜群です。
加熱した野菜だと水分量が減ってしまい、便が固くなり、便秘にはあまり向いていません。

3.お風呂にゆったりつかる

体が冷えていると、腸の動きも悪くなり、便秘が慢性化します。
またリラックスは腸の動きをスムーズにしてくれますから、便秘には向いています。
どんなことがあってもシャワーで済まさず、お風呂にゆったりつかる。
便秘の時は特にこれを心がけた方がいいです。

4.ヨーグルトを食べる(飲む)

成人の腸内には約1%の乳酸菌と約10%のビフィズス菌を含む善玉菌、中間菌、悪玉菌がいます。
善玉菌を増やすと腸内環境はよくなり、便秘解消に効果があります。
ヨーグルトを食べることによって、腸内環境を良好にし、頑固な便秘を解消しましょう。

5.水をよく飲む

水をよく飲むことで便通がスムーズになります。便秘の人の多くは水分をあまりとらない傾向があります。便をやわらかくするためにも、水分補給はこまめにしましょう。

 

6.オリゴ糖を取る

私のおすすめは「カイテキオリゴ」をとることです。
便秘にかなり効きますし、吐き気を催すぐらいの便秘ならぜひ一度手にしてほしいです。
詳しい内容は下記リンクからどうぞ。
カイテキオリゴの詳細はこちら

頑固な便秘を治して、良好な生活をおくろう

吐き気がすると、お酒飲めない、タバコも吸うことができません。
食事をおいしく食べることも難しいですし、仕事も恋愛も友人関係もスムーズにいけません。
そんな辛い症状が続いていては人生損します。
逆に言えば便秘が治れば、「人生かなり楽」です。

お酒を飲んで、タバコも吸えて、食事もおいしく食べられて。
仕事にも集中できて、恋愛にもおっくうにならず、友人との約束もスムーズにできます。
あらゆる便秘症状から解放され、あらゆる重荷、鎖から解き放たれるでしょう。

このサイトを通して、便秘解消の情報をたくさんお送りしようと思っています。
つたないサイトだと思いますが、あなたの参考になれば、幸いです。


【スポンサーリンク】



この記事に寄せられた声

名前:ミホちゃん
私も便秘がひどく、腹痛ばかりか頭痛や吐き気がすることが多かったです。
私は猫背なので、それで便通がよくないのかなと感じましたので、それを治そうと思いました。
最近でいうストレートネックでもあるので、姿勢が便秘につながっているのかもしれません。
とはいえ、会社ではデスクワークですし、パソコンを長時間眺めています。どうしたものか、悩みどころです。
ひとまずは生野菜を意識して摂るようにします。
他にも牛乳や豆乳が便秘に良いと聞きましたので、そちらも試してみたいと思います。

名前:浜崎
ぼくは下痢気味ですが、それって便秘ではと言われました。便秘で排便がうまくできずに、下痢で何べんもトイレに行ってしまっているのでは、と。
そのあたりは定かではありませんが、ぼくも少し症状が重いのか吐き気を催すことも多いです。我慢せずにトイレにいって吐こうと思いました。
って、こんなアホっぽい感想でも良いのかな?

便秘マッサージで今すぐドドドッと快便

腸マッサージで便秘解消

いきなりですが、あなたは便秘対策は何かされていますか?
便秘解消の方法はいろんなものがありますよね。

便秘用のお茶を飲んだり、
便秘解消体操したり、
ホットヨーグルトを試したり、
サプリメントを飲んだり、
食物繊維をとったり、
水を豊富に飲んだり、
他にもオリゴ糖やりんごやバナナ……。エトセトラエトセトラ

悩んでいる人が多いだけあって、便秘解消法もさまざまですね。
私もいろんなことを試しています。便秘解消はダイエットにも良いので、女子だけではなく、男子も取り組んだ方がいいですよ(*’▽’)
腸内が綺麗になると美肌にもなりますし、便秘解消は腸内環境を整えることなのでおすすめです。

今回紹介させていただくのは、「便秘解消マッサージ」です。
私も実践して効果がでているのでおすすめの方法です。
手だけでできるマッサージなので、簡単で即効性があっておすすめですよ。

そのマッサージ方法はYoutubeに動画がありますので、動画をはっておきます。
動画をご覧いただきながら、お試しいただければと思います。

「動画は今、見れないぞ」

「文字の方がいいわよ」

という人の為に、文章でも記述していますので、動画下をご覧ください。
でも、動画で見た方が100億万倍見やすいので、ぜひ動画でご覧ください。
動画制作者さま、ありがとうございます(*’▽’)

 

「便秘解消! 寝ながらマッサージ」動画

便の通り道を意識すると良いです。
便は大腸から小腸へ、小腸から肛門へ行き、排便されます。
この「便の通り道」を意識しながら、マッサージをしてあげると効果が抜群です。

では、実際にどうマッサージすれば良いのか?

