便秘から来る肌荒れは、お茶で改善!

便秘で肌荒れになる理由は溜まった便

便秘になると、肌荒れになります。
ただでさえ、排便ができずに苦しいのに、さらに肌荒れの苦しみを負うのです。
悲しいですね。

なぜ、便秘になると肌荒れになるのかと言いますと、これは腸内環境が関係してきます。
便秘になると、腸に便が溜るのですから、腸内環境が非常に悪くなります。
悪玉菌は増え、たまった便からは毒素が出てきます。
腸内にたまった毒素は血流を巡り、血液をドロドロにします。

血液がドロドロになり、毒素が体をまわると、今度は肌に影響がでてきます。
ニキビ、できもの、しわなど、さまざま形で肌に表れます。
便秘になると、肌荒れという形で、目に見えてくるのです。

つまり、腸内環境を整えるには、善玉菌を増やす必要があります。
いや、それ以前にたまった便を排出し、毒素を止める必要があるのです。

便秘茶「桃花スリム」であれば、美容成分も含まれており、便秘解消効果も非常に高いです。
肌荒れ解消には、ひとまず美容成分と便秘解消が大切ですから、一度試されるのも良いと思います。
→桃花スリムのお買い求めはこちら

【スポンサーリンク】



自律神経の乱れから肌荒れになる

自律神経には交感神経と副交感神経があります。
大腸の動きをコントロールするのは、副交感神経です。
しかし、便秘になるということは副交感神経が弱まっている可能性があります。

つまり、便秘だということは自律神経が狂ってきている可能性があるのです。
そうなると、肌の生まれ変わる力も衰えます。
古い角質がたまったり、コラーゲンや新しい皮膚もつくられず、荒れた状態になります。

自律神経に乱れは日々の生活リズムやストレスなどが影響してきます。
便秘を解消しただけでは、自律神経もよくなるとは限りません。
日頃からの生活習慣を治すことから始めるのがいいでしょう。

また女性の場合、生理や妊娠や産後などで自律神経が乱れることがあります。
その時はあまり無理せずに、便秘茶でも飲んで、便秘解消をしましょう。
私がおすすめする便秘茶は下記記事に書いてありますので、参考までにどうぞ。
→便秘茶おすすめランキングBEST3

【スポンサーリンク】



便秘を解消して、肌美人になろう

便秘を解消すれば、腸内の毒素の元がなくなるので、肌がみるみる内に綺麗になります。
外側から化粧水やクリームをぬるよりも、内側から綺麗にする方が抜群に効果があるのです。

食物繊維、乳酸菌、発酵食品、プルーンなどをとって、腸内美人になりましょう。
私のおすすめは便秘茶です。
最近の便秘茶には美容成分も入っていますし、効果もしっかりあります。

実際に私が飲んでみて効果があり、口コミ人気も高い便秘茶BEST3を選びました。
あなたの参考になれば嬉しいです。
→便秘茶おすすめランキングBEST3

【スポンサーリンク】



便秘の肌荒れは生理不順でひどくなる?お茶でスッキリ解消

便秘になると肌荒れの症状がでてきます。

便秘の症状は排便ができなくなるばかりではありません。
肌荒れ、頭痛、吐き気、腹痛、腰痛、めまいなどさまざまな症状がともなうことがあります。

便秘をすると、腸に便がたまります。
腸内環境が悪くなり、たまった便は毒素をまき散らします。
すると、栄養素の吸収が悪くなり、体の血液の巡りも悪くなります。
有毒ガスも循環してしまうため、体内の環境は非常に悪くなります。

体内の腸が汚くなり、血液も汚くなるのですから、肌荒れをするのも当然です。
実際に私も便秘体質で、肌荒れがひどかったです。
すっきりと便秘が解消されると肌荒れも引くという経験も何度もしました。

腸内環境を綺麗にしていないと、肌荒れがしていますのです。
肌がかさかさと乾燥したり、ぶつぶつと出来物ができたり、しわができる原因にもなります。

便秘解消をするということは、肌荒れを治すこと、美しさを取り戻すことでもあります。
肌荒れで悩まれている方は、便秘ではありませんか?
まずは便秘を治して、腸内環境を整えましょう。

【スポンサーリンク】



便秘になった時の肌荒れの場所

おでこのまわりに出来物ができると生活習慣の乱れを言われます。
しかし、私とまわりの体験的には年齢が若い人はおでこ、30代ぐらいからアゴちかくと年ごとに下にさがっていくイメージがあります。
つぶしたりせずに、便秘解消をして、肌荒れを体内から治しましょう。

生理不順の便秘で肌荒れがひどくなる?