手順を記述します。
①あおむけに寝て、膝をたてる
②呼吸を止めない(鼻から吸って、口から吐く)
③両手の人差し指、中指、薬指を使います。指の動かし方は「の」の字を意識しましょう。
④みぞおちからこぶし1個分下あたりから、下へ「おへそ」→「恥骨の上あたり」まで便とガスを押し出すように強めになでます。
⑤時計まわり(右回り)になるように「盲腸あたり」→「右ろっこつあたり」→「左ろっこつあたり」→「恥骨のあたり」までなでます。
※「の」の字をイメージしながら、腸の形もイメージして行うと良いです。

このマッサージはとても良いマッサージ方法で、効果抜群です。
便はたまるとカチカチにかたまり、頑固な便秘になってしまいます。
時間を見つけては、たびたびやると気持ちいいですし、便通もよくなります。

動画を文字に起こしましたが、実際に動画をご覧いただいた方が直感的に分かりやすいです。
このマッサージは便秘解消方法の中でも即効性があります。
もちろん個人差はありますが、ぜひ一度ためしてください。
このマッサージがてき面に効けば、あなたの便秘苦労もそこで終止符を打たれるでしょう。

赤ちゃん(新生児)の便秘にこのマッサージを試される場合は、やさしくなでるようにしてください。
妊婦さんで便秘になられる方も多いですが、妊婦さんは強くマッサージするのは危険な可能性がありますので、あまりマッサージに頼らずに食材などによって便秘を解消するようにしましょう。

 

便秘がひどくなると、さまざまな悪影響が!

溜まってかちかちになった便から毒素がでてきます。
毒素は血流を周り、表に症状がでてきます。
また便秘になることで、トイレでの力の入れ方が強くなり、肛門にダメージを与えます。
では、実際に便秘でどんな症状がでるかというと……。

肌荒れ、吹き出物

女性はもちろん、男性にとってもつらい症状です。顔にでてくるブツブツは不潔感を相手に与えます。美男美女でも、肌荒れ、吹き出物があるだけで少し下に見られてしまいます。便秘をしているようであれば、便秘解消すればその肌荒れ、吹き出物もなるかもしれません。

イライラ、不快感

便秘で腸に便がたまっていると、精神的に不安定になり、イライラしてしまうことがあります。ストレスの多い社会の中で便秘によるストレスをさらに抱えるのはとても勿体なく、悲しいことです。

肩こり、腰痛

私は肩こりと腰痛が便秘を解消することで、ほぼ完全に直りました。特に腰痛はひどかったです。便秘の方で、腰痛に悩まされている方は今回のマッサージを念入りに行うことをおすすめします。

吐き気

腸内環境が悪くなると、当然ながら体調にも悪影響がでてきます。ストレスもあいまって吐き気がすることがあります。

だるさ、疲労感

倦怠感、疲労感、めんどくさい、うつ気味になる。便秘は体を低下させるのでだるさ、疲労感が出てきます。

腹痛、お腹の張り

便秘がひどくなればなるほど、便が腸にたまるのですから、

食欲低下

体調も悪くなり、気持ちも不安定になるので、食欲も低下してしまいます。

排便をする時に気張りすぎたり、うんちが固かったりして、肛門を傷つけ切れ痔になる可能性があります。

 

などなど、様々な症状がでてきます。

便秘の多い妊婦さん、赤ちゃんなどは特に大変だと思います。
便秘解消をすることができれば、「人生かなり楽になります!」
便秘で悩まされる症状は多すぎて多すぎて……。

私は今はいろいろな方法で便秘解消していますが、便秘のつらさは人一倍分かります(涙)
このサイトを通して、便秘に悩まれている方の参考になれば、私も幸いです。
他にも便秘サプリメント、ホットヨーグルト、便秘のツボ、便秘解消レシピなどを紹介できればと思います。

今、私がおすすめするのは便秘茶です。
便秘にどっさり効いて、味も紅茶みたいに美味しくて飲みやすいです。
桃花スリムという便秘茶で、とってもおすすめです。
桃花スリムの詳細はこちらです


【スポンサーリンク】

便秘解消マッサージを実施した人の声

名前:お母さん
ぽっこりお腹で苦労していましたが、このマッサージを行い、少しスッキリしたように感じます。他にもいろいろな便秘解消法があり、普段の生活から気を付けないといけないなと感じました。
このマッサージは友だちにも試してもらいましたが、効く人と効かない人がいるみたいです。
でも、簡単なマッサージなので、やるだけの価値はあります!

名前:お父さん
特に便秘に悩まされている訳ではないけれど、試してみた。
すると、お母さんよりも便通がよくなってしまった。便秘と思ってはいなかったが、ひょっとしたら隠れ便秘だったのかもしれない。
今後は少し気を付けてみようと思った。