女性の生理周期は通常30日前後ですが、ペースが不規則になり、数か月周期になったり周期が乱れる人がいます。
このような場合は、ネットなどの情報で独断で判断せずに、産婦人科できちんとした診断をうけることが大切です。
低用量ピルなどの薬で、生理をコントロールしなければならないことがあります。

なぜ生理不順で便秘になるかと言いますと。
排卵から整理前日までを高温期といい、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が増えます。
プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が多くなると、便秘になりやすいといわれます。
例えば、妊婦さんが便秘になりやすいのはこれが原因なのです。

このプロゲステロン(黄体ホルモン)がなぜ便秘を誘発するかというと。
プロゲステロン(黄体ホルモン)は赤ちゃんを流産から守る働きをするのですが、同時に大腸内の水分を吸収する働きがあります。
大腸内の水分が減ると、腸にたまった便が固くなり、便秘が重くなっていきます。

このプロゲステロン(黄体ホルモン)は生理不順の人は周期の乱れなどで分泌が多くなります。
それが原因で生理不順の人は便秘になりやすいのです。

便秘がひどくなると、肌荒れにつながります。
生理不順になると、肌荒れがひどくなるのではなく、
生理不順で便秘がひどくなり、肌荒れがひどくなる。というのが正しいと思われます。

【スポンサーリンク】



便秘による肌荒れを防ぐには便秘茶を飲んで、適度に便秘解消をする

便秘が重症化すると、便秘を解消するのも大変なものです。
ひどいものとなると、糞便性腸閉塞になり、病院に行かなくてはならない可能性もあります。

腸内環境が悪くなると、肌荒れがします。
悪くなる前に、腸内環境を綺麗にし、自然な排便を促す必要があります。
それには何が一番いいかというと、いろいろと悩みました。

オリゴ糖?プルーン?バナナ?リンゴ?
しかし、即効性があり、日々美味しく摂取できるものと考えると、答えは一つでした。
それが便秘茶です。

最近の便秘茶は紅茶のように美味しく飲みやすい、しかも便秘に即効効果があります。
私のおすすめの便秘茶を3つ紹介していますので、興味ある方は下記リンクをどうぞ。

→便秘茶おすすめランキングBEST3

【スポンサーリンク】



便秘による大人ニキビはこう治せ!

便秘が原因で大人ニキビが増えるがことがある

この記事をご覧いただいているということはおそらくあなたは大人ニキビに悩んでいるのだと思います。

私は便秘が解消してからはかなり肌もつるつるで、ニキビはほぼできなくなりました。しかし、便秘症だった時は大人ニキビがよくできていたので、その辛さはよくわかります。

大人ニキビはなかなか治りません。私の場合、ダメだダメだと思いながらも潰したりしてしまいます。

潰したりするとあとに残るんですよね。今でも後悔しています。今お読みいただいているあなたは、ぜひニキビをつぶさないようにお願いしますね。

本当に後悔しますよ。化粧でも隠しづらくなってきますから(;´・ω・)

もしあなたがスキンケアをし、ニキビ対策をしているにも関わらず、大人ニキビがなかなか治らないのであれば、それは便秘が原因かもしれません。

便秘になると肌にいろいろな悪影響与えます。私の場合もニキビの原因はおそらく便秘でした。

便秘になると、肌荒れがひどくなり、大人ニキビなどの吹き出物ができやすくなります。

肌荒れを治すことは便秘をなおすこと!

 

便秘は腸内に便が長時間にわたって溜まる状態です。

もちろん、便というのは排出しなければならないものです。そのまま腸にとどまっていると、ずっと毒素を出し続けます。すると老廃物もたまり、疲れやすくなったり、イライラがし始めたりします。

それだけではありません。

他にも頭痛、腰痛、腹痛、痔、大腸がんなど様々なトラブルを抱えやすくなります。

そのトラブルの中には「肌トラブル」も含まれます。

ニキビ治療はしているのに、治らないあなた。

ひょっとして便秘ではないでしょうか?

もしそうであるならば、便秘解消をして、大人ニキビを治しましょう。

私は治りました。あなたもきっと治ります。

 
【スポンサーリンク】




 

活性酸素が大人ニキビの原因になる

活性酸素は大人ニキビの原因になります。

腸内のある悪玉菌は活性酸素を増殖させますので、腸内環境が悪くなると大人ニキビの原因になります。

つまり、大人ニキビを治すには腸内環境を整える必要があります。

 

ストレスが大人ニキビの原因になる

便秘になるとイライラしやすくなり、ストレスがたまりやすくなります。

ストレスを感じると男性ホルモンやノルアドレナリンは皮脂の分泌を促します。つまり、ストレスが慢性的に持続されると、脂性肌になります。

すると、毛穴に皮脂がたまりやすくなりため、皮脂の中で悪玉アクネ菌が増殖し炎症を起こしやすくなります。

そして大人ニキビができてしまう訳です。

便秘を解消すれば、ストレスが軽減され、皮脂の分泌も抑制できます。

 

ニキビができる原因は善玉菌が不足するため

皮膚細胞を活性化するものとしてビオチンと呼ばれるビタミンがあります。

腸内になる善玉菌は約11種類ほどのビタミンを生成しています。

腸内環境が悪くなり、善玉菌が減少すると、もちろんビタミンも減少します。

ビタミンが減少すると、先ほどのビオチンも減少する訳ですから、皮膚細胞の活性化がされなくなります。

すると、ニキビなどの出来物ができやすくなりますし、肌もかさかさになったり、肌トラブルを抱えやすくなります。

この場合、単にビタミンを摂れば良いという訳でもなく、やはり腸内環境を整えるのが大切になります。

根本から治さないと、肌トラブルも解決できません。

 

便秘を解消する10の方法

便秘でたまるガス(おなら)を解決する10の方法

便秘でたまるガスを解決するという記事ですが、便秘解消の方法をのせています。

簡単に「便秘解消の10の方法」をまとめておくと、

①排便を我慢しない。トイレにすぐ行く。

②食物繊維をたくさんとる。

③発酵食品をたくさんとる。

④オリゴ糖をたくさんとる。

⑤プルーンを食べる。

便秘に効くプルーンの効果。美容にまで効果あり!

⑥適度な運動をする。

⑦水を硬水に変える

水を硬水に変えるだけで便秘解消

⑧お腹を冷やさないようにする。

⑨朝食を抜かない。

⑩ストレスをためない。

この10項目を守るだけで、ぐんぐん便秘が解消されます。

腸内環境が良好になる為、肌もぴちぴちになりますし、健康になります。もちろん、ニキビの悩みも軽減されるはずです。

 

大人ニキビ4つの対策

便秘解消をしても、大人ニキビが残る場合は、やはりニキビの対策もしましょう。

つるつる美肌になって、他の女子や男子に差をつけるのです(*’▽’)

肌荒れを治すことは便秘をなおすこと!を参考にしてください。この記事の下の方に書いています。

簡単にまとめますと、以下の4つになります。

①肌を乾燥させない。

②手を綺麗にしておく。

③枕カバーやシーツはこまめに洗濯する

④顔を洗いすぎない

もちろん、便秘解消をしていることが前提ですよ。

また「大人ニキビ対策サプリメント『緑の知恵』」が大人ニキビにはよく効きます。私も使いましたが、確かに効果はありました。

ただ腸内環境を保てば必要ないかもしれません。興味ある方のためにリンクをはっておきますね。

大人ニキビ対策サプリメント「緑の知恵」のお買い求めはこちら

 

お肌をつるんつるんにしましょう

肌がかさかさしたり、ニキビができたりすると、それだけで肌にダメージです。あとにも影響は残ります。

便秘解消もニキビ解消も、できるだけ早め早めに対処することが大事です。

私と一緒に綺麗な肌を手に入れましょう。

 

【スポンサーリンク】



肌荒れを治すことは便秘をなおすこと!

便秘は肌荒れのもと

肌がカサカサ乾燥したり、ぶつぶつと出来物ができたり、しわが増えたり……。

あなたが便秘なら、それは便秘が原因かもしれません。

腸内環境が悪くなると、栄養素の吸収が悪くなったり、身体の血液の巡りが悪くなったりして、肌荒れをするようにします。

便秘の場合、腸内環境が悪いどころか、毒素を出しまくる便がたまっているのですから、肌荒れの原因になって当然ですよね。

私も昔から便秘体質で、肌荒れがしやすい性質でした。

しかし、便秘解消し、腸内環境が整い始めると、あら不思議。

肌にも潤いがもどり、できものができづらくなったのです。

しかし、できものがつぶれたり、できた小じわなどはもとには中々戻りませんでした。

今、便秘の人は早く直さないと、取り返しのつかないことになるかもしれません!

 
【スポンサーリンク】




 

便秘を治すにはまず食改善からです

便秘の原因になる多くの原因は食事です。

水分が足らなかったり、食物繊維や乳酸菌が足らなかったり。

それでも便秘になる場合はオリゴ糖なども摂取すると良いですね。

具体的には現在「肉中心」の生活になっているとしたら、それが便秘の原因かもしれません。

その場合、野菜・果物・海藻類など食物繊維がたくさん含まれているものを食べるといいでしょう。

私のおすすめはバナナヨーグルト、あるいはりんごヨーグルトです。

食物繊維、オリゴ糖、乳酸菌と腸内環境にプラスになる栄養素が豊富に含まれています。

オリゴ糖は特に善玉菌を増殖させる効果があり、便秘にも美容にも効果が高いです。

「カイテキオリゴのお買い求めはこちら

 

スポーツをして、腸を活発にさせよう

肌荒れの悩み。便秘は食事改善だけでも治らないかもしれません。

その場合、スポーツをすることをおすすめします。

運動不足が便秘の原因になるからです。

なぜかというと、スポーツをすると腸の動きも誘発され活発になります。

すると排便もスムーズにいくようになります。

またスポーツをし、筋肉を鍛えることで、便を押し出す力を身につけられます。

このように食事改善だけではなく、運動をすることも便秘には効きます。

それだけではなく、運動をし、筋肉をつけ、発汗もすれば、肌荒れにも効果があります。

もちろんダイエットにも効果があります。

腸内環境を整え、運動でさらに内面から体をみがくことで、皮膚などの外面がよくなるのです。

 

便秘が重症化する前に改善をしよう

大切なのは便秘が軽度なうち、肌荒れが軽度なうちに、対策をすることです。

重症化するとなかなか治療に時間がかかります。

少し便秘になったら食事を改善したり、運動をしたりすることが大切です。

またストレスをためないこと、お腹を冷やさないこと、水分をこまめに取ることが腸内環境には良いです。

もっといえば、便秘になる前から便秘対策をすることが一番良いです。

すると、腸内環境が常に綺麗な状態になり、肌はぷるぷると綺麗になり、肌荒れとは縁遠くなると思います。

 

肌荒れを防ぐためにスキンケアを行おう

便秘の話しとはそれますが、肌荒れ対策ものせておきます。

便秘は解消しなくてはいけませんが、肌荒れの原因が便秘だけとは限りません。

肌荒れ対策もして素敵な美肌になりましょう。

 

1.肌が乾燥すると肌荒れをする

肌が乾燥をしていると肌荒れをしやすくなります。

水分は肌を守るためのバリアであり、肌を外からのダメージから防いでくれます。

化粧水をするなど、こまめに肌に水分補強をしましょう

 

2.手を常に清潔にしておくこと

手を清潔にしておくか、あまり顔を手で触らないことです。

しかし、癖で顔を手で触ってしまう人は結構多いものです。

手には様々な雑菌がついています。また肌は爪などで傷つきやすいです。

手を清潔に保つ。これだけでも肌荒れをある程度防ぐことができます。

 

3.枕カバーやシーツをこまめに洗濯すること

毎夜毎夜、顔に触れるものですから、常に清潔に保っている方がいいです。

枕カバーやシーツについた雑菌から、肌荒れを起こすこともあります。

特に睡眠は人生の3分1をついやすものですから、肌への影響度は非常に高いです。

中には1年間以上洗濯しない人もいるそうですが、もしもあなたがそうであり、肌荒れをしているのであれば、洗濯したら肌荒れも意外にすぐ治るかもしれません。

これと同じように顔にふれるものは意識した方が良いです。

メイク道具、マスク、マフラー、タートルネック、ストール、どれも清潔に保つようにしましょう。

 

4.顔を洗いすぎないようにしよう

私もそうだったのですが、肌荒れやニキビなどのできものが気になると、洗顔することが増える人が多いです。

顔を清潔にしよう清潔にしようと肌を強くこすってしまうのです。

これは非常にNGです。

顔には肌を保護するうるおい成分があります。これがバリアーの役目を果たしているのですが、顔をごしごしと強めに洗ってしまうと、このバリアーまではがれてします。

あまり顔を洗いすぎないように。洗う時もソフトに優しく洗うことがポイントです。

 

女性も男性も腸内環境を整えて美肌になるとモテるかも!

私も便秘解消して、美肌になってから、少しモテキが来たような気がします。

はい、勘違いかもしれません( ;∀;)

でも、美肌になってきているということは、女性にしろ男性にしろ魅力が増すということでもあります。

便秘を治し、腸内環境を良好にすることは、モテるため、ひいては種保存のためでもあるのだ!(ばばぁーん)

ということで、私もあなたも腸を健康にしていきましょう。

 

【スポンサーリンク】